聖者無双~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

ブロッコリーライオン

0 プロローグ (1)

0 プロローグ


 ビル群を見上げた先には、青空が広がっていた。

 最近、こんなにゆっくりと空を見ることがあっただろうか?

 そんなことを思いながら、焼けるような痛みがする自分の左胸を震える右手で押さえた。

 痛みは消えることがなかった。それでも温かみのある体温が、まだ俺が生きていると実感させてくれていた。

 だけど時は止まることを許さず、痛みの次に今度は視覚を奪い去るように、世界を霞ませていく。

 それでも、俺はこの現実を受け入れる気にはならなかった。

 目標を立てて、そこに突き進み乗り越えることで、人は成長する。

 そんな、昔ある人に教えてもらった言葉を思い出した。

「目標が……叶うところまで来たんだ。それを……一度の不運で諦めて……たまるか」

 声を出したことで、先程まで感じていた焼けるような痛みが消えていく。

「昇進する……までは、こんなところで……死ぬ訳にはいかない……」

 視界は霞んだままだけど、きっと痛みがなくなったのなら助かるはずだ。

 青空は霞んでしまったままだけど、きっと大丈夫だ。

 こういう危機ピンチの時こそ笑って乗り越える。

 今までもそうしてきたように、これからもそうしてみせる。

 そう決意して、まずは立ち上がろうとした瞬間──意識はそこで途切れた──。


 そして次に意識が戻った時、何故か真っ白な空間にいた。

 直ぐにこの状況を理解することは出来なかったが、少し時間を置くことで、脳裏にある言葉が浮かんだ。

 転生だ。

 何故ならば、学生の頃によく読んでいたライトノベルに、この状況と酷似していた内容があったからだ。

 常識的に考えれば、状況の類似性とはなんら関係はないのだが、社会人になって以来封印してきた、オタクな感性が溢れ出てしまう。

 しかし転生というなら、俺は死んだということになるが、その実感はまるでなかった。

 だから俺は何故この白い空間にいるのか、自分の今日の行動を思い返してみることにした。


 俺は中小企業のオフィスソリューションを担当する……簡単に言えば主にOA機器を販売する営業だった。

 アラサーと呼ばれる年齢から、つい先日、本当に三十歳を迎えた俺はコツコツやってきた仕事の成果が出始めていた。

「最近調子がいいようだな。あと一本取れば予算達成、お前も補佐が取れて課長か。部下の数字ばっかり手伝って、予算のクリアはないと思ってたんだけどな」

「あ、部長。実は営業先でさっき契約をお願いしたら、契約をいただけることになったんですよ。昇進したら奢ってくださいね」

「……財布の紐を握られている私に普通たかるか? まぁ仕方ないな。行って来い」

「はい」

 部長の奥さんは怖い人だが、実は元々俺の同期だったこともあり、部長が飲みに行く時は必ず俺に連絡が来たりする。

 俺は晴れやかな気持ちでエレベーターを待っていた。

 営業先で契約書をもらい、納入時期が月内であれば、昇進が確定することになる。

 今回の昇進には俺にとって二つの大きな意味があるのだ。

 一つは、目標にしていた人に追いつくことが出来ること。

部署は違うけど、俺にはずっと目指していた人物がいた。

 その人に追いつき追い越すことが、入社した時からの目標だった。

 もう一つは、その目標を一度見失ってしまった時に、俺を支えてくれた彼女に告白する為だ。

 彼女と仲良くなるにつれ、俺は見失った目標に再び走り出していた。

 だから笑顔の似合うその彼女に、昇進したら告白することにしていた。

 そして、ようやく目標に追いつくところまで来ていたのだ。


「納期ですが、来週の水曜日になります。社長、今後ともよろしくお願いします」

「こちらこそ。ああそうだ、商品を納品する水曜日にも顔を出すんだろ?」

 親しみを感じさせるこの社長とは長い付き合いだ。

 新人時代からお世話になっている。

「勿論です」

 社長のおかげで昇進出来るのだから、当然来ることを伝える。

 俺はニッコリと笑いながら頷き答えた。

「そうか。じゃあ来週、一応来る前に連絡を携帯に入れてもらえる?」

「承知しました。それではまた水曜にご連絡させていただきます」

「ああ。頼む」

 その会話を最後に営業の俺は社長室を後にした。

「よし。これで今月もノルマ達成したぞ。これで昇進だ!!

 誰にも聞こえない声で、俺はテンションを上げて呟く。

 半年の個人予算を達成した俺はようやく、課長補佐から課長への昇進が確定したのだ。

 この嬉しさを伝える人も決まっている。

 今なら人目があっても、スキップしろと言われればしてしまうだろう。

 そんな絶好の気分だった。

 この幸せな時間が、乗り込んだエレベーターのように、急激に不幸へと下降し加速していくとも知らずに。

 エレベーターを降り、ビルの出口に向かって歩き出した途中で、ふと自分の革靴の紐が解けていることに気がついた。

「今日は朝から靴紐がよく解けるな」

 俺は靴紐をしっかりと結び直す。

 ああ、このまま帰社して、皆から祝福を受けたいな。

 そんなことが出来たら良いなと思いながらも、次の商談先へ向かうためビルを出ると、いきなりパァーンと大きな乾いた音が俺の耳に響いた。

「うぉ!!

 条件反射なのか、驚きのあまり腰が抜けてしまったのか、俺は地面に膝を突いてしまった。

「俺ってそんなビビリなのか?」

 無理に笑おうとすると、左胸に鋭く焼けるような痛みが走った。

「おいおい。さっきの音で吃驚したからって、心臓とか、禁煙した俺にもっと優しくしてくれてもいいんじゃないのか?」

 まだ胸の痛みはあるが、それよりも俺は周りの目もあるので、少しでもスマートに行動して、この場から離れようとしていた。

「あ~あ、これって絶対に膝が汚れちゃっただろうな」

 俺は呟きながら立ち上がろうとした……が、何故か全く足に力が入らなかった。

「ぎっくり腰? でも痛みはないのに」

 やけに自分の呼吸の音が耳に残る。

 そして俺はここで周りを見てしまった。

「救急車、救急車!」

 そうこちらを見て叫んでいる声を、耳が捉えてた。

 何だ? もしかしてさっきの音って……ああ、なるほど。あれは本当に銃声だったのか。

 俺はようやく自分の状況を察した。

 それと同時にだんだん身体が冷たくなっていくのを感じた。

「でも、俺は昇進する男だぜ? 今まで頑張ってきたんだ、だから俺はこんなところで死なんぞ!」

 俺は己を奮い立たせて空を見上げた。

 ビル群を見上げた先には、青空が広がっていた。

 胸が焼けるように熱く、全てが霞むようになっても、俺はこの現実を受け入れる気にはならなかった。

「目標を立て、そこに突き進み乗り越えることで、人は成長するんですよね? だったら俺は生きて昇進するよ先輩」

 さっきまで熱かった身体は急激に冷え、痛みも消えてきた。

 絶対に生きて、先輩に追いつき、いつか追い越すって決めてるんで──。



「俺はこんなところで死にませんよって、格好つけたのはいいが、死んだのか? いきなり目が覚めたのが、この白い空間だから……やっぱり死んだのか」

「聖者無双~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます