話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

四天王最弱だった俺。転生したので平穏な生活を望む

謙虚なサークル

プロローグ



プロローグ



 血が、止まらない。

 胸元にはぽっかりと大きな穴が空き、そこから止めどなく青い血が流れ落ちていく。

 燃え上がるような深紅の髪も、今は大量の血を浴びて弱々しく垂れ下がっていた。

 膝を突く俺を見下ろすのは黒髪の青年が束ねる男女が四人。

 強力な魔力を帯びた武具は神やら何やらの手によるものだろうか、その力は人間を大きく超えていた。

 ──勇者パーティ、俺たち魔族は彼らの事をそう呼んでいた。

「が……は……ッ!」

 喉元からこみ上げる血を、大量に吐き出した。

 先刻の一撃が俺の胴をえぐり、肺から血が溢れ逆流し続けているのだ。

 死の見える一撃に、俺の脳内をそうとうが巡る。


   ■■■


 俺は下級魔族である鬼、その中でも最下等種である小鬼ゴブリンとして生まれた。

 ゴブリンという種族は身体能力は人間の子供に毛を生やした程度の強さしか持たない、弱い魔物だ。

 それ故大量に生まれはするものの、多くは大人になるまで生きられない。

 だから俺は生き残る為に努力した。

 別に強くなって弱者をしいたげたいとかそういうのではなく、純粋に俺自身が平穏に暮らす為に。

 鍛錬は言わずもがな、人間から奪ったのであろう住処すみかにあった書物から様々な知識をあさり、栄養価の高いものを選んで食した。

 強い相手とは出来るだけ正面からは戦わず、仲間を作り、工夫して……地道に地道に積み上げた。

 その甲斐あって、俺は仲間と共に上位種へと上り詰めていく。

 小鬼ゴブリンから大鬼オーガ、そして剛鬼チャンピオン、最上位種である鬼王ロードへと。

 鬼王となった頃だろうか、俺は当時の魔王直々に魔軍四天王にと誘われた。

 何せ俺の仲間は百を超え、ちょっとした国なら軽くつぶせるほどの戦力を持っていた。

 俺自身の個としての強さよりも、群れとしての強さを評価されたのだろう。

 魔王はそうは言わなかったが……まぁ四天王の一人がやられたと言っていたのでタイミング的なものだと思われる。

 平穏を求めていた俺は最初は誘いを断ったが、周りにされどうしてもやらざるを得ない状況になったのだ。

 ランガ様ならやれますよ! ランガ様なら間違いねぇ! うおおおおおっ! ランガ様! ランガ様! ……などと、半ば無理やりに。

 生き残る為に増やした仲間だったが、この時ばかりはちょっぴり後悔した。

 とはいえ死ぬほど嫌だったかと言われればそうでもなく、それはそれで平穏かもしれないと結局引き受けたのである。

 だがそんな俺を、他の四天王たちはよく思わなかったらしい。

「奴は四天王の中でも最弱」「魔族の面汚し」「運良く成り上がっただけのせんの者」

 などと言いたい放題だった。

 確かに他の四天王は生まれついての最上位魔族ばかりだったので、最下等種から成り上がった俺の事はさぞ不快だっただろう。

 俺は気にしなかったが、部下の者たちはそれを聞いてよく怒っていた。

 特に副官はそのたびに連中に戦いを挑もうとするので、出来るだけ耳に入れないように随分気を使ったものである。

 思えばその頃から、色々面倒に思い始めてたんだっけか。

 俺は出来るだけ波風を立てないよう、日々を過ごすようになっていた。

 そんなある日、魔王を倒すべく勇者たちが攻めてきたのだ。

 まず俺に迎撃の命が出た。それはいい。

 だが他の四天王たちは、あろうことか俺の部下たちを城の防衛に出させていたのだ。

 俺の強さは群れとしての強さ、個としての強さは秀でているわけではない。

 偶然にしては出来すぎたタイミングだったので、連中のわざで間違いはないだろう。

 よほど俺のことが気に入らなかったと見える。

 そう奴らが仕組んだのだ。気に入らない俺を殺す為に。


   ■■■


 ──そうして俺は単身勇者パーティと対峙し、今に至る。

 彼らは地面にいつくばる俺を見下ろしながらも、油断なく武器を構えている。

 奴らの強さは間違いなく一級品、加えて余裕もまだあると見える。

 対する俺はまんしんそう。加えて言うなら多勢に無勢。

 どうやらここで終わりのようだ。そう確信した俺は、

「く、くくく……」

 ──思わず、笑った。

 勇者たちはきゅうにて笑う俺を見て、不気味に思ったのか後ずさる。

 俺はざり、ざりと足を引きずりながらも勇者たちに歩み寄る。

「ははははははははっ! 大したものだ勇者ども! だが魔軍四天王が一人、鬼王ランガ! そう簡単にやられてやるわけにはいかねぇな! 全身全霊をもって抗わせてもらおうッ!」

 俺はそう宣言し、腹に力を込めた。

 めきめきと肉のきしむ音が鳴り、傷がふさがっていく。

 魔力を全開に放出すると、筋肉が更に隆起し額にある第三の目が開かれた。

 俺が全力で戦う時の戦闘形態だ。

「うおおおおおおおおおおおおおおっ!!

 雄たけびを上げながら地面を蹴る。

 一歩、一歩蹴り進むたびに足場にしていた岩石が粉々に砕け散っていく。

 俺は拳を固く握り締め、振り上げる。

 勇者もまた、俺を迎撃すべく剣を構え直した。

 がきぃぃぃぃぃん!!

 剣と拳が交わり、それを起点として衝撃波が吹き荒れる。

 最後の戦いが始まった。

 勇者パーティも俺も、互いが、各々が、全ての力を出し尽くす。そんな死闘の末──俺は命を落とした。

「四天王最弱だった俺。転生したので平穏な生活を望む」を読んでいる人はこの作品も読んでいます