俺の高校生活に平和な日常を

ノベルバユーザー177222

第1章 #9「祖父の意思を受け継いで」

 ---夏目有紗(15)日本生まれアメリカ育ち。両親は小さい頃に亡くなりアメリカに住んでいる祖父に引き取られる。祖父の名は夏目なつめ 創次郎そうじろう(72)。夏目財閥の創設者でアメリカ全土の金融機関の3割はそこの財閥が所有しているらしい。

 金髪で背は180を超えていて口周りは髪の色と同じ色の立派な口髭を蓄えていて顔は50代前半に見えるくらい若いらしい。

 だがそれもあくまで表向きの顔で本職は凄腕の殺し屋だったらしい。裏社会の人達からは『Bloodブラット Hunterハンター』と呼ばれ恐れられていた。

 彼女はそんな祖父を尊敬し自分も殺し屋を志した。それが10歳の頃である。しかし最初は創次郎さんはそれを納得していなかった様だ。それもそうか、自分の可愛い孫娘が殺し屋になりたいだなんて。

 だが、そんな彼女の熱意に負けて渋々殺し屋になることを承諾した。その代わり彼女と一つだけ約束をした。その約束とは、『決して人を殺してはいけない』ということである。

 もはやこの時点でおかしいと思ったのは当然のことだろう。彼女は「どうして?」と問いかけた。その質問に創次郎さんはこう答えたそうだ。

 「いいかい?殺し屋というのは必ずしも殺さなければいけないという訳ではないんだよ。相手をいかに無力化させるかというのが大事なんだよ。私も何十年もこの仕事をしているが実際はそこまで人を殺したことはほとんどなくてねぇ」

 まさかの事実に彼女は驚いたが創次郎さんはこう続ける。

 「殺しというのは私の中では最も最悪なケースでねぇ、今でも殺してしまった人の顔を思い出すと心が痛むよ。その人達にも私達と同じように大切な家族がいて死んで悲しむ人も沢山いるだろうに…」

 悲しそうな顔をしながら創次郎さんは淡々と話を続ける。

 「だから私はこれ以上人を殺さず平和に解決出来る様にこれからも精進していくつもりだよ。だから有紗には私以上に『殺さない殺し屋』になって欲しいんだよ!」

 そう言うと彼女の顔を見てニッコリと微笑んだ。

 「大丈夫!有紗ならきっと出来るさ!私の誇りなのだから!!」

 それから創次郎さんから色々なことを学び彼女は立派な殺し屋に成長していった。勿論、『殺さない殺し屋』として。

 彼女の活躍は裏社会ではかなり広まり『Queenクイーン Hunterハンター』と呼ばれる様になった。それが彼女が13のときである。

 ---それから2年後、創次郎さんが病で倒れてしまい周りでは財閥の跡取りを決めていた頃、あいつらが動き始めたのである。

「俺の高校生活に平和な日常を」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く