転生したら剣でした

棚架ユウ

プロローグ / 第一章 大草原のぼっちな剣 (1)

プロローグ


 目覚めて最初に思ったのは、暗いということだった。

 何だ? 夜?

 だが次の瞬間、左側から光が差し込んでくるのを感じた。

 俺は光に誘われる様に、そちらに視線を向ける。

 そして、俺の目に飛び込んできたのは、あまりにも美し過ぎる光景だった。

 薄暗い空の下、見渡す限りの地平線。その縁から、後光の様に光が差している。

 太陽が昇ろうとしているのだ。立ち上る来光は、まるで虹の様に煌めき、俺はガラにもなく感動してしまった。

 じゃあ、逆側はどうなっているんだ?

 右側に目をやる。こちらでは地平の向こうに月が沈もうとしていた。

 驚くほどに巨大な銀の円盤。その天辺が、今まさに地平の向こう側に消えようとしている。すでに全体像は見えないが、僅かに見える部分だけでもその巨大さは理解できた。

 圧倒される光景だ。

 三〇年間生きていて、これほど美しい光景は見たことがなかった。涙が出ないのが不思議なくらいだ。

 いや、待てよ。三〇年間生きていて?

 俺、今も生きてるのか? っていうか、俺、死んだよな?

 俺が記憶している最後の光景は、猛スピードで突っ込んでくる真っ赤なオープンカーだった。運転席のチャラい男は、スマホ片手に明後日の方を向いて、何やら馬鹿笑いをしていた。

 はい、ながら運転ですねー。楽しそうに笑っていますねー。でもこっちは全然楽しくないんだよこのクソ野郎!

 という、心の叫びを上げたところまでは覚えているんだが……。

 あれは死んだはずだ。いや、死んだよな?

『うーむ。どういうことだ……?』

『よう。ようやくお目覚めかい?』

『うわっ! 誰だ!』

 突如響いた声。だが、人の気配はない。

 いや、なんか頭の中に響いてないか?

『これから大変だろうが、がんばれよ』

『え? え?』

『じゃあ、またな──』

 そうして、男の声は聞こえなくなった。

『あれ? もしもーし?』

 呼びかけてみるが、返事はない。一体なんだったんだ? 幻聴? にしてははっきりと聞こえたが……。

 そして、周辺を見回すために、身じろぎしようとして気が付く。

 体が動かん。

『む? なんでだ? というか、俺どうした?』

 縛られているのかと思ったが、そんな単純なことじゃなさそうだ。

 体の感覚がおかしい。まず、手と足の感覚がない。いや、そもそも手も足も、それ以外の感覚も全てがおかしい。

『目蓋もないな。目も……。目の感覚がないのに、どうやって物を見てるんだ俺?』

 俺は自分の体を見下ろした。少し不安だったが、視線は多少なら動かせる。

『……剣だな』

 視線の先にあったのは、台座に突き刺さった、一本の剣だった。

 何故かその剣が自分の体であると、俺は自然と理解できてしまった。

 理解の範疇を超えている事態。

 なのに、剣=自分であると、疑う余地もなく理解できた。

 目──っぽい何かは、刀身の根元。鍔と刀身の間にあるようだった。剣の体でどうやって物を見てるんだろうな? 謎だ。

『死んで……剣に転生とか?』

 どこのトンデモラノベだ。

 夢だと思いたいが、この体ではほっぺを抓ることもできやしない。

『一応、皮膚感覚? 的な物はあるが』

 自分の刀身が、下にある台座に突き刺さっていることは、理解できている。皮膚の触覚とは違うが、触れた感覚があるようだった。

『まじで異世界なのか?』

 少なくとも地球じゃない。

 なにせ、月が沢山浮かんでいる。真上を見上げると、赤、青、緑、紫、黄、桜色の六つの月が、天で薄らと輝いていた。

第一章 大草原のぼっちな剣


 地球では考えられない光景に驚きつつも、俺は自分の状況確認を始めた。

『普通、異世界転生物のラノベなんかだと、チート能力が身に付いたりするんだけどな』

 剣に転生した俺が、そもそもスキル的な物を扱えるのか。まさか剣に転生っていうこと自体がチート扱いとかないよな。いや、そもそも転生したらチート能力を得るとか、そんなご都合展開が俺にもあるとか考えること自体が甘いのかも。

『転生チートの定番は、鑑定眼なんだが……。おぉ、まじで?』

 どうやらご都合展開だったらしい。

 自分のステータスがばっちり確認できてしまった。


  名称:不明

  装備登録者:なし

  種族:インテリジェンス・ウェポン

  攻撃力:132 保有魔力:200/200 耐久値:100/100

  自己進化〈ランク1〉

  スキル:鑑定6、自己修復、念動、念話、装備者ステータス上昇【小】、装備者回復上昇【小】、スキル共有、魔法使い


 なんか、凄そうだ。個別に確認できそうなので、見てみる。


  鑑定6:目にしたものの情報を、表示する。

  自己修復:武具自身の破損を自動的に修復する。完全破壊されない限り、復元可能。

  念動:魔力を使い、肉体を使わず物体に干渉する。

  念話:魔力を使い、精神で他者と会話する。

  装備者ステータス上昇【小】:装備者の全ステータスを、微上昇させる。

  装備者回復上昇【小】:生命力、魔力の回復速度を僅かに上昇させる。

  スキル共有:現在セットしているスキルを装備登録者と共有し、付与することができる。

  魔法使い:魔力の流れを感じ取る。魔法使いの証。


 スキルの後についている数字はスキルのレベルの様だな。いきなり鑑定6って、俺って結構凄いんじゃないか? いや、上限が999の可能性だってあるし、まだ喜ぶのは早いか?

 だが、少なくともただの武器じゃない。いくつか意味が分からない項目やスキルもあるが、凄そうな雰囲気だけは伝わってくる。どう考えてもレア武器とか、ユニーク武器に分類されてもいい能力だ。

 ただ、名称が不明だな? 鑑定のレベル不足か、元からないのか。剣なのに生前の名前って言うのもおかしいし──。あれ? 生前の名前? 俺の名前って何だっけ? あれ? まじで思い出せないんですけど。え?

『えーっと……。本当に思い出せないな』

 他のことは思い出せるのに。

 三〇歳。男。会社員。一人暮らし。趣味はアニメ、マンガ、VRMMO、読書(ラノベに限る)。性格は周りからはポジティブと言われることが多い。好物はカレー、嫌いな食べ物なし。彼女もなし。というか、女性と付き合ったことがない。

『なんか悲しくなってきたな……』

 まあ、他の記憶はあるんだし、その内思い出せるだろ。なにせ人間から剣に転生しちゃったわけだし。記憶の齟齬くらい 起きてもおかしくはない。

 記憶に関してはどうもできないし、とりあえず置いておこう。

 次は外見のチェックだ。

 刀身は、白く輝く不思議な金属に青い三本の縦線が入った、贔屓目に言っても美しい外見をしている。形はいわゆるロングソードってやつだろう。

 抑えた色合いの金色の鍔には、銀に輝く勇ましい狼の彫り物と、青い飾り紐。柄には、青と白の組み紐で格子模様が編みこまれている。

 自画自賛だが、どう見てもただの量産品ではない。相当に価値のある剣だと思う。

 ただ、攻撃力132っていうのがどれくらい強いかわからないな。ただの装飾過多な成金ソードという可能性だって、ゼロではないのだ。スキルもあるから可能性は低いとは思うけど。

「転生したら剣でした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます