どうやら私の身体は完全無敵のようですね

ちゃつふさ

第一章 幼少編 (1)



01 転生しました


 産まれた時から心臓が弱く、めんえきりょくの低かった私は、きんしつから一歩も出ることもなく、その生涯を終わらせようとしていた。

 私のわがままで泣きたいのに笑顔で見送ろうとするお父さん、お母さん……私は幸せだったよ、ありがとう。ああ、私の人生はこんな簡単に終わっちゃうんだね。結局歩くことも走ることもろくに出来ず、何をするにも他の人の手を借りて……結局、親孝行もできなかったよ。神様……もし、生まれ変わることができたのなら……その時は──

『どんなモノにも絶対負けない丈夫な体』に産まれますように。

 私はそっと目を閉じ……終わりを迎え……る……。


[その願い、聞き届けよう]


「へ!?

 脳裏に響く大きな声に私は閉じた目を開けると、光が眩しく、上手く視界が定まらなかった。

(何? どうしたの、これ! よく見えない、聞こえない、体も上手く動かない! なんで、どうして! やだ、こんなのいやだぁぁぁっ)

「おぎゃぁぁぁぁ! おぎゃぁぁぁぁ!」

「産まれました。元気な声で、女の子ですよ、旦那様」

 この日、私は『メアリィ・レガリヤ』として新たなる生を受けたのであった。


 それから数日。

 時間が経つにつれて私は冷静さを取り戻し、現状の把握に思考を巡らせられるようになってきた。

(え~と、つまり……どういうこと?)

(落ち着け、落ち着くのよ私、何かこういう展開の主人公、病室で読んだ本にあったじゃない。え~と、何だっけ? 編成っじゃなくて、てん……そう、転生よ!)

 その言葉で私の思考が急速に落ち着きを取り戻していった。落ち着いて、自分の体を見てみる。

 小さな手、赤ん坊の手だ。間違いない、私は記憶を残したまま新たな生をスタートさせたのだ。

(そっかぁ、今度はもう少し丈夫な体になってるといいなぁ)

 理由なき安心感からか、私は眠りにつく、新たなる人生に胸を躍らせながら。



(おおお、動く! 動くぞ、この体!)

 ノソノソとハイハイしながら床を突き進む私。

 どうも、メアリィ・レガリヤ、一歳です。

 私は医療器具が並ぶ医療室から一転して、和やかでごうしゃな屋敷の一室で両親に見守られてすくすく育っております。今のところ体に支障はなさそうで、ついついやんちゃに動き回ってはメイド服を着たお姉さんたちに抱き抱えられてしまう。

(ううう……もっと動きたいのに)

 部屋の雰囲気や、両親の身なり、かしずくメイドたちや執事を見るところ、私が病室で見た映画、アニメ、マンガ、本、ゲーム、などに出てくる中世ヨーロッパの貴族のような感じがする。

(まぁ、貴族なんだろうけど)

 父が産まれたばかりの私を「この娘が我がレガリヤ公爵家の長子かぁ!」と嬉しそうに言いながら高らかに私を抱き上げていたからだ。

(公爵家の令嬢ということなのかしら……現代社会の日本に産まれ育った私には縁遠くていまいちピンとこないけど)

 私は新たな生を前世の記憶を持ってスタートさせることができたので、前世で出来なかったことをしっかり満喫するつもりだった。

(ありがとう、神様。早く大きくなって、いろんなことがしたいなぁ)

 私はあの時、響いた声を神様だと信じて感謝することにしている。


 そんなこんなで月日があっという間に過ぎ、私は順調にスクスクと育って、今では自立歩行はもちろん、ちゃんとした会話を可能としていた。

 どうも、メアリィ・レガリヤ、三歳です。

 私は母親譲りの銀色の、いやそれよりも白に近い長い髪と、髪や肌に負けないくらい真っ白で上質なフリル付きワンピーススカートをなびかせて、テクテクと屋敷内を散策している。実のところ、私はもっと前から自立歩行などを可能にしていたのだが(もっと言うなら生後数日で)さすがにこれは変だ。私が持つ前世の記憶のかもしれないし、変に思われないように私が知る限りの赤ちゃんの動きをしてきたのだ。

(幸い、ベースが赤ん坊だったから、できないものはほんとにできないものが多くて、おかしなことになることは……なかったと思う……よ?)

 成長に伴って、自分がいる世界のことも分かってきた。

 ここは自分が知っている現代社会ではなく、アルディア王国といって、剣や魔法、モンスターや精霊が住む、いわゆるファンタジーな世界なのだと判明している。

(RPGだよ、RPG! ゲームでしか体験していなかった世界が今、目の前に!)

 だがどんな世界であれ、私は普通の生活さえできれば幸せなので、冒険やら何やらをしようとは思っていなかった。

(だって、危険じゃない。今世ではなるべく親に迷惑かけず、孝行できるよう長生きしようと思っているから、あまり無茶なことは言わないし、しないの)

 なので、両親に何か欲しいかと言われても、何もいりませんと答えている。

 そういえば、私は日本語でもないこの世界の言葉と文字を違和感なく理解できていたが、これも例の神様のおかげなのだろうか。

「神様、ほんとうにありがとう! 私は今日も元気に暮らしていますよ」

 と、空に向かって私は神様へ感謝の言葉を贈っておく。

「ああ……平和だわ。これから先、何事もなければいいのだけど。おっと、いけない! これはフラグになってしまうわ。なぁ~んて、アハハハ、そ~んなわけないッない、迷信迷信!」


 そうして、私はやらかしてしまった。


 それは不注意で起こった突発的な事故だった。

 私の目の前には、自分を包み込むほどの大きさの木箱達が雪崩のように襲ってきていた。

 こんな物をまとも受けたら私は押し潰されてぺしゃんこだ。

(危ない! 止めなきゃッ!)

状況を認識できたのは良かったが、私は逃げるという判断ではなく、止めるというおおよそ見当違いの判断をしてしまった。そして、とっに自分を守ろうと片手をなだれ込んでくる木箱達へ、もう片方の手を自分の顔へと持っていく。

 目をつぶり、衝撃に体をこわらせる私に、何かがぶつかり、そして──


 ゴシャァッ!


 重い木箱が何か硬い壁にでも叩きつけられたように、大きな音を立てて粉砕された音がした。

 何事かと目を開ければ、そこには落ちてくる木箱が何もしていないのに私の目の前で次々と壊れていく光景が繰り広げられていたのだ。


 えっ、どういうこと???


02 やらかしました


 事の発端は今から半日前に遡る。

「おやおやぁぁ! 私の可愛い天使がこんなところにィィィッ」

 屋敷の廊下を歩いていると、遠くの方から駆けてくる(?)豪奢な貴族服を着こなしたナイスミドルなひげダンディの中年男性が一人。

「あら、お父様、ごきげんよう」

 私は走ってきた男性に向かって、スカートの裾を少し持ち上げて、軽くかがんだ後、挨拶をする、とびきりの笑顔で。公爵令嬢としての振る舞いや言葉遣いなどは、以前から家庭教師を呼び学び始めているが、まだまだたどたどしかった。けれど、精神年齢は合計して十五歳を超えているので呑み込みは早い。

「おうっふッ!」

 変な吐息を漏らして、父は空を一度仰ぎ見た。

 彼の名は『フェルディッド・レガリヤ』。

 レガリヤ家当主にして、私、メアリィの父親であり、アルディア王国のげんすいを務めている人だ。

「お父様?」

 私は頭の上に?マークを浮かべながら、コクリと首を傾げた。

「どうやら私の身体は完全無敵のようですね」を読んでいる人はこの作品も読んでいます