最強の魔物になる道を辿る俺、異世界中でざまぁを執行する

大小判

プロローグ (1)


プロローグ


 きんを束ねたかのような長い髪を後ろで編み、蒼天のような色のへきがんを持つ美しい令嬢……シャーロット・ハイベルは、自宅である大きな屋敷の片隅に位置する質素で狭い部屋……自室の机の前に座って小さな溜息をいた。

 大陸西部にを唱えるグランディア王国、その建国より代々名門として王家を支えてきたハイベル公爵家に生まれた彼女には全てがあった。

 王国の白百合とまで称される美貌と次期王太子妃としての見識と人望。

 自分を厳しくも慈しんでくれた両親や、幼少の頃から共に育った幼馴染、十全の信頼を寄せていた従者たち。

 公爵家の後継ぎとしてけんさんを積む傍らで可愛がってくれた兄と素直で実直な弟に、共に笑い合った友人たちや慕ってくれていた領民たち。

 次期王妃として期待を寄せてくれた国王に、共に支え合い国の為に尽くすと信じていた愛する婚約者。

 何の疑いも無く、愛する人たちと歩んでいく未来を、シャーロットは持っていたのだ。


 あの少女が現れるまでは。


 リリィ・コナーという平民の少女がハイベル公爵家に引き取られ、シャーロットが通う貴族学院に編入してきたのはたった一年前のこと。

 始まりは攻守援護に優れた希少な光属性の魔術を使えることで注目を浴び、後にリリィが現ハイベル公爵の弟……つまりシャーロットの叔父の子であることが判明した。

 叔父は若い頃に家をしゅっぽんしており、平民の娘との間にリリィを産んでささやかに暮らしていると聞いたことはあったが、その叔父夫婦の家に強盗が押し入ってきたことによって亡くなり、孤児となったリリィを哀れんでハイベル公爵は姪を養女として公爵家に迎えたのだ。

 しかし、シャーロットの幸福はリリィ・コナーがリリィ・ハイベルにかいせいしたのを境に影が差していく。

 学院に通い出したリリィは多くの貴族男性を魅了していった。それは有力貴族だけに留まらず、婚約者の居る男性……シャーロットの婚約者である王太子、リチャード・グランディアや書類上は兄弟であるはずの兄ルーファスと弟のロイド、シャーロットの従者であるアーストまでもが。

 彼らはリリィの気を引くために競うように贈り物をし、突然貴族の世界に放り込まれた彼女に夜会のルールや貴族の作法を教えるという名目で遊びに連れまわした。

 シャーロットも両親を亡くしたびん義妹いもうとを慈しんでいたが、未来の国王であり学院の生徒会執行部でもある王太子とその側近たちはその役目を放棄し、教師たちまであからさまにリリィをひいし始めたのだ。

 両親や兄弟、従者やメイドはやがてシャーロットに見向きもしなくなり、リリィにばかり構うようになった。

 そんなリリィに時間と富がつぎ込まれることで生まれる問題の尻拭いをするのは、全てシャーロットの役目。

『私は公爵家に引き取られてから日々充実しているのに、貧困街の人たちが毎日食べる物にも困っているなんて可哀想!』

 その上、王太子たちはリリィへの貢ぎ物だけに留まらず、彼女の無計画な炊き出しに加担することによって国庫を食い潰し始めたのだ。

 持つ者はより持たざる者へ施しを与えるというのが貴族の義務だが、何でもかんでも施しを与えていては国の運営はたんする。

 それをいさめるべき国王は運悪く病魔で床にせっていたため、シャーロットの愛する自国を守るための戦いが始まるのであった。

 食い潰される国税を財務大臣に相談し、山のように積まれた書類に忙殺され、増税に苦しむ国民や溢れかえる失業者たちに仕事を紹介したり、婚約者たちのリリィとの浮気に傷ついた令嬢たちのフォローをしたりと、立ち行かなくなりつつある国の為に奔走する美しき令嬢。

 これだけ聞けば、シャーロットは自分も辛いのに献身的で健気な理想の淑女という評価を与えられるだろう。

 しかし……彼女に与えられたのは謂われも無いぼうと中傷、そして義妹に対する周囲の過剰なまでの贔屓だった。

『わ、私……お様に凄く怖い眼で睨まれて……ただ仲良くしたいだけなのに……うぅ……っ!』

 そんな涙交じりのリリィの言葉に、周囲の人間は手のひらを返したかのような非難の眼をシャーロットに向ける。

 一体どうしてそんな結論に達したかは分からない。少なくとも、シャーロットは忙し過ぎて話す暇も無かったというのに、いつの間にか彼女は健気で愛らしい妹をいじめる性根の悪い姉という評価を押し付けられていたのだ。

 慈しんでくれた両親も、自慢の妹だと鼻高々に語ってくれた兄も、純粋に慕ってくれていた弟も……そして、愛する婚約者までもがシャーロットをうとみ始めた。

『シャーロット、一体どうしたというんだ? いつもの君ならそのような愚かな言動をしないはずだ』

『一体姉上はリリィ姉様の何が気に入らないというのです? あんなにも健気で純真な方だというのに』

『あんまり私を失望させないでくれ、シャーロット。君は一応次期王妃なのだから』

 初めは、そんな全くもって身に覚えのない言動に対する注意喚起。

 しかし、そんな言葉を納得出来るはずもない。シャーロットは何とか誤解を解こうと言葉を重ねたが、それも全て醜い言い訳と捉えられ、彼女への風当たりはますます強くなっていった。

 そして彼らのシャーロットに対する態度や言葉は行動となって現れる。まなむすめの為にと与えられた日当たりが良く優美な自室は、リリィが使うからと明け渡すことになり、代わりにシャーロットに新しい自室としてあてがわれたのは、日当たりが悪い屋敷の片隅にある小部屋。

 家族の態度は日を重ねるごとに冷たくなり、親しい友人からも遠巻きにされ、信頼していた使用人からもべつの視線を送られるようになった。

 最もリリィに入れ込んでいるリチャードの態度の変化は特に如実で、これまで愛を語らった事実など無かったかのように、怯えるリリィを背中に隠し、かつを見るかの如くシャーロットを睨んでいる。

「どうして……どうしてこんなことに……!」

 まさに異常ともいえる周囲の変化に置き去りにされ、薄暗い部屋に追いやられたシャーロットは、今でもまだ愛している人たちを想い、宝石のような瞳から一筋の雫を流す。

 いくら貴族として、次期王妃として教養を積んできたと言っても、彼女はまだ十七の少女だ。その上、これまで多くの愛情に囲まれて過ごしてきた分、それらが一斉に反転したとなればシャーロットの苦しみはして知るべし。

「ずっと……このままなのでしょうか……?」

 愛する両親、兄弟、婚約者に信頼する友人、使用人、領民からも疎まれ続ける日々がこれから先も続くのかと思うと、目の前が真っ暗になったかのように感じた。

 押し寄せる不安に潰されそうになったその時、窓から見えるやぶから物音が聞こえた。

 揺れ方や音の大きさから言って蛇や虫の類ではない。野犬や野良猫ならまだマシだが、最悪の場合魔物である可能性もある。

 椅子から立ち上がって警戒をあらわに揺れる藪を見つめるシャーロット。そして彼女の眼前に現れたのは、全身に傷を負い、息も絶え絶えに倒れ伏す奇妙な姿をした小さな魔物だった。

「あれは……キメラでしょうか?」

 シャーロット自身、魔物に詳しい訳ではないが、知識の中にある魔物の特徴のどれにも当てはまり、どれにも当てはまらない魔物の登場に困惑する。

「最強の魔物になる道を辿る俺、異世界中でざまぁを執行する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます