異世界チート開拓記

ファースト

1 プロローグ / 2 《物質移動》 (1)

1 プロローグ

 

「オギャー! オギャー!」

 その日、〝新大陸〟と呼ばれている大地で、一つの生命が(たん)(じよう)した。

 

 ――数週間後。

「嘘……坊やが……私の坊やが……嘘、嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘」

「カーラ…………。気をしっかり保って」

「だって、だってカインズ。私の、私たちの愛しい坊やが、私たちの赤ちゃんが……私とあなたのエニードが……死……ひ……あ……あぁ、あああああ……私、私、もう、い、生きていけな」

「エニードは――私たちの息子は、天に()されたのです。私たちは大切な息子を失ったことが、どれだけ辛くても、どれほど(かな)しくても、生きなければいけない……この子の分まで。この子が生まれ、たとえ、ごく(わず)かな期間でも生きた、この新天地で」

「でも……でも……うぅ……うううぁぁあ……ひ……うああああああぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

 (そう)(ぼう)から涙を流し続け、(なげ)く妻。

 目にうっすらと涙を溜めながら、血がにじむほど(こぶし)を握りしめ耐える夫。

 1時間ほど前、夫婦の一人息子は、息を引き取っていた。

 医療の発達していないこの世界では、赤子が突然死することはさほど珍しくない。しかし、だからといって、突然、子供を失った若い夫婦の悲しみが(けい)(げん)されるわけでもなかった。

 いつまでも我が子の死を(かな)しみ続ける妻と夫。

 その2人の前で――。

 

 ピクン。

 

 死んだはずだった赤子の手が、(かす)かに動いた。

2 《物質移動》

 

 ――……(おぼろ)げだった俺の意識が、徐々に(かく)(せい)してきた。

 

 意識が目覚めてから数時間後。

 自分の小さな手を視認したり、両親(?)の会話などから、自分が赤子になっていることにも気付いた。どうやら、俺が母親の(たい)(ない)から生まれてから、日数としてはすでに1か月以上たっているらしいが。

 俺の身に起きたのは、〝生まれ変わり(転生)〟ってやつだと思う。

 転生など前世では信じていなかったけどね。異世界転生や異世界(ひよう)()系の小説は好きだったが、本当にありえることだとは思っていなかった。

 しかし、実際に自分の身に起きた以上、自分が転生したことを、受け入れるべきだろう。

 もちろん最初は(ひど)(ろう)(ばい)し、動揺したけど、そのうちに受け入れられるようになった。

 まぁ、転生でなく、ひょっとしたら(ひよう)()ってやつかもしれないけど。

 俺が意識をとりもどし、目を開けたときの両親の喜びようはなかった。どうやら、俺は仮死状態だったようだ。

 あるいは…………この身体の本来の主は本当に死んでいた、のかもしれない。

 俺の目が開き息をしているのを見て、両親は「奇跡だっ!!!」「私たちの坊やが生き返ったわっ!!!」と、大喜びしていた。

 それだけ喜ばれたら、俺も嬉しくなる。この人たちからは必要とされていると感じたりもしたので。

 なにせ、前世の俺は、誰からも必要とされていなかったからな。

 …………俺なりに頑張ってきたつもりだったが、前世では、()(じよう)人員の(かい)()整理により会社から解雇(リストラ)された。俺は不要な人間、いらない人間だと突きつけられたわけだ。

 相当なショックを受けつつ、実家に帰った。

 その後、アルバイトをしながら就職活動をした。だが、どれだけ入社試験を受けても、正社員としては採用されなかった。不採用が続き、自分は社会に不必要な人間なのではと悩み、眠れない夜が続いた。そして寝不足が(たた)り、バイト先でもミスを連発して――クビになった。

 精神的にかなり追い込まれていた俺は、バイトすら満足にできなくなった。

 親に食わしてもらうニートとして過ごしていたら――両親がともに事故で亡くなり、しばらくは食べていけるだけのまとまった遺産が入った。

 俺はその遺産を食いつぶしながら、ニートとして生きた。誰からも必要とされず、誰の役にも立たないまま生きた。

 死んだように生きた。

 ある日、日ごろの()(せつ)(せい)(たた)ったのか、まだ若かったのに突然死した――はずだ。

 そして――転生、あるいは、(ひよう)()により、意識が一度、(やみ)に沈んだあと再び目覚めたら、赤子になっていたのだ。

 

 ◆ ◆ ◆

 

 どうやら、俺は〝魔法〟のある〝異世界〟に転生((ひよう)())したようだ。

 この2週間、ゆりかごの中で両親の会話を聞き、そう判断した。

 魔法の心得がある母親が、俺のそばで実際に魔法を使っていたし。俺が夜泣きした際に、《明かり(ライト)》の魔法で室内を照らしたり――とかね。

 そうそう。俺が夜泣きする際の主な理由はお()らしだ。

 赤子ゆえ、()らすのはどうしようもないのである。中身は成人なので、非常に恥ずかしいけどね。

 母親は俺の(ふん)尿(によう)を処理する際、直接触らず転送魔法を使って飛ばすこともあった。部屋の隅に置いてあった(ふた)つきのチェンバー・ポット(おまる)に、転送魔法で(ふん)尿(によう)を飛ばしていたのだ。

 魔法は俺もぜひ使えるようになりたい。

 しかし、どうやれば使えるのかわからない。

 母親に尋ねたくても、喉(声帯)の未熟な赤子ゆえ、(しやべ)ることはできなかった。

 まぁ、生まれて数週間の赤子が(しやべ)ったら、大騒ぎになるかもしれない。だから、どのみち(しやべ)るのは自重したとは思うけど。

 

 ◆ ◆ ◆

 

 翌日、転機が訪れた。

 ゆりかごに入っている俺もいる両親の寝室で、母親のカーラが魔法の講義を始めたのだ。赤子の俺に――ではなく、カーラの夫であり俺の父親でもあるカインズ・クレインにだけど。

「じゃあ、カインズ。今日は()()魔術の中でも特に簡単な、《物質移動(ムーブ)》の練習をしてみて」

 俺を抱きかかえながら、カーラが父親のカインズに(うなが)した。

 ところで、カーラは非常に美しい。前世で、これほど美しい女性と接したことはない。

 実年齢は知らないが、(つや)やかな黒髪をした十代後半の美少女に見える。髪を後ろに流しているが、後ろ髪が腰まである。

 その容姿は(かん)(ぺき)だ。

 耳の先が少し(とが)っているが、容姿の(かん)(ぺき)さを損なうものではなかった。

 美しいだけでなく、気品や(ゆう)()さもあり、上流階級のお嬢様に見えた。

 ただ…………胸がない。

 まったくない。

 (だん)(がい)(ぜつ)(ぺき)であった。

 いつも抱きかかえてもらっている俺は、母親の胸のなさを実感していた。

 赤子を産んだばかりなのだから、(ひん)(にゆう)の女性でも普通なら、それなりに胸が(ふく)らんでいるはずだと思う。しかし、新生児の母親でありながら、カーラは(ひん)(にゆう)のままだった。

 乳の出も悪いのか、俺に母乳を(さず)けてくれるのも家政婦(メイド)であった。

 ()()家政婦(メイド)のルイーナは、逆に巨乳だけど。

「異世界チート開拓記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます