箱庭の初恋【SS付き電子限定版】

北山すずな

プロローグ / 第一章 (1)


   プロローグ


 彼がやってくる。
 憎い、憎い男が。
 白いウエストコートをまとい、金の肩章(けんしょう)、青い飾帯(しょくたい)を施した姿は、まるで王の後継者のよう。
 公女は彼を(にら)みつけて言った。
「いっそわたしを殺しなさい」
 あなたに抱かれるくらいなら、という意味を込めて。しかし彼はいっこうに動揺する気配も見せず、(かす)かに口元を引き上げてこう言うのだ。
「どんなに(みじ)めな境遇になっても、生き延びろというのがお母上の遺言でしたね。それがどういうことかわかりますか」
 ──どんなに惨めな境遇でも……?
 公女はこれまでの日々を思い浮かべた。
 父が王妃との姦通罪で処刑された。
 子ども心に、父母の愛情は揺るぎなかったので、冤罪(えんざい)だと思う。
 やがて王の求婚を断った母も反逆罪で死んだ。
 追い立てられるようにして、公女は弟と逃げた。
 暗い墓の中で息を(ひそ)めて、追手の追跡に耐えた。
 足を傷だらけにして、高熱を出して倒れるまで山道を歩き続けた。
 見栄えのひどく悪い、粗末な食事も我慢して食べた。
 それなのに最愛の弟まで殺された。
 来し方を思い浮かべると、彼女の幸せは七歳までに取りつくしたのだと思う。
 そして今、白い絹地の夜着に身を包み、淡い薔薇の香りをまとって寝所にいる。
 憎むべき男に、純潔を奪われようとしていた。
 彼は公女の顎を掴んで仰向かせた。
「それは──たとえ娼婦のように抱かれても、という意味ですよ」
 彼は悪魔だ。悪魔は時に美しい人間の姿で現れるのだ。
 端正な顔が下りてきて公女の唇を(ふさ)いだ。
 柔らかい感触に彼女は一瞬身じろいだが、抵抗はしなかった。
 そこに、微かな愛情が潜んでいる気がして戸惑う。
 彼は顔を離すと、公女の夜着のリボンを引いた。
 たちまち胸元がはだけ、薄青い静脈の透ける白い肌が(あら)わになった。
「……あっ」
 彼女は小さな子どものように怖気づき、冷気に震えた。
「愛もないのにそんなことができるというの?」
「王の命令であれば何でもします。それとも、ひとかけらの愛情を所望しますか?」
 所望、って何。わたしが彼の愛を望むというの?
 恐怖をおしのけて、怒りがわいてきた。
「ばかばかしい。あなたなんか、どんなに憎んでも憎み足りないわ。わたしを甘く見ないで! わたしは(けが)されたりしない、こんなことで」
「それでけっこうです。俺は貴女(あなた)を──」
 男は表情を押し殺した薄紫の虹彩を向けて言った。
「貴女を愛してなど、やらない」
 かすれた声を耳朶に残し、彼は覆いかぶさってきた。

   第一章


 原生林の中にぽっかりと口を開ける石の楼門(ろうもん)は、黄泉(よみ)の国へと通じている。
 薄日に照らされ、緑色に煙る大墓地は、内部も王族の棺も、ここから切り出された大理石でできている。
 ユーリは頭陀袋(ずだぶくろ)を肩にかけて北を目指していた。
 希望を抱いてやってきたものの、王都メースには望むものは何もなかった。
 乱心した王と(おび)える民がいるだけだ。
 そしてこれから、世にも残酷な(まつりごと)が行われようとしている。
『フリント公爵の子どもを探して連行せよ。公子はその場で殺してもよい。見つからない場合は国中の同じ年頃の子どもを全て捕らえて殺せ』
 ──ばかげている。
 七歳の公女と三歳の公子に、目くじらをたてる理由がわからない。
 自分は十四で、その年には該当しないから、逃げるというわけではない。ただ、無意味にここにいるより、ランズベリーの寒村に帰ったほうがましだろう。
 あそこには何もないが、まともな人の心は残っているはずだ。
 不気味な洞窟は王族たちの墓で、内部は蟻の巣のように複雑だ。
 死臭のする岩窟墓地を行くか、遠回りでも陽光を浴びた獣道を行くか。
 逡巡したのち、ユーリは墓地の抜け道を選んだ。
 森は今、騒がしすぎるのだ。今も、兵士たちの声が飛び交っているのが聞こえる。
「子どもの足だ、そう遠くまでは行くまい」
「そっちにいたか」
「いや、いないぞ」
「出てこい! 出てくれば命だけは助けてやる」
 子どもでもわかる嘘だ。
 愚鈍(ぐどん)な兵が威嚇(いかく)しながらターゲットを追いつめていく。
 手の内をさらしながら、とでも言おうか。
 彼らが目の色を変えて子どもを探しているのは、莫大な報奨金と名誉が待っているからだ。
 ──でも、俺には関係ない。
 子どもを殺してまで地位と金を得て何になろうか。
 それよりも、自分には縁のない『王族の墓』というものを土産話に見ておこう。
 松明(たいまつ)に火を灯して、ユーリは洞窟に入っていった。
 そこには代々の王の墓が並んでいる。
 八百年前のヒンギス王から脈々と受け継がれた王家の血統は、亡きフリント公爵の二人の子どもだけとなった。
 他国から婿入りしたバルテル王は、今、それを完全に絶とうとしている。ばかばかしい限りだが、騎士従卒にすぎない自分に何ができるというのだろう。王の暴挙に、ユーリは失望し、城を去った。
 故郷に帰れば、また貧乏暮らしが待っているし、こんなふうに王族の墓を見ることも、もうないだろう。
 静かだ。自分の足音と、松明の火のはじける音が響く。
 亡霊にでも出くわしたなら、それはそれで面白い。
 大規模なこの墓地には、いくつかの分岐と地下道がある。
 蟻の巣のように複雑な岩窟は、既に兵士たちに荒らされていた。
 あちらこちらに配置された大理石の棺の前に、白い塗料で×印が書かれている。
 子どもを探したという印だろう。
 そうでもしないと見逃してしまうほど複雑なのは確かだが。
 ×印の並んだ通路の奥で、ふと何か動いた気がした。
 蝙蝠(こうもり)なら天井だが、墓石の陰なので、ネズミかもしれない。
 ユーリは息を止めて、気配を探った。
 目を閉じる。
 視界を自ら(ふさ)ぐと、死の気配に包まれた。
 (ほこり)とカビと遺体の匂い。
 黄泉の国に息を(ひそ)めて立つと、暗闇の中に明確に(せい)の存在が浮き立つのがわかった。
 そして彼は、薄紫の目を開き、ある一点を目指して歩き始める。
 狙いどおり、『ネズミ』は墓石の陰に隠れていた。
 兵士たちの隙をついて、調査済みの×印のついた場所に移動したのだろう。
「おまえは──」
 ユーリが話しかけると、(いきどお)った声が返ってきた。
「……むこうへいきなさい。あなたに用はないわ」
 高慢そうな子どもだ。ユーリの目が闇に慣れてきて、白い塊を捉えた。
 これではどこにいても目立ってしまうだろう、カシミヤの白いマントを着た子どもが顔を上げた。バルテル王が探しているのは七歳と三歳の姉弟だが、そこには少女がひとりいるだけだ。
 小さな顔にくっきりとした大きな目、暗がりだがその虹彩は青だ。
 赤く小さな唇は果実のようにみずみずしい。墓地に気まぐれに咲いた可憐な花かと思うような美しい少女だ。恐怖と警戒心を取り除いたならさぞかし愛らしいだろう。
 白い頭巾付きマントの合わせ目には金枠で縁取られたルビーのブローチがついていて、ユーリの松明の明かりに血のような色で輝いている。
 ユーリが凝視していると、白いマントがもぞもぞ動いた。彼は腕を伸ばし、マントをめくった。
「やめて!」
 ──やはり、そうか。
 少女と同じ金髪の、おかっぱ頭の子どもが閉じ込められていた。
 年の頃は三つか四つといったところだ。
「ヘレナとエドマンドだな?」
 ユーリは尋ねた。訊くまでもなかったが。
 彼女は答えない。弟の泣き声が漏れないよう、必死にその鼻と口を手で塞いでいたので、弟の顔は赤くなっていた。
「そのまま押さえつけていれば窒息して死ぬ」

「箱庭の初恋【SS付き電子限定版】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます