異世界でもふもふなでなでするためにがんばってます。

向日葵

0 プロローグ / 1 この展開は聞いてない! (1)

0 プロローグ

 

 結果だけ言うと、私、秋津みどり二十七歳は死にました。

 突然死ってやつなんだけど、要因は過労かな? 働きすぎっていう自覚はあったし、体調もずっと(かんば)しくなかったんだよね。

 まぁ、忙しさにかまけて、病院に行かなかった私が悪いんだけど。

 てか、過労死認定ってどうなるんだっけ?

 愛社精神なんてもんは持ち合わせてないが、親会社が株式上場したばっかりのこの時期、契約社員とはいえ、過労死しましたってイメージ悪いよね……。

 うちの会社、子会社なんだが倒産とかしないよね? ……あー、親会社のやつからボロクソ言われている上司の姿が、脳裏をよぎったよ。

 正直、親会社はどうでもいい。現場を見ない上なんてクソックラエ。

 さて、どうしたものか……。

 悩んでいたら、神様から声をかけられました!

 困ったときの神頼みよろしく、相談してみた。

 そしたら、神様の条件をのむなら、どうにかしてくれるってさ。

 神様から出された条件は『転生』――。

 アスディロンという異世界で、人間を滅ぼすかどうか決めてこいとサクッと言われまして……。

 それってどうよと思いながらも、詳細を聞いてみた。

 要約すると、アスディロンの人間たちは、『自分たちは神に選ばれた種族であり、世界を管理するのも人間に与えられた使命だ』みたいなことを振りかざし、アスディロンに住むエルフや獣人、魔族を迫害しているそうな。

 世界が違えど、人間の考えることって変わんないんだねぇ。なんかそういう展開、世界史で習ったもんね。

 でも、なんで神様が決めちゃいけないの? って聞いてみたら、神様にとってはどの種族も自分が創り出したものだから、決められないってさ。

 自分勝手だなー。

 …………ちょっと待てよ。転生ってことは、結局私死んでんじゃん!

 二十七歳で死ぬのは天命だから、神様にも変えられないって言われた……。

 転生して、滅ぼすかどうかを決めたら、死に方を選ばせてくれるって……。

 死に方ってなんかヤダな……。

 条件をのむべきか、それとも過労っぽい突然死のままいくか。

 んー、親会社は国とも繋がっている(天下り先ともいう)から、揉み消してそうだしな。

 断ろっかなーって思っていたら、神様が好きな能力を授けるからって言ってきた。

 能力ってことは……チートか!?

 今はやりの転生チートですね!!

 何がいい? って聞かれたから……、

「もふもふしたい!! 可愛い動物たちと(たわむ)れたい!! 癒しプリーズ!」

 と心の底から叫びましたよ。

 異様なテンションに神様は若干引いていたけど、しょーがない!

 動物好きな私にはもふもふが一番の癒し。実家の猫にもふもふすると、敵認定されて流血沙汰になるのにやめられない。

 …………ぁぁぁ!!

 承諾したってことじゃないかぁぁ!!

「ちょっ! タンマ!!

「じゃあ、人間以外の生物に好かれるようにするから、自分の好みの子探してね」

 おぉ! てことは、ネコ科の猛獣とか(もう)(きん)類とか、今までの世界じゃ味わえなかったもふもふが堪能できるんだねー!

 じゃねーよ、自分! 神様も人の話を聞けぇぇ!!

「ダイジョウブダイジョウブ! 素敵な家族を選んでおいたから」

 見事なスルースキルですね。

 なんで私、こんなやつに捕まっちゃったんだろう?

 日頃の行いってやつですか。そうですか……。死ぬ前の自分が憎い!

 とりあえず、晴れやかな笑顔の神様を一発殴ってから、ちゃっちゃと逝ってきます。

1 この展開は聞いてない!

 

 アスディロンの三つある大陸の中で、一番大きなラーシア大陸にあるガシェ王国。王家に連なる血筋のオスフェ公爵家に第三子の女の子が産まれた。

 ネフェルティマと名付けられ、現在生後十日目。

 あっれー?

 赤ちゃんになってるんだけど??

 産まれたばっかりで自我があるってどうよ。嫌がらせの(しゆう)()プレイか、これは! 誰が喜ぶんだよ!

 って、あいつかっ!!

 目を覚ましたとき、体が動かないのと、目の前に超絶美人さんがいてビックリしたよ。

 美人さんはお母さんで、お父さんもテライケメン。ちょっと経ってお兄ちゃんとお姉ちゃんがいることがわかったけど、二人とも両親にそっくりなイケメンと美人だった。

 そういや、前世? の両親と姉兄は元気かな?

 実家を出て、東京で一人暮らしをしていたんだけど、まさかの孤独死だもんな。兄弟の中で一番健康体だった私が真っ先に死んじゃったから、ビックリしただろうな。なんせ、二十七年間大きな病気も怪我もなく、インフルエンザにすらかかったことなかったし。

 親不孝な娘ですんません。あの世で会えるのはもう少し先になりそうなんで、待っててね。

 んで、十日かけて集めた情報が、赤ちゃんになっていたことと、名前がネフェルティマに決まったことと、お家が公爵家だってことかな。

 そんな無駄設定いらんがな。

 赤ちゃんだともふもふできないじゃないか!!

 と思っていたら、お家にわんこがいました。

 ボルゾイ並みにでっかくて、オオカミみたいにゴツイ白い犬がボディーガードみたいにいつも側にいる。

 名前はディー。私が()()ったときは尻尾でもふもふしてくれるよ!

 食って寝て甘えるだけの赤ちゃん生活……憧れていたニート生活じゃないか!?

 ふむ。そう考えると、赤ちゃん生活も捨てたもんじゃないな。

 ちょっと前、首がすわったころだったかな。お庭へお散歩に連れてってもらったんだけど……羽毛に埋れた。

 ダジャレとか()()じゃなく、いろいろな鳥に群がられ、息ができなくて大変だった。

 お母さんもビックリだよ。

 さすがに転生したばっかりなのに窒息死とか嫌すぎるので、鳥さんたちには『ほどほどに』と心の中でお願いしたら通じました。

 ほんと、素敵な力をありがとう、神様!

 それだけは感謝するよ!

 でも、贅沢を言うなら、公爵家じゃなく平民がよかったです。

 平民にしたら、人間と関わらず、森とかに引きこもりそうだと思われたんだろうな。まったくその通りだがな!

 パパンとママンに甘えたり、お兄ちゃんやお姉ちゃんに遊んでもらったり、まったり過ごしてたら、ハイハイできるようになったぜぃ!

 そうしたらディーがますます過保護になったぜぃ。

 うろちょろしすぎると、動物の赤ちゃんよろしく、首んとこ咥えられて連れ戻される。

 神様からもらったもふもふ能力、マジ癒される。

 思う存分赤ちゃんライフを満喫していたら、結構成長していた。

 子供の成長って、本当に早いんだね。

「異世界でもふもふなでなでするためにがんばってます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます