使徒戦記 ことなかれ貴族と薔薇姫の英雄伝(文庫版)

タンバ

プロローグ / 第一話 運命的な出会い (1)

プロローグ

 

 少女が先頭を切って、馬を走らせる。

 俺はそのすぐ後ろを追っていた。

 この平原には無数の死体が転がっている。

 折れた剣や槍が戦いの激しさを物語り、風に乗って漂う強い血と(ぞう)()の匂いが、いまだにここが戦場であることを俺に認識させる。

 しかし。

「あんまりのんびり馬を走らせていると、置いていくぞ?」

 俺の少し先を走る()()色の髪の少女は、平時と変わらず(りん)とした()(ぼう)に明るい笑みを浮かべている。

 その声は、血と(ぞう)()の匂いを吹き飛ばすような(せい)(れつ)さを含んでいて、俺は少々困惑する。

 彼女を見ていると、ここが戦場であることを忘れそうだからだ。

 しかし、ここが戦場なのは変わらない。

 現に周囲は敵兵ばかり。

 敵の陣形に突撃しているのだから、当然だ。

 しかし、周囲の敵の剣も槍も少女には届かない。そして俺にも。

 見えない壁のようなモノに阻まれてしまうのだ。

 しかし、こちらの攻撃は届く。

 少女が振るう剣は、一人、二人と、いとも簡単に敵兵を死体へと変えている。

 後ろにいる俺が剣を振るわなくていいくらいだから、進路上の敵はほぼ一人で片づけているということだろう。

 そんな少女を止めようと、狙いすました矢が飛んでくるが、それも俺や少女の手前で見えない光の壁に阻まれる。

 この現象は、俺と少女だけに起きているわけじゃない。

 俺と少女の後ろ。

 少女が率いる騎士たちにも同様の現象が起きている。

 だから彼らは防御を捨て、攻撃に専念できる。ゆえに強い。

 この現象を起こしているのは、先頭を行く少女だ。

 少女の名前は、エルトリーシャ・ロードハイム。

 白光の薔薇姫(ローズ・オリオール)と呼ばれる、レグルス王国の常勝不敗の名将。

 同時に、使徒と呼ばれる特異な力を持つ存在でもある。

 片や、俺はしがない辺境の貧乏貴族の息子。しかも彼女とは別の国だ。

 なぜ、そんな俺が彼女のすぐ後ろを馬で駆けているかというと……。

 そこで思考は中断される。

「ユウヤ! 敵将は目の前だ! どちらが先に首を取るか勝負だ!」

「勘弁してくれ……エルト。俺は敵の将軍なんかとやりあう気はない」

「意気地なしだな」

「なんとでも」

 馬を走らせながら、俺は肩を(すく)める。

 面白くなさそうにエルトは俺から顔を背けた。

 だが。

「ふん、ならいい。とりあえずついてこい。特等席で私の勝利を見せてやる!」

「いや、だから、人の話聞いてる? あ、ちょっと!!

 エルトが速度を上げる。

 同時に、エルトに付き従う騎士たちも速度を上げる。

 そうなると俺も上げざるを得ない。エルトの力の範囲外に出るのはまずい。なにせ、ここは敵軍の真っ只中なのだから。

「あ~……ついてきたの失敗だったかなぁ」

 呟き、ため息を吐く。

 どうせ、将軍の首を()ねた時に、傍にいなければ不貞腐(ふてくさ)れるか、怒るかのどちらかだ。

 敵の将軍よりもエルトの機嫌を損ねるほうがよほど恐ろしい。

 だから俺は、もうかなり離れたところにいるエルトの背中を見据えて、馬の腹を蹴った。

第一話 運命的な出会い

 

 俺、ユウヤ・クロスフォードは転生者、前世持ちと呼ばれる者だ。

 地球で十六のに橋から落ちて死亡してから、この世界、アルタリアに転生した。

 今は十二歳。

 子爵家の息子として、可もなく不可もない暮らしをしている。

 そんな俺だけど、現在進行形で問題に直面している。

「まいったなぁ……」

 エリアール暦445年4月。

 空から見るとCのような形をしているエリアール大陸の中央部。アルシオン王国の王都アレスト。

 その脇道で、そう呟き、俺は一つため息を吐く。

「この広い王都で、王女が好みそうなお菓子を探すなんて無理だぞ……」

 嘆くように言葉を吐き、大通りの露店を見つめる。

 大通りには人が溢れ、そして露店と物がさらに溢れている。

 大陸中央部にして、陸上交通の要所であるアルシオンの王都アレストは、大陸中から物資が集まる。

 その中には珍しい貴金属から異邦の武器など、様々な物がある。

 当然、それを求めて人が集まり、その人を目当てに商人たちは物資をさらに運び込む。

 そうやってこの国は発展してきたんだ。

 近くの露店には珍しい鏡が並んでいる。

 そこに映る自分の顔を見て、さらに俺は(ゆう)(うつ)になる。

 亜麻色の髪に、濃いブラウンの瞳。

 背は同世代じゃ低くもなく高くもない。

 顔立ちはやや幼いものの、前世よりはイケメンだろう。あくまで前世よりは、だが。

 前世よりはマシだけど、それでも転生するなら金髪(へき)(がん)の長身イケメンのほうがよかった。鏡を見るたびにそう思うのは贅沢だろうか。

 そこで俺の思考は途切れる。

 今はそんなことを考えている場合ではないからだ。

 すでに時刻は昼近い。

 とにかく休憩は終了。

 俺は大通りに出て歩き始めた。

 そもそも、なぜ俺が王都にいるかというと、明後日が王の五十歳の誕生日だからだ。

 そのお祝いに貴族たちはこぞって王都に駆けつけ、俺も子爵である父親に連れて来られたのだ。

 といっても、所詮は大勢いる貴族の一人。しかもクロスフォード子爵家は領地も狭く、税収も少ないので裕福とは言いがたい。

 陛下に(はい)(えつ)する機会なんてないし、形ばかりのお祝いの品を持参し、知り合いの貴族たちと話をするだけだ。

 当然、それについて回り、息子だと挨拶するのが俺の仕事のはずだった。

 だけど、今日の朝に運命が変わった。

 我がアルシオン王国の第一王女殿下が、お忍び中に露店で食べたお菓子を大層気に入ったらしく、もう一度そのお菓子を食べたいと言い出した。

 けれど、王宮の者たちは明後日の王の生誕祭で忙しい。

 そこで仲の良い貴族の子供たちに白羽の矢が立った。

 美味しい露店のお菓子を食べたい。そう第一王女に言われれば、貴族の子供たちに断る術はない。それに、これはまたとない王族へのアピールチャンスだ。

 王女の言葉を聞いたのは王女と仲の良い有力貴族の子供たちだが、その有力貴族の子供たちはさらに、自分たちと知り合いの子供たちへと伝えた。

 俺も親戚の侯爵の娘から聞いたわけだけど、あれはお願いというより脅迫だ。ベストとは行かずとも、ベターなお菓子くらいは持っていかなければ、どんな目に遭うかわかったもんじゃない。

 というわけで、現在、王都に来ている貴族の子供たちのほとんどが、使用人やら私兵やらまで動員して、美味しい露店のお菓子を探している。

 さすがにその状況で俺だけ探さないというわけにもいかないので、俺も王宮の外に繰り出したわけだけど。

「女の子が好みそうなお菓子ねぇ……」

 大通りの露店を見ながら、俺はお菓子を探す。

 甘い香りのする食べ物はいたるところにあるし、どれが当たりなのか外れなのかも見当がつかない。

 こういう時に前世の記憶を生かしたいところだけど、前世でも女の子との関わりはないに等しかった。

 当然、プレゼントを贈ったことはないし、女の子がどんなお菓子が好きなのかもわからない。

「役に立たない前世だなぁ……まぁいい。数打てば当たるか」

 軍資金はたっぷりと貰っている。

 数を打っても問題はないだろう。

 あとは俺の胃と味覚が甘いお菓子に耐えきれるかどうか次第だ。

「これも貴族社会で生き抜くためだ。頑張れ、俺!」

 そう自分に気合を入れて、俺はさっそく露店に向かった。

 

◆ ◆ ◆

 

 露店を回ること、十三軒。

 頑張ったほうだと思う。

 口の中に広がり、消えることのないねっとりとした甘さに顔をしかめて、俺は大通りの外れへと向かう。

 手にはまだ食べていないお菓子がいくつかと、お菓子ばかりで気が狂いそうだったので、肉を焼いて串に刺した串焼きが二本。

「使徒戦記 ことなかれ貴族と薔薇姫の英雄伝(文庫版)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます