オオカミ御曹司に捕獲されました

滝井みらん

オオカミ御曹司に捕獲されました / 同級生で、同期で、御曹司の彼 (1)




オオカミ御曹司に捕獲されました


同級生で、同期で、御曹司の彼


 今日は嬉しい定時退勤日。

 毎月、第一水曜日に開催される同期たちとの飲み会を断り、午後六時過ぎに会社を出た私は、二ブロック先の書店に向かう。

「あった!」

 今日発売の少女漫画を手に取ってカウンターへ行き、素早く支払いをませた。

「ありがとうございました」

 店員に本の入った買い物袋を手渡され、私はニンマリする。

 六月上旬ということもあって、空はまだ明るい。

 あ~、すぐに読みたい。

 四ヶ月もこの本の発売を待ったのだ。早速、近くのカフェに入り、奥のほうにあるテーブルに座る。

 ここなら会社から少し離れているし、ほかの社員には会わないだろう。

 テーブルにやってきた店員にカフェラテを頼むと、さっき買った本を読み始めた。

 らし りん、二十六歳、独身、彼氏いない歴=実年齢。

 日本で五本の指に入る、有名商社のすぎもとしょうに勤めているOL。

 杉本商事は国内外に六十五もの支社を持ち、世界に約三万人の社員を抱える国際的な大企業。私のいる三十五階建ての丸の内本社ビルには、約九百人もの社員が勤務していて、ロケットから赤ちゃんのおしゃぶりまで、多種多様な商品の開発や販売を行っている。

 こんな華やかな環境にいるOLといえば、服装やヘアメイクに気を遣い、オシャレなオフィスでさっそうと勤務している、洗練された女性を想像するだろう。

 だが、私はオフィスの隅っこでコツコツ仕事をしている地味OLだ。

 身長は百五十三センチと低めで、朝のセットに時間がかからなくて便利、という理由で、髪型は黒髪のストレートボブ。目がふたで大きいせいか童顔に見え、よく高校生に間違われる。

 ノーメイクでメガネをかけて大人しくしていれば、仕事以外で声をかけてくる人はほとんどいない。目立たず、静かにひっそり過ごすのが私のモットー。社交的ではない私は、そうして平穏な日々を送っている。

 そんな私の趣味は、少女漫画を読むこと。現実世界の異性には興味がない。だって、漫画を読めば自分好みの最高の男性に出会えるんだもん。漫画を読んでいる、今この時が私にとって至福の時間。

 同期会への参加を断って、早速読み始めているこの新刊も、私をときめきの世界に連れていってくれる。

 あ~、生徒会長のかたおか君素敵! そのちゃんにあごクイするなんて、ドキドキしちゃう~! しいわ~、そのシチュエーション。

 頭の中で美園ちゃんを自分に変換して、思いにふける。

 胸をキュンキュンさせながら漫画を読んでいると、後ろの席から何やら騒がしい声が聞こえてきた。

「待ってください。私は……あなたのことが好きなんです!」

 若い女の取り乱した声で、急に現実世界に戻された私。

 ん? カフェで告白? 気になって漫画に集中できないんだけど! こっちは今、片岡君が美園ちゃんにキスをするかもって重要なシーンなのに。

「悪いけど、君には興味ないんだ」

 男の申し訳なさそうな声が響く。

 あれ? この声って……。

 ある人の顔が頭に浮かんだそのせつ、女が声を張り上げた。

「友達からでもいいんです!」

 うわっ、声大きすぎ。痴情のもつれか? よそでやってほしい。

 私が眉をひそめると、男も不快に思ったのか、ひどく冷たい声に変わった。

「見苦しいよ。俺のことを何も知らないくせに、好きだなんてよく言えるね。この俺が、お前みたいな金や地位目当てのバカな女のじきになると思う?」

 この毒舌……間違いない。絶対に彼だ。

「え? 今……なんて?」

 女がビックリしたような声で聞き返すと、男は吐き捨てるように言った。

「聞こえなかった? 要するに、お前みたいなくだらない女とは付き合わないって言ったんだよ」

「な、な、なんですって!? 社長の息子だからって、偉そうなことを言うんじゃないわよ!」

 女が怒って声を荒らげたと思ったら、後ろから何か冷たい液体のような物が私の背中にかかり、ビックリした私は「ギャッ」と声をあげた。

 何? 一体、何が起こったの?

 漫画を持ったまま、私はブルッとふるえた。

 うっ、冷たい! なんでこんなことに?

 驚いて後ろを振り返れば、女が怒りの形相で空のコップを握りしめていて……。

 ああ、水をかけられたのか。……って、こっちに水がかかってるんですけど!! いい迷惑!!

 無言で彼女をじとっとひとにらみするが、あることに気づき、思わず目を丸くした。

 やだ、あの人、よく見たらうちの専務秘書のとうさんじゃない!

 長い茶髪に、完璧なまでにメイクが施された顔。ひと目でブランド物とわかるスーツを着ているけど、はっきり言ってスカート丈は短いし、秘書としての品位に欠けていると思う。

 はたから見ても高慢で高飛車な彼女は、私の苦手なタイプだ。

 私のすぐ後ろに座っている男のほうは、やはり私と同じエネルギー関連事業部のすぎもと君だった。後ろ姿だけど、今日、彼が着ていたのも同じ濃紺のスーツだし、髪型や背格好、雰囲気からわかる。

 彼、杉本 がくは高校時代の同級生で会社の同期、おまけにうちの会社の社長令息。

 百八十センチを超える長身に柔らかいダークブラウンの髪、俳優顔負けの端整な顔立ちは、少し甘さをともなった王子様系。会社ではエネルギー関連事業部のエースで、将来は社長。彼の有能さは高校の時から変わらない。成績は常にトップだった。

 私たちが通っていたてい学園は、良家の子女が通う有名私立高校。生徒会長としてその頂点に君臨していた杉本君は、学園内で特別な存在だった。世界に名だたる大企業の御曹司で、もくしゅうれい、文武両道、品行方正……と四文字熟語のオンパレードのような完璧人間で、性格も優しくて誠実で先生や生徒からの信望も厚かった彼。

 女子に大人気でファンクラブまであった杉本君は、ファンの子に『学様』って呼ばれてたっけ?

 同じ高校に通っていても、杉本君と私は住む世界が違ったんだ。

 私は外部入試で入った、学園では少数派の奨学生だったけど、彼は幼稚園からエスカレーター式で上がってきた、きっすいの帝和生徒。彼の取り巻きはみんな大企業の御曹司で生徒会役員。一般生徒の私からすると、てんじょうびとのような存在だった。

 生粋の帝和生徒ってだけでも近寄りがたいのに、そのうえ生徒会長だなんて恐れ多くて、クラスが一緒でも親しく話すなんて全くなかったな。

 まあ、それは杉本君が一般生徒でも同じだっただろう。だって私は高校時代も、今回みたいな場面に遭遇していたから。

 つまり、王子様から悪魔にひょうへんするのを目の前で見たのだ。壁に隠れてこっそりのぞいていたから、彼は私に見られたなんて気づいていなかったと思う。

 最初は、あの優しくて完璧な杉本君が……って信じられなかった。何か幻でも見ているんじゃないかって。

『はっきり言って迷惑だから。君のような頭の悪い女と付き合う気なんてないよ。もう金輪際、俺につきまとわないでくれる?』

 氷のような冷たい目に、人を見下したようなようしゃない言葉。

 言われた女の子は、顔面そうはくでその場を去っていった。

 今でもその光景をはっきりと覚えている。何度も目をしばたたいて見たけど、それはやっぱり杉本君で、彼には普段、人に見せない裏の顔があると、その時悟ったのだ。

 私が杉本君を避けているのは、それだけが理由じゃない。

「オオカミ御曹司に捕獲されました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます