史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり

月夜涙

プロローグ:俺が強くなると決めた理由 (1)

プロローグ:俺が強くなると決めた理由


 突然だが俺は魔物に転生した。

 それから、とくにこれといったエピソードがないまま十二年を過ごし、現在進行系でおさなじみたちに囲まれてせいを浴びていた。

 いわゆるいじめだ。

 俺は悔しくてこぶしを握りしめて、でも、その拳を振り上げる勇気もない。

 そんな自分がみじめで情けなくて弱くて大嫌いだ。

 その理由と言うのが……。

「やーい、やーい、おまえの母ちゃん女騎士!」

「オークのくせして、なよってんじゃねえよ!」

「くっころ、くっころ!」

「族長の息子が村で一番弱いなんてオークの恥だ!」

 俺の母親が女騎士であること。

 このオークの村で人間を母に持つのは俺だけ。そして、俺は母親似で見た目も人間に近い。

 同世代のオークたちと比べて、力がおとり、狩りも下手、そのせいでいじめの標的にされていた。

 昔は悔しくて、言い返したり、なぐりかかったりしたのだが、結局腕力ではかなわず余計にひどい目に遭うばかりで、やがては抵抗する気力をなくした。

 ……父さんと母さんのせいだ。

 普通のオークの家庭に生まれたら俺もみんなのような屈強な体を得られたのに。

「逃げろ、女騎士が来たぞ」

「やべええ、散れ、裏山で合流だ」

「オルクは、母ちゃんのおっぱいでも吸ってな!」

 黒髪のほっそりとした女性が近づいてくると、蜘蛛くもの子を散らすように、幼馴染たちが逃げていき、俺だけが取り残された。

「相変わらずいじめられているのね。オルクもたまにはやり返しなさい」

「うるさい」

 転生したばかりの頃は、母さんが美人でラッキーと思っていたし、授乳の時間を楽しんでいたが、今では母さんのことが嫌いになっていた。

 母さんがオークならこんな目にあっていない。

「母親に向かってうるさいとはなんですか? そんなふうに育てた覚えはありません」

「っ! 母さんが俺を弱く産んだから、いじめられるんだ!」

「たしかにオルクは他の子より力が弱いですが……どうして、それが弱いってことになるんですか?」

 母さんはにっこりとほほむ。

 俺は知っている。母さんは笑っているときが一番怖い。

 剣を引き抜き、素振りをする。

 すると、衝撃波が生まれ俺の後ろにあった大岩が両断される。

「私は人間で女。筋力はオルクにもおとります。でも、この村で私より強いのはお父さんだけですよ。前から言っていますが、オルクが弱いのは強くなろうとしないから。それだけです」

 俺は反論しようとして言葉に詰まった。

 母さんは気と魔力と剣技を使うことで人間でありながら父以外の誰より強い。

 それが余計にれつとうかんいだかせる。

 母さんは自らの技術を俺に教えようとしたが、あまりにもスパルタな方針で俺は逃げ出した。

 あれは修業なんてなまやさしいものじゃなくごうもんだ。

 みんなが楽しく遊んだり、狩りをしているなか、俺だけあんな拷問じみた特訓なんてやっていられない。

 まだ、いじめられていたほうがましだ。

「オルクは才能があるのにもったいないですね……。あなたは普通のオークより身体能力は劣りますが、あなただけの良さがあります。普通のオークは骨格と筋肉のつき方の問題で剣技には向かないですし、気を使うのに必要な感受性もなければ、生まれ持った魔力もない。だけど、オルクの体つきは剣に向いているし、私ゆずりの気への感受性と魔力もある。オークにしては力が弱いですが、人間をりようする筋力を持っている。人間の技とオークの力。きたえれば誰より強くなれるのに」

 その話は何度も聞いた。それでも、俺はあんな苦労するぐらいなら強くならなくていいと思っている。

「この平和な村で強くなってどうするんだよ。俺だって狩りぐらいはできるし、今のままでいいよ」

「まあ、そんなことじゃ、可愛かわいい女の子をはらませられないですよ。お父さんみたいに、めすに孕ませてほしいって思わせるような強いおすになりたいとは思わないですか? ああ、お父さんとの出会いを思い出します。あれは……」

 母さんは笑顔でとんでもないことを言う。

 母さんはことあるごとに父さんとの出会いを話す。

 かつて母さんは人類最強の騎士だったらしい。

 父さんと母さんが出会った頃には、魔王が君臨して人間に戦争を仕掛けており、二人が出会ったのも戦場。

 万を超える魔物を打倒し、名のある剣豪との決闘にも勝ち続け、自分こそが最強であると確信をしていた母さんは、とある戦場で父さんに負けた。

 生まれて初めての敗北だったらしい。

 母さんのどんな技も工夫も、父さんの圧倒的で純粋な力にたたつぶされた。

 そして、母さんは恋に落ちる。

「あのときめきは忘れられませんね。自分より強いおすに初めて出会って、敗北して、組み伏せられて、お腹がきゅんとして、魂と本能が叫ぶんです。強い遺伝子が欲しい、この人の子供が産みたいって……私がめすであること、そして雌は強い雄の子が欲しくなる生き物なんだって気付かされました」

「……その話は千回ぐらい聞かされたよ」

「つまり、何が言いたいかっていうと雌をれさせるには強くないといけません。いいですか、いい雌は強い男の子供を産みたくなるものです。弱いままだと、微妙な雌とくっつくか一生童貞ですよ? そんなのいやですよね? だからお母さんと一緒にきたえましょう。今日からでもまた特訓を」

「いいよ。俺、女の子を可愛かわいいって思ったことないし、あんなのにモテたいなんて思えない。それに母さんのごうもんみたいな修業はこりごりだ」

 オークの村には当然女の子もいる。

 でも、みんな二足歩行緑豚みたいでそそらない。友達は奴らを可愛いとかいうけど信じられない。

 転生しているせいか、俺自身が人間よりの見た目をしているせいなのか、美的感覚も人間よりで、母さんのことは美人と思うけど、同年代の女オークは無理だ。

「それは可愛い女の子を知らないからですよ。いずれ大人になれば、オルクもこの村を出て強い雌をはらませる旅に出るんですから。今から準備しないと」

「そんな風習とっくにすたれたよ。今のオークは村を出ずに、畑耕して、狩りやって、適当に村の女の子と結婚して暮らすんだ。みんなそう言ってる」

 昔は、他種族の強い雌を孕ませて連れ帰ることが一人前の雄のあかしとされた。でも、とっくにすたれた風習で、大人たちの中でもそれをやったのは父さんぐらいだ。

 村の外は危険がいっぱいだ。

 他種族の雌を孕ませて村へ連れ去るという風習のせいでオークはありとあらゆる種族に目のかたきとされており、村の外で他種族に会えば殺されかねない。

 そんな危険を冒すぐらいなら、手ごろな同族で我慢するほうがいい。

「オルクのそういう草食なところ、誰に似たんでしょう。……でも、お母さんはいつかオルクが強くなって、外にいる綺麗な雌を強制敗北屈服孕ませしたいって言いだすって信じていますからね!」

「俺はそんなのにならないよ!」

 そうして、俺と母さんは家に向かう。

 母さんは俺を迎えにきたのだ。今日は大事な用事がある。



 家に着くと、父さんがいた。

 母さんが父さんに抱き着き、かなり大人なキスをする。……昔は文句を言っていたが、いい加減慣れた。

 父さんはオークの民族衣装を着こんでおり、母さんが子供のように見えるほどの巨体。

 他のオークたちは柔らかそうな肉付きだが、父さんは違う。

「史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり」を読んでいる人はこの作品も読んでいます