NGな彼女。は推せますか?

海津ゆたか

Start/INTRODUCTION...IDOL / TRACK.1 初恋サイダー (1)

 音楽が始まる。

 スポットライトがステージにいる1人のアイドルを照らし出した。

「盛り上がって行きましょう!」

 元気いっぱいにそう叫び、4つ打ちの軽快な音楽に合わせて踊り出す。

 すると、地下の小さなライブハウスを埋める約300人のアイドルオタクから関連性不明の絶叫が巻き起こった。

《しゃー行くぞー! タイガー、ファイヤー、サイバー、ファイバー、ダイバー、バイバー、ジャージャー!》

 リズムに乗って繰り出されるオタク定番の掛け声「MIX」だ。

 MIXが終わると同時にアイドルがれんに歌い出す。

 オタクたちの歓喜、感動、興奮の渦が会場にうねり始めた。

「いいライブになりそうだ」

 俺はできるだけクールにつぶやくと、したり顔で大きくうなずいてみせた。

 ついでに腕を組んで、片足でリズムも取ってみる。

 このいかにもプロデューサーっぽい感じが、最近のお気に入り。

 俺はエイドス学院高等部1年のなかじまたく

 プロデューサーとして舞台のそででライブを見ている。

 この日のステージを踏み台にして、さらに良いステージを演出することが俺の仕事だ。

 アイドルにとっての良いステージ。それは、アイドル本人のパフォーマンスの出来とともに、オタクがいかに主体的にライブを楽しめるかが重要だ。

 アイドル現場特有の掛け声や声援が、会場全体から沸き上がるかどうかによって、ライブの盛り上がりが左右される。

 アイドルの現場は、アイドルとオタクが共に作り上げるもの。

 今日のお客さんはイントロからノリがよくて、いい感じだ。

 ステージに立つ彼女はAメロを楽しげに歌っていく。

 そろそろ歌声が途切れるタイミング。

 歌唱パートのすきねらい、オタクたちが天にも届けと声をそろえる。

《おーれーの、○○○!》

 曲の合間にアイドルの名前を叫ぶ「コール」と呼ばれる定番の掛け声だ。

 コールを受けたアイドルが、はにかみながらもうれしそうにウインクした。

 このレスポンスにオタクの熱がさらに上がる。

 分かる。ドルオタ(アイドルオタクの略)でもある俺には、お前らの気持ちがよく分かる。

 コールにアイドルがレスしてくれると嬉しいよな。

 客席とステージがつながった感、俺たちの気持ちが届いた感、なによりもこのライブを一緒に楽しもうね感が高まる。

 ステージはBメロも終わり、サビ前にかき鳴らされるギターサウンドが曲を大いに盛り上げていく。

 アイドルがサビを歌い出す直前で、オタクの魂の叫びが爆発する。

《イエッタイガー!》

 会場を揺らすほどの大音量。

 全オタクの掛け声を受け、アイドルが楽しそうにサビを歌い出す。

 そのひたいで汗がきらめいた。

 はい、いただきました。

 ライトに反射して光るアイドルの汗、最高。

 お前ら、ちゃんと見てるか? このエモさを見逃してないだろうな。

 会場を見渡すと、そこは熱狂するオタクたちで満ちていた。

 みんないい顔をしている。

 最前ゼロズレ(アイドルの正面)にいるメガネ君なんて満面の笑みだ。

 ちくしょう、そんな顔をされたら俺もうれしいじゃないか。

 サビが終わり、2番までの間奏でオタクたちが日本語MIXを入れる。

《あー、虎、火、人造、繊維、海女あま、振動、かっせーん!》

 ステージ上の主役は、りんとしたまなしで2番を歌い出す。ダンスの動きはまだまだ硬い。でも、全力を出していることが伝わってくる迫力がある。

 アイドルの輝きが会場全体に降り注いでいた。

 まさに「天使かよ」状態だ。

 さすが、俺が見いだしたアイドル。

 ステージは2番の落ちサビに突入し、曲は一転してスローテンポに。

 オタクたちがステージのアイドルに向かって、リズムに乗って右手と上半身を懸命に伸ばす。

 オタクが全身全霊をアイドルにささげる「ケチャ」と呼ばれる行為。

 その重なり合う手の先で、アイドルもオタクに届けとばかりに腕を伸ばした。

 そして、その手を徐々に振り上げながら感情を込めて歌い上げていく。

 ──さあ行こう 君となら世界を塗り替えられる。

 ギュッと魂をわしづかみにされた気がした。

 気付けば、涙がほおを伝っていた。

 ああ、やっぱり、俺の理想のアイドルは最高最強だ。

 アイドルオタクの俺がアイドルのプロデューサーになる決意をしたのは、中3の5月第3土曜日だった。

 そして、理想のアイドルを発掘するためには、エイドス学院の高等部へ進学することが最善と考えた。

 全寮制のエイドス学院(中等部、高等部)を中核とする学院都市の人口は100万人。そのうち中学生と高校生だけで10万人を占めている。

 学院都市は日本の中央部にあり、世界中からも才能あふれる生徒が集まっている。生徒たちは勉学、スポーツ、音楽、アート、料理に経営、将棋に囲碁、名探偵など、ありとあらゆる才能を競い合い、高め合う。

 つまり、高校生のアイドルプロデューサーなど当たり前の存在なのだ。

 当然、芸能分野にひいでた美少女たちも大勢いる。

 理想のアイドルの原石が見つかる可能性が非常に高い。

 なんといっても、高校生だけで7万人。

 つまり、JKが3万5千人もいるんだ。

 進学するしかない。男として。オタクとして。史上最強の未来のプロデューサーとして!


 エイドスへの外部進学を決意後、寝る間も惜しんで──時々昼寝して──勉学に励んだ俺は、無事に入試を終え、3月上旬の合格発表の日を迎えた。

 学院都市内に設けられた合格発表会場。そこに続く長い石段を上りながら、俺は確信していた。

 絶対に合格しているに違いない、と。

 俺の合格時のイメージは明確だ。

 まずは、「やったああああああ」などと叫んで、大げさに歓喜を表してみる。

「NGな彼女。は推せますか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます