モンスターのご主人様

日暮眠都

プロローグ とある洞窟での出来事 / 01 異世界転移した学生たち (1)

プロローグ とある(どう)(くつ)での出来事

 

 人間なんてのは(くず)ばっかりだ。

 (どう)(くつ)の奥で身を縮め、絶え間ない苦痛に(さいな)まれながら、おれは(じゆ)()の言葉を吐き続けていた。

 そうすることしかできなかった。

 まともに休息を取っていない体には、疲れ切ってしまってうまく意思が伝わらない。

 ()(さん)が胃を焼くくらいにお腹がすいていて、眩暈(めまい)が脳味噌を揺らしている。

 呼吸は熱っぽく不安定で、もしも病気にでもなっているのだとしたら、ますますおれには先がなかった。

 おれは自分自身が、絶体絶命の危機にあることを認めざるを得なかった。

 ……(ちく)(しよう)っ。(ちく)(しよう)! どことも知れないこんな場所で、ひとり寂しく死んでいくなんて。

 こんな目に()わなければいけない、どんな罪をおれが犯したというのだろうか。

 いいや、違う。

 おれはなにもしちゃいない。やったのは連中のほうだ。おれはあくまで被害者に過ぎない。

 だから、おれは(じゆ)()の言葉を吐き続ける。

 そうすることで、いまにも()き消えそうになる意識を保とうとする。

 多分、この憎しみが消えるその瞬間こそが、おれという存在がなくなってしまうそのときなのだろうと思うから。

 しかし、そんなおれの努力をあざ笑うかのように、(どう)(くつ)の入り口のほうから物音が聞こえてくる。なにかを引き()るような音。(たましい)(けず)り取るような不吉な(さつ)()音だ。

 ……来るな。来るな来るな来るなっ!

 おれは心のなかで叫ぶが、音はどんどん近づいてくる。

 もう駄目だ。逃げられない。

 絶望的な気持ちでうずくまったまま、おれは視線を物音のするほうへと向けた。

 

 そこに、半液体状の体組織を持つ、2メートル超の化け物がいた。

 

「……ぁあ」

 モンスター。それは、おれたちがそう呼んでいる、人間にとっての天敵だった。

 おれたちが便(べん)()(じよう)『スライム』と呼んでいるその化け物は、目玉のひとつもないくせにおれのことを見付けたらしい。見た目からは思いもよらない(しゆん)(びん)さで近づいてきた。

 逃げようもない。そもそも、おれにはここから立ち上がる体力すら残っていなかった。

(ちく)(しよう)め」

 投げ出されたおれの手が、まず強烈な消化液によって()われていく。(はだ)が侵される痛みは疲れ果てた(のう)(ずい)に届くことなく、(しび)れと(そう)(しつ)感というかたちで伝わった。ああ。どうやらおれの人生はここで終わりらしい。

 (いや)だ、(いや)だ、(いや)だ。それだけは(いや)だ。

「……誰か、おれを助けてくれ」

 そんな情けない言葉を最後に、おれは意識を手放した。

 それはおれが人間というものに絶望して、3日後の朝のことだった。

01 異世界転移した学生たち

 

 おれこと()(じま)(たか)(ひろ)の通う○○県立第一高等学校の生徒、および教員が異世界に転移したのは、1ヶ月ほど前のことだった。

 授業中、突然の(めい)(てい)感に(おそ)われたと思ったら、おれたちは知らない景色のなかにいた。うっそうとした森。じめじめとした空気。そこは明らかに現代日本ではないどこかだった。

 見ず知らずの場所に突然放り出されたおれは、状況を()(あく)しかねてただ立ち()くしていた。

 やがて(そう)(ぜん)とする学生たちを教師たちや数人の学生が取りまとめ始めた。

 しばらくすると教師のひとりが、あたりの様子を確かめてくると言って森のなかに姿を消した。英雄的な行動だった。きっと責任感のある、いい先生だったのだろう。あいにく、担当の学年ではなかったおれは、彼の名前を知らなかったが。

 名も知らぬ彼の(だん)(まつ)()の悲鳴が聞こえてきたのは、それからすぐのことだった。

 血も(こお)るような恐怖に身をすくませたおれたちの前に現れたのは、体長5メートルを越える直立歩行するトカゲの化け物――ゲームの世界から抜け出してきたようなドラゴンだった。

 大きくたくましい(こう)(がい)には、(てい)(さつ)にいった教師の死体が(くわ)えられていた。

 ぶらんと()れ下がった(うで)(したた)(せん)(けつ)。生徒たちはパニックに(おちい)った。

 そんななか、おれは誰かに突き飛ばされて地面に転がった。何度か()まれて、(つぶ)れた(かえる)みたいな悲鳴をあげた。あれで大()()をしなかったのは、本当に幸運だったと思う。

 現れたドラゴンから離れた場所にいたのも幸運だった。おれと違って運の悪かった生徒たちは次々とドラゴンに()われていった。

 3人目、だったと思う。(しり)(もち)をついた男子生徒がひとり、ドラゴンに追い詰められているのが見えた。おれは転んでいて逃げ出すこともできなかったから、その光景を最後まで見届ける()()になったのだ。

 (こし)()かした彼の上半身が鋭い(きば)に噛み裂かれようとする、その寸前。

「ひっ、ひゃあああああああああっ!」

 多分、なにを考えたわけでもなかったはずだ。

 男子生徒は彼にできる精一杯の抵抗として、両手を大きく振り回した。

 目にもとまらぬ速さで、想像も及びもつかない重さをもって。

 次の瞬間、ドラゴンの巨大な顔面が肉片となって吹き飛ばされた。

 冗談のような光景だった。実際、一番驚いていたのは竜殺しの生徒本人だっただろう。

 こうしておれたちは最初の(きよう)()をやり過ごした。

 おれたちに与えられた力――チート能力によって。

 

◆ ◆ ◆

 

 異世界転移の物語を読んだことがあるだろうか。

 残念ながら、おれはその手の書物を手に取ったことがない。

 おれと仲のいいオタク気質の友人が語るところによると、現代日本に住む学生がファンタジー世界に飛ばされるというのは、最近一部の若者に人気のテーマであるらしい。しかし、どうしてそんなジャンルの物語が人気なのか、最初聞いたとき、おれには理解できなかった。

 だって、そうだろう? 平和ボケした現代日本で生まれ育ったおれたちは、なんの力もない学生でしかない。剣と魔法の異世界では、おれたちなんてただ()われるだけの存在でしかないのだ。せいぜいこそこそと隠れ住むのが関の山。それでは物語が成立しない。

 そうしたおれの()(もん)に答えたのが、チート能力という(がい)(ねん)だった。

 チートというのは、本来『ズル』を意味する言葉だが、日本ではネットゲームなんかのコンピュータ・ゲーム用語として、改造ツールを使って本来はありえない操作を行うことをいう。

 異世界に行った人間が非常識なほどに強力な力を手に入れるというのは、異世界転生・転移の物語において一種のテンプレであるという。こうして得られた力のこともチートというのだそうだ。なるほど、うまいことをいうとおれは感心したものだった。

「モンスターのご主人様」を読んでいる人はこの作品も読んでいます