話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

時空魔法で異世界と地球を行ったり来たり

かつ

003 貴族連合騎士団長

003 貴族連合騎士団長

 

 自分自身のステータスのチェックが終わったのだが、王様は何人かの貴族っぽい人たちと、何やら話し合っていた。女の子はその隣でオロオロしている。

 とりあえず、女の子を【鑑定】してみるか。

 

〈ステータス〉

名前:エレナ・ドレアドス 職業:姫 年齢:15

レベル:1

HP:70 MP:120 力:7 耐久:7 技:7 魔力:14

スキル:

【水の魔法】(レベル:1)

・水のコントロール

【回復魔法】(レベル:1)

・病気軽減

 

 名前はエレナちゃんで、やっぱりお姫様か~。

 スキルは【水の魔法】と【回復魔法】ね。なるほどなるほど~。

 俺は【追跡】の魔法も使ってみることにした。

 か、勘違いしないでよね! 変なことに使うつもりなんて全然ないんだから!

 こっそりエレナちゃんに【追跡】を使うと、地図が表示され、地図上のエレナちゃんの場所に点滅する青い点が現れた。

 追跡している場所を意識すると、頭のなかに映像と音声が流れ込んでくる。

 いきなりエレナちゃんのアップが流れ込んできてびっくりしたが、それと同時に、王様たちがひそひそ話をしている声も聞こえてきた。

「奴隷化に失敗してしまうとは。このままでは、あいつは危険だ!」

「どう対処されますか?」

「ライルゲバルト、お前に仕事をやろう」

「はい王様、どのような仕事でしょうか?」

「わしがあやつの注意を惹きつけておくから、後ろから斬り殺せ」

「分かりました、おまかせを」

 マジか! いきなり殺すとか、この国のやつらはどうなってるんだ!?

 ライルゲバルトとか言うやつも【鑑定】しておこう。

 

〈ステータス〉

名前:ライルゲバルト 職業:貴族連合騎士団長 年齢:35

レベル:20

HP:150 MP:20 力:17 耐久:14 技:15 魔力:2

スキル:

【剣術】(レベル:2)

・斬り下ろし ・二段斬り

 

 ステータスはそれほどじゃないけど、普通に戦ったら負けそうな気がする、俺には武器もないし。【時空魔法】を使って何とかするしかないか。バリアは張ってあるけど、どのくらいの攻撃を防いでくれるのかな?

 どの程度の攻撃を防げるか分からない以上、あまり頼らないことにしておこう。

 そんなことを考えていると、魔法で表示されていた地図上に赤い点が現れた。ライルゲバルトの位置だ……。これはやつを敵として認識したってことかな? おそらく【警戒】魔法の効果なのだろう。

 しばらくして、王様たちのひそひそ話が終わったようで、集まっていた人たちは元の位置に戻っていく。

 ライルゲバルトは、人混みに紛れて俺の真後ろに移動していた。

「待たせたな、そなたには、魔王を討伐してもらわねばならん。そもそも魔王とは、(あく)(ぎやく)()(どう)の行いを~」

 王様はわざとらしく(ぎよう)(ぎよう)しい演説を始めた。

 王様は、演説をしながらチラチラと、ライルゲバルトを見ている。

 と、その時!

「お、お父様! このようなことは、おやm」

「エレナ!!

 エレナ姫が何かを言おうとしたのだが、王様の怒鳴り声に、制止されてしまった。

「エレナ、今は大事な話をしているのだ。終わるまで別室で控えておれ!」

「ですが、お父様!」

「ええい! 姫を別室に連れて行け!」

 エレナ姫は複数の兵士に取り囲まれ、無理やり連れて行かれてしまう。

【追跡】の映像を確認したところ、姫は部屋の外を泣きながら歩いていた。

 エレナ姫は、俺に危険を教えようとしてくれていたのかな?

 部屋の中が騒然とする中、王様は俺の後ろの方に向かって目配せをした。

 すると、いきなり後ろから【危険】が迫ってくるのを感じ取った。

 とっさに【瞬間移動】で王様の横にワープすると、俺のいた場所に後ろから剣が振り下ろされ、剣が床を叩く金属音が部屋中に鳴り響く。

 予想通りライルゲバルトだ。

 さらに万全を期すために、ライルゲバルトに【スロウ】の魔法を掛ける。

 ライルゲバルトは、瞬間移動した俺に気が付き、追撃を仕掛けてきた。しかし、俺には【クイック】、ライルゲバルトには【スロウ】の魔法が掛かっているため、ライルゲバルトの攻撃は、スローモーションのようになっていた。

 ライルゲバルトの行動をじっくり観察し、踏み込みの瞬間の左足が着地する直前に、足払いを仕掛ける。

 体勢を崩したライルゲバルトは、倒れまいと床に左手をつこうとしていたが、その左手も蹴飛ばしてやった。

 左手で支えることができず、ライルゲバルトは、顔面から床に激突してしまう。

 俺は、その隙に【瞬間移動】を使い、周りで唖然としていた一般兵士のところへ飛び移り、そいつの持っていた剣を奪い取った。

 ライルゲバルトはしぶとく起き上がり、また俺に向かって突進してくる。そして、剣を振り下ろそうとした瞬間! 俺は、さっき奪った剣を構え、カウンター気味に切り上げた。

 カランカラン。

 静まり返った部屋の中に、剣が転がり落ちる音が鳴り響いた。

 その剣と一緒に、ライルゲバルトの手首も、転がっている。

「ぐおぉー!!

 ライルゲバルトは、苦しみ転げまわる。

 周りの人たちは、あまりの出来事に息を呑んでいた。

「時空魔法で異世界と地球を行ったり来たり」を読んでいる人はこの作品も読んでいます