異世界はスマートフォンとともに。

冬原パトラ

プロローグ

プロローグ



「というわけで、お前さんは死んでしまった。本当に申し訳ない」

「はあ」

 深々と頭を下げるご老人。その背後に広がるはかがやく雲海。どこまでも雲のじゆうたんが広がり、果てが見えない。でも、自分たちがすわっているのはたたみの上。質素なじようはんの部屋が(部屋と言ってもかべてんじようもないが)雲の上にいている。ちゃぶ台にちやだん、レトロ調なテレビに黒電話。古めかしいが味のある家具類が並ぶ。

 そして目の前にいるのは神様。少なくとも本人はそう言ってる。神様が言うには、ちがってぼくを死なせてしまったらしいが、死んだという実感がいまいち自分には無い。

 確か下校中、とつぜん降り出した雨に僕は家路を急いでいた。近くの公園を横切って近道をしようとしたしゆんかんおそってきたのはまぶしい光とごうおん

「ちょっとしたちがいで神雷を下界に落としてしまった。本当に申し訳ない。まさか落ちた先に人がいるとは……さらに予定外じゃった。重ね重ね申し訳ないことをした」

「雷がちよくげきして僕は死んだわけですか……。なるほど。するとここは天国?」

「いや、天国よりさらに上、神様たちのいる世界……そうじゃな、神界とでも言うかな。人間が来ることは本当はできん。君は特別にワシが呼んだんじゃよ、えーっと……も、もちづき……」

「とうや。もちづきとうです」

「そうそう望月冬夜君」

 神様はそう言いながらそばのヤカンからきゆうにお湯を注ぎ、みにお茶をいれてくれた。あ、茶柱立ってる。

「しかし、君は少し落ち着き過ぎやせんかね? 自分が死んだんじゃ、もっとこうあわてたり、ワシをらしたりするもんだと思っていたが」

「あまり現実感が無いからですかね? どこか夢の中のような感じですし。起こってしまったことをどうこう言っても仕方ないですよ」

「達観しとるのう」

 さすがに十五で死ぬとは思っていなかったが。ズズズ……とお茶を飲む。い。

「で、これから僕はどうなるんでしょうか? 天国かごく、どちらかに?」

「いやいや、君はワシの落ち度で死んでしまったのじゃから、すぐ生き返らせることができる。ただのう……」

 言いよどむ神様。なんだろう、何か問題があるんだろうか。

「君の元いた世界に生き返らせるわけにはいかんのじゃよ。すまんがそういうルールでな。こちらの都合で本当に申し訳ない。で、じゃ」

「はい」

「お前さんには別の世界でよみがえってもらいたい。そこで第二の人生をスタート、というわけじゃ。なつとくできない気持ちもわかる、だが」

「いいですよ」

「……いいのか?」

 言葉をさえぎって僕がそくとうすると、神様がポカンとした顔でこちらを見ている。

「そちらの事情は分かりましたし、いをする気もありません。生き返るだけでありがたいですし。それでけっこうです」

「……本当にお前さんは人格ができとるのう。あの世界で生きていれば大人物になれたろうに……本当に申し訳ない」

 しょんぼりとする神様。僕はいわゆるおじいちゃん子だったので、なんだかいたたまれない気持ちになる。そんなに気にしないでいいのに。それに僕は信心深いわけでもないが、神様に「よくも僕を殺したな! 責任とれ!」などとみ付くほど鹿じゃないし。

 確かに家族や親しい友達ともう会えないのかと思うと残念でならない。だけどここで神様を責めてもなんにもならないしな。じいちゃんが言ってた。人のあやまちを許せる人間になれって。人じゃなくて神様だが。

「罪ほろぼしにせめて何かさせてくれんか。ある程度のことならかなえてやれるぞ?」

「うーん、そう言われましても……」

 一番は元の世界での復活だが、それは無理。で、あるならば、これから行く世界で役立つものがいいのだろうが……。

「これから僕が行く世界って、どんなところですか?」

「君が元いた世界と比べると、まだまだ発展じようの世界じゃな。ほれ、君の世界でいうところの中世時代、半分くらいはあれに近い。まあ、全部が全部あのレベルではないが」

 うーん、だいぶ生活レベルは下がるらしいなあ。そんなとこでやっていけるか不安だ。何の知識もない自分がそんな世界に飛び込んでだいじようだろうか。あ。

「あの、ひとつお願いが」

「お、なんじゃなんじゃ。なんでも叶えてやるぞ?」

「これ、向こうの世界でも使えるようにできませんかね?」

 そう言って僕が制服の内ポケットから出したもの。小さな金属の板のようなばんのうけいたい電話。いわゆるスマートフォン。

「これをか? まあ可能じゃが……。いくつか制限されるぞ。それでもいいなら……」

「例えば?」

「君からの直接かんしようはほぼできん。元いた世界への通話やメール、サイトへの書き込み等じゃな。見るだけ読むだけなら問題ない。そうじゃな……ワシに電話くらいはできるようにしとこう」

じゆうぶんですよ」

 元いた世界の情報が引き出せれば、それはかなりの武器になる。何をするにしても役立つにはちがいない。

「バッテリーは君のりよくで充電できるようにしとこうかの。これで電池切れは心配あるまい」

「魔力? 向こうの世界にはそんな力があるんですか? じゃあ魔法とかも?」

「あるよ。なに、君ならすぐに使えるようになる」

 魔法が使えるようになるのか。それはおもしろそうだ。異世界へ行く楽しみができた。

「さて、そろそろ蘇ってもらうとするか」

「いろいろお世話になりました」

「いや、元はといえば悪いのはこっちじゃから。おっと最後にひとつ」

 神様が軽く手をかざすと暖かな光が僕の周りをつつむ。

「蘇ってまたすぐ死んでしまっては意味ないからのう。能力、身体能力、その他もろもろ底上げしとこう。これでよほどのことがなければ死ぬことはない。けな神様が雷でも落とさん限りはな」

 そう言って神様はぎやくてきに笑った。つられて僕も笑う。

「一度送り出してしまうと、もうワシは神として下界に干渉はあまりできんのでな。最後のプレゼントじゃ」

「ありがとうございます」

「手出しはできんが、相談に乗るぐらいはできる。困ったらいつでもそれでれんらくしなさい」

 神様は僕の手の中にあるスマホを指差しそう言った。気安く神様に電話ってのもなかなかできないと思うけど、本当に困ったら力を借りるとしよう。

「では、またな」

 神様がほほんだ次の瞬間、僕の意識はフッとえた。

「異世界はスマートフォンとともに。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます