冷酷王の深愛~かりそめ王妃は甘く囚われて~

いずみ

冷酷王の深愛~かりそめ王妃は甘く囚われて~ / 花祭りの日 (1)




冷酷王の深愛~かりそめ王妃は甘く囚われて~


花祭りの日


「ミルザ!」

「きゃっ!」

 勢いよく開いた扉の音で、ミルザは今まさに持ち上げようとしていた鍋を危うく落としそうになる。暗緑色の目を見開き振り返った先には、肩で息をしている義妹いもうとの姿があった。

「おかえりなさい、サーザ。でもあなたももう十六になるんだから、もっと落ち着いてっていつも」

「それより! ミルザ、修道院に入るって本当!?

 ミルザはぎくりと息をのむが、何事もなかったかのようにかまどに向きなおると、今度は気をつけてゆっくりと鍋を火から下ろした。

「どこで聞いたの?」

「い、今、エルムと一緒に教会にいたら、たまたま、司祭様が修道女の……ノーラ様だと思うけど、話しているのが聞こえて……」

 そう言われて、サーザとエルムが、結婚式の打ち合わせを兼ねて教会に行くと言っていたことをミルザは思い出した。一応、口止めはしておいたのだけれど……知られてしまったのなら仕方がない。

「本当よ。サーザの結婚式が終わってから言おうと思っていたの」

「なんで!? どうして、そんな……」

「とりあえず、座って。ちょうどお夕飯ができたところよ。冷めないうちに食べましょう」

 鍋をテーブルの真ん中に置くと、戸棚からふたり分の器を出してミルザは先に席に着いた。

「今夜はシチューにしたわ。空豆を入れたの。サーザ、好きでしょ?」

「好きだけど……」

 まだなにか言いたそうにしながらも、サーザはおとなしく席に着く。食欲をそそる香りに、驚きのあまり忘れていた空腹を思い出したらしい。外はもう真っ暗だ。

「あんまり遅いから、先に食べちゃおうかと思ったわ。いくらエルムと一緒だからって、夕飯の時間を忘れないでちょうだいね」

「あ……ごめんなさい。つい、彼と話し込んじゃって……」

 恋人と離れがたくて遅くなったことを指摘されたサーザの頬が、ほんのりと羞恥に染まった。そんな彼女に、ミルザは小言も忘れて微笑んでしまう。

 子供だ子供だと思っていたけれど、いとしい人を思って頬を染める姿はすっかり大人びて見えた。

 この秋、サーザはかわいらしい花嫁になることが決まっている。

「で、どういうことなの?」

 半分ほどシチューを空にしたところで、サーザはあらためて聞いた。ミルザは、にっこりと笑って卓上にあったバスケットをサーザのほうへと押しやる。その中にあったバゲットは、シチューと共にもう残り少なくなっていた。

「バゲットのおかわりは? 今日のは特別うまく焼けたでしょ」

「それは、いいから。ミルザ」

 じーっと睨みつけられて、ミルザはとうとう観念した。

「修道院に入るのは本当だけど、そんなにすぐのことじゃないわよ。サーザが結婚してから、と思ってたから」

「まだジェイドのこと気にしているの?」

 その質問に一瞬手を止めてから、ミルザは微笑んで首を振った。

「ジェイドのことは関係ないわ。私が修道院に入るのは、本当は生まれたときから決まっていたことなのよ」

 幼い頃から、自分はそうやって生きていくものだとミルザは知っていた。けれど、恋も知らずに尼僧となり義務で子供を持つことになる娘をびんに思った両親は、仲のよかった幼なじみとの結婚を早々に決めてくれていたのだ。ミルザも彼を憎からず思っていたので結婚を承諾したが、その話がなくなった今、ミルザが修道院に入ることを躊躇する理由はなかった。

 穏やかに笑うミルザを見て、サーザはため息をつく。

「ミルザったら、相変わらず人がよすぎるわよ。あんな奴、もっと文句言って恨んでやればいいのに。なんでそんな……修道女になんかなっちゃったら、もう恋愛とかできないじゃない。別に、ノーラ様たちを不幸だとは思わないけれど、ミルザはまだ十八なのよ? もっと、娘らしいときを過ごしてから、聖女様に身を捧げても遅くはないと思うわ」

「あら、別に尼僧だからって恋愛ができなくなるわけじゃないわよ? フォリストリア教ではほかの宗教のように処女性は重要視されないし、聖女様に仕えた後でもげんぞくすれば結婚することも可能だし。私だって、結婚をあきらめたわけじゃないんだから」

 誰かと結婚して子供を残す。それはミルザの義務でもある。いずれ遠くない将来に、自分にふさわしい人を教会で紹介してもらって、ミルザは結婚することになるだろう。

「同じことよ。毎日祈って過ごすだけでしょ? 出会いなんかないじゃない」

「いいの。きっとなんとかなるわ」

 のんきなミルザの言葉に、サーザはため息をつく。

「ミルザだって、ちゃんとした格好をしたらそれなりに美人なんだから、紅のひとつも塗ってみたら?」

 サーザは、無造作に束ねたミルザの淡い金色の髪をスプーンで指し示す。その仕草に眉をひそめながら、ミルザが言った。

「こんな辺ぴな場所で化粧して、いったい誰が見てくれるのよ」

 言われてサーザは窓に視線を向ける。外はすっかり暗くなってしまってなにも見えないが、たとえ見えたとしてもそこにあるのは、山に空に雲に畑。否定しようのない田舎だった。

「ごめん。私が間違っていたわ」

「わかればいいのよ。それより、今夜は早く休みましょう。明日の朝は、早いわよ」

 とたんに、サーザの顔がぱっと明るくなった。

「明日の納品、私も一緒に行っていいの?」

「ええ。明後日はパレードもあるし、ゆっくりと見てきましょう。そのかわり、花を運ぶのを手伝ってちょうだい。思ったよりたくさん咲きそうだから、私ひとりじゃ運べないわ」

「持つ持つ、いくらでも! きゃー、嬉しい! ミリィ、大好き!」

 浮かれるあまり、サーザはテーブルに手をついて立ち上がってしまうが、行儀が悪いとミルザに注意されて慌てて腰を下ろした。

「何日泊まってくるの?」

「一泊だけよ」

「えー? ミルザ、いつもパレに行ったら、二、三日は帰ってこないじゃない。ひどいときは一週間も帰ってこないくせに、どうして今回に限って一泊なのよ」

「文句言うなら……」

「いえっ! 言いません! ねえねえ、せっかくの花祭りなんですもの。思いきりおしゃれして行こうよ!」

「私は別にこのままでも」

「なに言ってんの! もしかしたら、運命の出会いが待っているかもしれないじゃない!」

「あら、エルムはいいの?」

「私じゃないわよ。ミルザのこと」

「冷酷王の深愛~かりそめ王妃は甘く囚われて~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます