ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける

横塚司

01話 落とし穴

 

01話 落とし穴

 

 9月の終わり、土曜日の午後。放課後だ。

 高等部校舎と中等部校舎を(つな)ぐ道から外れて5分ほどの森のなか、ぼくはシャベルを手に、泥にまみれて落とし穴を掘っている。

 ひとの背丈よりずっと深い穴だ。

 3つ目の穴だから、だいぶ要領よく掘れていた。埋めなおした穴も含めると、5つ目になる。これだけ掘れば、多少は手際がよくなるものだ。

 もう充分だ、というところで用意していた(やり)を刺す。竹を斜めに割って、切り口を鋭くした簡単な(やり)だ。それを、上向きに刺す。何本も。(しつ)(よう)に、何本も。

 先を近くの木に結んだロープを伝って、穴を登る。落ち葉を(しん)(ちよう)にかぶせて、カモフラージュする。

 急がなくてはいけない。そろそろ時間だ。

 あいつが来るはずの時間だ。

 額の汗をぬぐう。現在、午後2時半。

 ぼくはあいつのために、手がかりを残した。あいつがこの場所に来るように、メッセージを残した。

 もっとも、あいつはそれをメッセージだと気づかないだろう。ぼくのミス、落ち度だと思うだろう。ぼくがここに大切なものを隠していると思うだろう。

 そのために毎日、ここに通っているのだと。

 最近、放課後になるとぼくが消えるのは、ここに通っているからなのだと。

 ある意味、その考えは合っている。ぼくはここで、ずっと、穴を掘っていたのだから。

 最初の穴は、不満足な出来だったので、埋めてしまった。

 次の穴はまあまあだったけど、計画には(ばん)(ぜん)を期したかったので、やはり埋めた。これから行うことに、失敗は許されないからだ。

 ぼくはいまから、ひとを殺す。

 この落とし穴にあいつを落として殺す。

 ただ(やり)の上に落下しただけじゃ、死なないかもしれない。だからそばの()(かげ)に、ポリタンクをいくつか用意している。タンクのなかにはガソリンが入っている。

 あいつが穴に落ちたら、上からこいつを流し込み、最後に()(だね)を投げ込む。

 それでも、あいつはしぶとい、死なないかもしれない。

 だから5メートル以上ある長い竹(やり)を用意した。()(さき)は斜めに割って、さらに鋭く()いである。これで上から突き刺す。何度も突き刺す。動かなくなるまで突き刺す。

 それで終わりだ。(ふく)(しゆう)は完了だ。

 あとのこと? 知ったことか。

 このままだと、ぼくはいずれ、あいつに殺される。

 いじめ殺される。社会的にも(まつ)(さつ)される。

 あいつにはちからがある。腕力もあるけど、それだけじゃない。

 あいつの親は学校に資金を出している有力者だ。

 漫画みたいな話だけど、現実にそうなのだ。

 学校の教師の誰も逆らえない生徒。そんなものが、うちの学校には存在したのだ。

 そんな最悪の人間に、ぼくは目をつけられた。

 この学校は(ぜん)(りよう)(せい)だ。しかも、学校そのものが山のなかにある。

 (へい)()(しや)(かい)だ。ムラ社会だ。そのムラのボスに、ぼくは目をつけられた。

 あいつはぼくをいじめ抜くことに生きがいを見出している。

 いつかぼくは、いじめ殺される。

 だったら、殺られる前に殺るしかないじゃないか。

 

 ぼくは、じっと息を殺して待ち構える。

 気のせいか、いつもは(さわ)がしい鳥の鳴き声も、虫の声も、今日に限って聞こえなかった。森が、しんと静まりかえっている。

 もうすぐだ。もうすぐ、あいつが来る。

 足音が聞こえてきた。

 枯れた落ち葉を踏みしめる音だ。あいつが歩いてくる音だ。

 ぼくは(きん)(ちよう)して、震える手をそっと押さえた。汗が頬を伝う。

 9月の終わりとはいえ、山のこのあたりはそれほどの暑さじゃないはずなのに、さっき運動したばかりだからか、全身汗だくで、いまも汗が止まらない。

 いや、これは(きん)(ちよう)しているせいか。

 そりゃあ、そうだ。(きん)(ちよう)もする。これからひとを殺すのだから、手足も震える。そう考えて、ぼくは――。

 にやりとした。

 あいつを殺せる。そう考えるだけで、嬉しくて嬉しくて仕方がない。

 だって、あいつは――。

 と、身体がぐらりと揺れた。ぼくは、(あわ)てて落ち葉の上に手をついた。

 はっとする。いまの音はあいつに聞こえなかっただろうか。

 いや、そもそも、これは――。

 寄りかかる木が、振動していた。枝がしなって、葉を揺らしていた。

 地震だ。しかも、かなりでかい。

 腹に(ひび)(しよう)(げき)。それが最大で、でもそれだけだった。

 揺れが終わる。木が倒れるようなことも、()(しや)崩れが起こるようなこともなさそうだった。ほっと(あん)()の息をつく。

 落とし穴も無事だった。これも、いい。だが問題がひとつ。

「地震かよ!」

 舌打ちとともに、そんな、あいつの声が聞こえてきた。

 まずい、とぼくは思う。

 あいつの気が変わったら、せっかくのお(ぜん)()てが――。

 はたして、足音が遠ざかっていく。

 舌打ちをしたいのはこっちだ。ぼくはぐっと唇を噛む。(こぶし)をかたく握る。

 いや、まだだ。

 あいつは、()(しや)崩れとかそのへんのことを心配しただけかもしれない。

 しばらくすれば戻ってくる可能性もある。

 ぼくは祈った。じっと、待った。

 

 何分経っただろう。

 すごく長い時間に感じたけど、たぶん10分くらいだと思う。

 ふたたび足音が近づいてきた。

 やった! ぼくはぐっと(こぶし)を握った。ガッツポーズしたかった。

 あいつが、戻ってきた。今度こそ、ここまでやってくるだろう。

 足音が、近づいてくる。なんだかさっきより、足音が重い気がする。

 けどまあ、そんなことは気のせいさと首を振り、神経を()()ます。

 なんだか、あいつの鼻息が荒い気がする。ぶひぶひ、という豚のような鼻息だ。

 なんだ、疲れているのか?

 情けないやつめ。普段は威張っていても、しょせん、その程度なのか。

 ぼくはにやりとする。好都合だ。

 疲れているなら、注意力も落ちているに違いない。

 足もとも、おろそかになるだろう。

 そら。

 落ちた。

 

 鋭い悲鳴と、うめき声。

 ぼくは素早く()(かげ)から飛び出し、ポリタンクを手に、穴に駆け寄る。穴のなかを見もせず、タンクのなかの液体を流し込む。

 どしゃどしゃ流し込む。これでもかと、湯水のように流し込む。

 あとは、()(だね)だ。(かみ)(くず)にライターで火をつけ、なかに放り込む。

 (ぜつ)(きよう)があがる。

 あいつの(だん)(まつ)()だ。いい気味だ。

 ぼくはとどめとばかりに、竹(やり)を構え、穴のなかに突き入れる。

 肉をえぐる、感触。ひとのお腹は、思ったよりずっとやわらかかった。

 ぼくは目をつぶり、無我夢中で何度も、何度も(やり)を突く。

 

 やがて、抵抗がやんだ。

 ぼくはおそるおそる目を開け、穴のなかを(のぞ)き込む。

 そこには、あいつの死体が――。

 なかった。

 かわりに、豚に似た二足歩行の太った生き物が、全身から血を流して死んでいた。

 赤茶けた(はだ)の、太った生物だった。

 しかもその血の色は、青だった。全身から青い血を流していた。

「は?」

 ぼくは思わず、間抜けな声を出す。

 竹(やり)を、ぽろりと落とす。

 その拍子に、太った豚人間が、(あえ)ぐような声を出した。

 豚人間の身体が、ぶれる。いや、(かすみ)のように消えようとしている。

 ぼくは目をしばたたいた。

 あっけにとられて見守るなか、豚人間の身体が完全に消えて……。

 ファンファーレが、耳のなかで鳴り(ひび)いた。

「あなたはレベルアップしました!」

 中性的な声が聞こえてきた。視界が白に染まる。

「ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける」を読んでいる人はこの作品も読んでいます