婚約破棄が目標です!

夏目みや

第一章 異世界転生した私 (2)

 風邪をひくと、モニカがいつも用意してくれた。喉にもいいからって。

 すると胸の奥がほっこりと、温かい気持ちになる。

 これはセレンの感情だわ。そう、このお茶、好きなのよね。

 美味しい飲み物で喉がうるおったせいか、眉間にしわが寄っていたのが、少しほぐれた気がする。

「先程、フェアラート様がいらっしゃいましたね」

 モニカにそう言われたので、静かにうなずいた。

「お茶会は、もうすぐおひらきになるそうですよ」

「……え?」

 思わず声に出してしまったほど、驚いた。

 だってここは私の住む屋敷、フェンデル家だ。そこで行われたお茶会で、私が不在になったので、もうとっくにお開きになっていると思っていた。

 まあ、さっき見た彼、フェアラートが上手くやってくれているのだろう。

 人懐こい笑顔を見せた彼の姿を、脳裏にえがいた。

 しかし、婚約者か……。

 いまいちピンとこない。

 あんなに整った顔立ちの彼と結婚したら、私の心臓が持つ気がしない。

 そこでふと鏡を見ると、さらさらの栗色の髪が光輝く、色白の私。その美しさにびっくりする。

 そうだった、私もとても恵まれた容姿だった。思わず自分に見惚れてしまいそう。

 やばい、これでは完璧ナルシストじゃないか。

 純和風の、のっぺり顔の千沙に見慣れていたので、いきなりは慣れない。

 しかし、お金持ちの家に生まれ、イケメンで優しい婚約者に、恵まれた容姿。

 貧乏苦学生だった千沙の時よりは、人生はるかに楽そうだなー。

 私はこの時まで、呑気にそう思っていた。


 やがて夜になり、そろそろお腹が空いてきた。人間、本当に参っている時には、食欲がなくなるもの。こんな状況でもお腹が空くなんて、うん、私はまだ大丈夫だ。

 今日は体調が悪い設定なので、夕食は部屋でとることにした。

 しばらくするとモニカが、温かな夕食をカートにのせて部屋にやってきた。

 さまざまな野菜がじっくり煮込まれたスープに、カリカリに焼かれたベーコンの散りばめられた生野菜のサラダ。そして魚のムニエルに焼き立てのパン。

 目の前に並べられた料理に心が踊り、私は手を合わせていただきますと、心の中で呟いた。その仕草を見ていたモニカが、一瞬不思議そうに首を傾げたので、慌てて手を引っ込めた。いけない、いつもの癖ってやつだ。

 湯気の出ている温かなスープをスプーンですくって口に運べば、心まで温まる気がする。

 バケットに入っていたパンをちぎって頬張っていると、ノックの音がした。

 それと同時に部屋に響いた足音は、ひどく荒かった。

「セレンスティア、体調は!?

 部屋に入ってきた人物は私の顔を見るなり、厳しい声を出した。突然のことだったので、驚いてしまい、私は口の中にパンを残したまま、その相手を見つめた。

 短髪に、つり上がった大きな瞳が勝気そうだ。背も高く、肩幅も広いガッシリした筋肉質な体格の男性だ。

 男性はその場で、腰に手を当て仁王立ちしている。私はまず口の中に入っているパンをしゃくしようと思い、もぐもぐと口を動かした。

 すると男性は、いち早く私の動きに気づいた。

「人と話している時は、食べるな」

 は? 吐き出すわけにもいかないでしょうが! そもそも私が食べている時に、勝手に部屋に来たのはそっちでしょう!

 命令されたかのような物言いに、ムッとして思わず言い返しそうになった。だが私はぐっとこらえて、大人しく口の中のパンを呑み込んだ。

「庭で転んだそうだな。お前は本当に、そそっかしい。足元も見てられんのか」

 なんていうか……。部屋に入ってくるなり、この剣幕。気遣うよりも、私の不注意をとがめる発言を繰り返すこの人は、ラウル・フェンデル。──私の兄だ。

 多少は心配しているのだろうけど、言い方ってものがあるよな。これじゃあ、伝わらないよ。

 ほら、何だかドンドン暗い気持ちになってきた。食欲も薄れてきた。きっとこれは、セレンの感情だろう。

 だが今の私は、それに引きずられるわけにいかない。

「だいたいお前は何をやらせても……」

「お兄様、ちょっとよろしいですか?」

 私はにっこり笑って彼の話を遮る。マナー違反だろうが、これ以上聞きたくないのだ。美味しいごはんの味が半減するじゃない。

「それは今すぐじゃないと、ダメなお話ですか?」

 私が遮ったことに驚いた兄は、口を開けたままだ。それをいいことに続けた。

「私は今、美味しい食事をいただいています。相手の食事の時間に乗り込んできて、いきなり非難するのは、とても失礼なことではありませんか?」

 微笑みながら伝えた瞬間、相手は絶句した。

 そして意外なことに、隣に控えていたモニカすら、口を開けたまま固まり、私を凝視している。

 まずかったのだろうか。だけど私は、この美味しい食事の時間を邪魔されたくないと感じたのだ。

 貧乏人は食べられる時に食べる! 骨のずいまで染みついている千沙の根性だわ。

「このお食事は、料理人のトマスを筆頭に、大勢の方が気持ちを込めて作っているはずだわ。この最高の料理の美味しさを、わざわざ半減させるのは、愚かなことだと思いませんか?」

「………っ!!

「今すぐに聞かなければいけないお話でしたのなら、私も聞きますけれど」

 そう言いながら兄を見つめると、彼は悔しげに口端を噛みしめた。

「っ!! もういい!! 後からだ!!

 そう言うやいなや、きびすを返し、広い背中を見せた。足音荒く扉まで歩いていくと、そのまま部屋を出ていき、強く扉を閉める。

「乱暴ね」

 いなくなった安堵感と、粗野な態度にため息をついていると、視線を感じて我に返る。

 視線の元を見れば、モニカが私を見つめながら、目を瞬かせていた。

 しまった……。

 美味しい食事の時間を邪魔されて、つい頭に血が昇ってしまった。この対応はまずかったか。

「あ、あのね……」

「すごいです! お嬢様!!

 言い訳しようとする前に、急に湧き上がった拍手喝采。今度はこっちが目を瞬かせる番だった。

「いつもはじっと耐えて、私がお声がけしても『いいの』なんて寂しげに微笑まれていたのですが、今日という今日はすっきりしましたね!!

 やっぱり。

 今までの私は、兄に言われるがままだったのだろう。

 その証拠に言い返している間、心臓がドクドクして、やたら緊張したもの。

 だけど、終わってみれば、

「あー、すっきりした」

 と思わず本音を吐き出してしまった。

 それを見ていたモニカは目を丸くしたけれど、次の瞬間には笑っていた。

「それでいいのですわ」

「うん。なんだか、今までの自分から、変わりたい気分なの」

 そうよ。せっかく千沙である記憶が戻ったのだから、精一杯生きるべきだ。

 セレンスティアとして生まれたのも、なにか理由があってのことだと思うの。

「婚約破棄が目標です!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます