老いた剣聖は若返り、そして騎士養成学校の教官となる

文字書男

第一章 優しい騎士と出会う (1)

 

 


【騎士養成学校】


 広大な一枚の大陸上になる『アルカディア』の世界で、社会は三つの勢力に分かれて存在した。

 大陸の東を領土とするメオルティーダ連邦。

 大陸の西を領土とする神聖カルメッツァ帝国。

 大陸の南を領土とするアイゼオン共和国。

 地下資源『フォトンストーン』の利権争いを発端に、連邦と帝国が開戦してから百三十年。戦禍の肥大により両勢力が壊滅寸前にまで陥ったことで、停戦協定が結ばれた。

 今はそれから、七十年の時が流れていた。


 六月上旬。清々しい晴天に恵まれた日の昼下がり。

 ネネとともに連邦主要国であるウェスタリアにわたったアランは、馬車の車窓に流れる首都を眺めながら「おぉ」と感嘆の声をこぼした。長らく山籠りの生活に身をおいていた彼は、現在に見ている景色と、七十年前に見たそれとを思い比べていた。

 かつては建物といえば、質素な組積造のものが主流だった。市街地戦となった場合を想定し、景観よりも耐久性を重視する傾向にあったためだ。それが現在では木組みを主流とし、配色豊かに街並みを彩っている。また公園施設や商業的な娯楽施設の増加など、人が暮らすということを考えた印象があった。

「長らく戦争に向いていた力が、人のために使われるようになったか。良いことだな」

 人々が活況を呈する大通りには、安穏とした日常の営みと、喜怒哀楽が見受けられ、絶え間ない。互いに好ましい商いが交わされた表情、駄々をこねる我が子を叱りつける表情、恋人から別れを告げられた表情、愛犬と元気に戯れている表情。似ているものがあっても、一つ一つの意味は違う。

 人の心とは、こうまで顔に表れているものだったのだな……。

 アランは久しく見た大衆の気色から、その心理を思い描いて呟いた。

「実際に戦争が起こっていた当時の景色を、私は知りません。ですが、この平穏が壊れると思えば、やはりそれは嫌なものだと感じてしまいます」

 同車しているネネが、理解を示した。

「知らずにすめば幸いだ」

「だからこその中立、平和管理局だと思います。両勢力の間を取り持ち、終戦に導ければきっと……もっと世界は良くなるはずです。期待しています、アランさん」

「ネネ殿のお気持ち、心得よう」

 アランは優しげに微笑んだ。

 若返った彼の容姿には、女性に対してあまりにも強い魔性があった。

 赤紐で長い白髪をまとめ上げれば、せいな印象。髭をってあらわになった小顔は、作り物じみた輪郭を持つ。眠たげにまぶたが被った深青色の瞳は、妙な凄みと色気を漂わせていた。

 これらは序の口で、ほかにも顔をなす一つ一つの部品が、奇跡的な造形と配置でおさまっている。また、やや背丈が縮んだものの、洗練された肉体が見栄えの良い着物に袖をとおしたさまも、首から筒型一連つなぎの青い首飾りを下げたさまも、一段と際立たせる要因になっているだろう。

 これで、あきれたことに自覚がない。ついては、ネネに顔を背けられた理由が、

『慣れない魔性を直視しては、のぼせてしまいそうだったから』

 などと、彼にはとうてい考えも及ばないのだ。

「気分でも悪くなったのか?」

「いえ、何もありませんよ?」

 アランはネネに案内されるまま、目的地に到着した。

 首都近郊にある、ウェスタリア第三騎士養成学校だった。高い塀で囲われた──優に500メィダ四方はあろうかという、広大な敷地をもった施設奥からは、威勢の良い声が響いてきていた。

「どうやら、生徒たちが訓練をしているようです。少し時間もありますから、のぞいてみませんか?」

「そうしようか」

 ちらりと腕時計を見たネネに提案され、アランはうなずいて賛成する。まるで宮殿のような校舎のわきをとおり、聞こえてくる声をたどって、施設内にある演習場へ向かった。

 施設の大半をなしている、土が敷きつめられた区画。

 頑丈な金網によってへだてられており、ほかとは違った泥臭さがある。晴天、雨天を問わず使っているのか、泥濘ぬかるみを踏みつけた足跡が点々とあった。

「あれは、今年入った生徒たちですね」

「ほう、歳の割にいい腕をしている。それに、育ちの良さそうな子供たちだ」

 アランは演習場に近寄り、十代後半と思しき男女の訓練模様を、金網ごしに見やった。

「騎士養成学校に入学できるのは、その将来性と、実際にもつ才覚を認められた子供たちですから。生命エネルギー……潜在的にフォトン能力の高い、上級騎士の家柄の出身が大半です」

「戦況を左右するのは、いつの時代も、良い指揮をする騎士長か。さて、あの子たちは何のために剣を振るっているのだろうな……」

 刻限となって、校舎の中に入ったアランは「見事なものだな」と感心した。

 外観と比例し、天井の高い屋内には、ところ狭しとごうけんらんな装飾がほどこされてあった。素人目にも高価な仕様だとわかる彫刻や、化粧金具もさることながら、品を損ねないように自重された節があると嫌みもうすい。段差一つにも気がまわされており、施設全体をとおして歩きやすくもある。

 ここは、かつて実際にウェスタリアの王族が、宮殿として居住していた場所だった。

 だった──という理由については、ウェスタリア国が連邦へ吸収された折に、地理や経済的な観点から拠点としての優位性を見出された、開戦直後の時点までさかのぼる。

 ウェスタリア国は連邦領土の南寄り中央と、帝国領土との境界線からも遠く、なおかつ連邦傘下の他国と連絡がとおりやすい位置にある。西側の国境線でもある大河川は、敵勢の侵攻があった場合にこの上ない盾ともなるだろう。また、温暖な気候と豊富な水資源により生産業に恵まれ、経済的にも潤っていた。

 小国であっても、そうした魅力的な国である。

 戦時においてこれが捨ておかれるわけもなく、連邦から軍事的圧力ありきで国の明けわたしを要求され、以降は共同管理されることになった。無益な内紛を避けるため、時の国王が国民に一切の危害を加えないことを条件に退位し──そして残った無人のこの宮殿は、再利用されたのだ。

「……と、この養成学校の歴史も、ひもとけば長いんですよ」

「ここは、人のため無欲になれた王族のあかしそのものか。さぞかし立派な国王であったことだろうな。ところで、ネネ殿はやけに詳しいな?」

「予習しましたから。私も勤務することになっているんですよ、アランさんの副教官として」

「何と、それは心強い」

 たとえ我が身や我が子が位を落そうとも、王として民を想い、民を重んじる……。

 もしも私が当時の王であったなら、これをどうしただろうかな……。

 アランは高級じゅうたんが敷きつめられた回廊を歩くかたわらに、大窓の外に広がる絶景を眺めやって、想像をめぐらせる。ついぞ答えが出ないまま、先導するネネにあわせて『理事長室』と表札が貼られた扉の前で足を止めた。

 いちべつをくれて「ここです」と、ノックして入室する彼女に、彼は黙々と続いた。

 執務室であった頃の名残を思わせる、こぢんまりとした部屋。

「老いた剣聖は若返り、そして騎士養成学校の教官となる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます