焦れきゅんプロポーズ~エリート同期との社内同棲事情~

水守恵蓮

サヨナラ (3)

 クスクス笑われても、智美は肩をすくめるばかり。

「……勇希と一緒にいる部屋より、ずっといい」

 抱えた膝の上に顎をのせてポツリとつぶやくと、佳代が困ったような目をしてため息をついた。

「そんなわけないでしょ。三年も一緒に暮らしてるんだから」

「時の流れるまま、過ごしてただけ」

「私は、仲よくていいな~って思ってたんだけど?」

 首を傾げる佳代に、智美は一瞬黙り込む。

 智美が思うに、仲がよさそうに見えたのは、せいぜい同棲一年目ぐらいまでだろう。

「そう思ってるのは、私だけじゃないよ? としもよく言ってる。『喧嘩するほど仲がいいって本当だな』って」

 智美と勇希、そして佳代と勇希の親友のせんかわ俊哉は大手総合商社の同期同士。佳代と俊哉は、去年から付き合っている。

 それぞれ部署は違うけれど、同期会での繋がりもあり、お互いによく知っている関係だ。

「俊哉が言うにはね、勇希が仕事で実績上げてるのも、智美がそばにいるからだって」

 持ち上げすぎだ、と智美は自嘲した。

 勇希が仕事に集中できるのは智美がそばにいるからではない。身の回りの面倒ごとを自分でせずに済むというだけ。

 同棲を始めてから、勇希が次々と仕事で大きな成果を上げているのは、もちろん智美も知っている。

 最初のうちは、そんな彼が誇らしく、うれしいと思っていた。しかし、今となってはあの頃尽くしてしまったのが、そもそも間違いだったと痛感している。

「……勇希が未だかつてないくらい忙しいのはわかってる。社運を賭けたプロジェクトチームのリーダーに抜擢されて張り切ってるし」

 ポツリとつぶやく智美に、佳代が横目を向けた。

 海外営業部輸入グループ主任というポストに就く勇希は、現在、ヨーロッパの高級食品会社との合同プロジェクトに携わっている。

 昨今のおひとり様女子の増加による〝自分にご褒美〟〝プチ贅沢〟の風潮に乗じて、ちょっと高級なデリカテッセン事業への新規参入。プロジェクト発足から半年が過ぎ、ついこの間、ようやく食品会社との業務提携契約締結にこぎ着けたところだ。

 このプロジェクトが軌道にのれば、会社の業績にも大きく貢献できる。

 だからこそ、勇希は今、完全な仕事人間になっているのだ。

「勇希、秋の人事で、我が社創立以来、最年少で課長昇進するんじゃないかって噂だよ。同期一番の出世頭になりそうだよね~。ただでさえモテるのに、さらに人気出そうだよね~」

 人事部所属の佳代が、そんな極秘情報を匂わす。

「……そんなこと簡単に言っちゃっていいの? 佳代」

 仲がいい同期同士とはいえ、人事部の佳代が人事異動に関することを口にするのはご法度。

 智美が咎めるように目を向けると、佳代は立ち上がりながらシレッと返事をした。

「だって智美も勇希の昇格人事は予測してるでしょ? なんせ、今期の社長表彰有力候補だもんね?」

 キッチンに向かっていく佳代にそう問いかけられ、智美も言い淀んだ。

 営業企画部所属の智美は、まさにその〝社長表彰〟の候補者選別や調査、審査に関わる業務補佐にも就いている。実際に表彰された社員は、華麗な昇進劇を繰り広げているという統計結果がある。もちろん勇希も近いうちにそうなるだろうと思っていた。

 それを人事部の佳代の口から漏れ聞いてしまうと、よかったと思う反面、複雑な気分も湧き上がる。

 キッチンで、佳代がコーヒーを淹れている。インスタントだけど香ばしい香りが漂い、智美はボソッとつぶやいた。

「……期待もなにも。私、勇希に別れるって言ってきたし」

 それを聞いた佳代が、苦笑しながら部屋に戻ってきた。彼女は同じ柄のマグカップをふたつ手にしている。

「またまた~。智美、先月来たときも、最初は『もう別れる!』って言ってたじゃない」

 佳代はマグカップをひとつ智美に手渡すと、涼しい顔で向かい側にペタンと座る。

 彼女がカップに息を吹きかけて冷ます様子を見ながら、智美は自分を戒めた。

 勇希と喧嘩して佳代の部屋に転がり込むたびに、最初の数日は感情的にそう連発していたことは、たしかに否定できない。そして一週間やそこらで勇希が迎えに来ると、智美はおとなしく連れ帰られていた。

 本気のときには信じてもらえない。これは狼少年の童話に通じる話だろう。

 しかし。

 本気でこの先を考えるのなら、これがいいタイミングだと判断したのだ。

「うん。……だから今度は本当に、ここらでちょっと別れてみようと思って」

 静かに、感情を抑えながら言った智美には、佳代が見ても〝いつもと違う〟決意がみなぎっていたのかもしれない。

「……智美、本気?」

 佳代も眉をひそめて、うかがうような声色で尋ねてくる。

 智美はわずかに間を置いて、うん、と大きくうなずいた。

「そろそろ潮時だって思えたから」

 短い返事に、佳代は黙り込んでしまった。

 この半年で何度も繰り返されたふたりの喧嘩を、佳代は知っている。

 怒って落ち込み、ふて腐れてへこんで、最後は勇希のもとに戻っていく智美を、一番近くで見知っていた。

 智美が本気なら、無責任に止めるだけではいけないと、彼女はわかっているのだろう。

 佳代が絶句するのを見て、智美はさらに決意を強めていた。

 本当は、勇希が迎えに来る頃には、いつも通り仲直り、という気持ちもある。しかし、こうして同じことを繰り返すたびに、ふたりの間にあったはずの恋心が失われていくことを、智美が一番わかっている。

「この先一緒に過ごしたら、今以上に……お互いの存在が〝無〟になりそうな気がするから」

 苦いコーヒーを口にしながら、智美は自分に言い聞かせるように言った。

(うん。……それで間違ってない)

 心の中で何層にも積み重なった、勇希への不満。鬱屈した感情の最下層で、彼に恋をしていた頃感じていた淡いときめきは、固まってしまっている。

 この先、あのときめきを再び感じる日がこないのなら、もう恋人でいる意味がない。

 智美は、そう決心していた。


 翌日金曜日の朝。智美は佳代と一緒に出勤した。

 昨夜ゆうべ智美が佳代の家に転がり込んだ経緯については、ふたりともお約束のように口にしない。そのおかげで、ふたりが通勤途中で交わす会話は、ランチや飲みに行ったりするときと変わらない、明るく楽しい話題ばかりだ。

 朝からテンション高く笑いながら歩いていたら、まるうちのオフィスビルにあっという間にたどり着いた。

 エントランスのセキュリティに近づくと、ふたりとも習慣でバッグから入館証を取り出す。

「焦れきゅんプロポーズ~エリート同期との社内同棲事情~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます