カタブツ皇帝陛下は新妻への過保護がとまらない

桃城猫緒

第一章 永遠の初恋を (1)




第一章 永遠の初恋を



 ゲオゼル帝国皇帝夫妻が初めて出会ったのは五年前。

 リュディガー・ヨハン・マリウス・アルムガルドが二十歳、モニカ・ヘレーネ・クラッセンが十三歳の夏だった。

 半年後にたいかんしきを控えた当時皇太子のリュディガーにとって、その夏の休暇は心からくつろげる最後の長期休暇だったといえよう。

 この頃のゲオゼル帝国はところどころで暴動が起き、決してあんたいとは言いがたい状態にあった。リュディガーの父であり当時の皇帝であったドミニクは外交と軍事に弱くいくとなく領土争いの戦争に負け、大帝国のすい退たいを恐れる国民に強く退位を求められていた。

 世襲制とはいえ皇太子リュディガーの帝位継承が二十歳という異例の若さでおこなわれるのには、そんな明るくない理由があった。

 帝位を継承したあとは問題が山積みである。暴動の制圧、ドミニク帝政で失った皇室威信の回復、領土のだっかん、軍事の立て直し……。

 若き次期皇帝の肩にのしかかる問題の数々を思えば、せっかくの休暇と言えどリュディガーはとても明るい気分になどなれない。

 アルムガルド家は夏になると帝都を離れ、自然に囲まれた避暑地シュゲルの城で休暇を過ごすのが恒例となっていた。

 丘の下に湖の望めるシュゲル城は、ロマネスク建築の名残を留めた石壁の外観だ。部屋数は二百足らずとこぢんまりしたものだが、近年改装された内装は機械織りのカラフルなカーペットや大理石の壁で覆われ、各部屋にこうもりの翼の形をしたガスとうり下げられた豪華なものとなっている。

 涼しく爽やかな気候、雄大な景色、過ごしやすく不自由のない部屋。けれどそんな快適な休暇に来ていてもリュディガーの心は晴れず、彼は自室にこもって持ち込んだ書類の決裁ばかりしていた。


「兄さん。少しはきゅうけいして居間に下りてきなよ。モニカがサクランボのケーキを焼いたんだ、お茶にしよう」

 せっかくの休暇だというのに政務ばかりしている兄を心配して、五つ下の弟エルヴィンが部屋まで声をかけにきた。

 けれどその親切にまでリュディガーは渋い顔をする。

「いらん。甘いものは嫌いだ」

 とりつくしまもない兄の態度に、エルヴィンは眉尻を下げて肩をすくめる。

 ただでさえ帝位継承後の重責に悩ましいリュディガーが、シュゲル城に来てからますます不機嫌になっているのには、もうひとつ理由があった。

 今回の休暇には来客がいる。同じく避暑地シュゲルの別荘へ旅行に来ていたクラッセン一家だ。

 クラッセン一家は、ゲオゼル帝国の同盟国チェルシオ王国のこうしゃく家だ。そしてリュディガーの母ドーリスのとおえんにあたる。

 陣中見舞いに来たクラッセン一家は、母同士、子同士が意気投合ししばらく城に滞在することとなった。部屋はたくさんあるし客人をもてなすことが好きなドーリスも子供たちも大歓迎だったが、ピリピリしているリュディガーだけは不満をつのらせていた。

「あの小娘たちはいつまでいるつもりだ。早く別荘へ帰れと言え」

 エルヴィンに背を向け再び執務机に向かいながら、リュディガーはいら立った口調で告げる。

「ひどいこと言うなあ、兄さんは。僕はもっとずっとモニカにここにいてほしいよ。あんな可愛い子と毎日お茶が飲めるなんて、最高の休暇だ。ああ、この休暇が終わってモニカと離ればなれになる日のことを思うと、今から胸が痛いよ」

 うっとりと夢見るような口調で反論した弟に、リュディガーはますます眉間に深い皺を刻んだ。

 アルムガルド家は男ばかりの三人兄弟だが、クラッセン家は十三歳の姉と八歳の妹のふたり姉妹だ。エルヴィンはふたりの可愛いプリンセス、特に姉のモニカにすっかり心酔してしまっている。愛おしい妹でもできた気分なのだろう。

 そんな弟の態度が、リュディガーをさらに不愉快にさせる。

 リュディガーが朝や夕にふと窓の外を見ると、中庭で庭師と一緒に花をんでいる少女をよく見かけた。明るいブロンドの髪に青いリボンのついたサンハットをかぶった少女は、はにかんだような笑顔を浮かべノアゼット・ローズを丁寧に摘んでいる。花を大切にでるように扱う姿は純朴でいながられんで、リュディガーは何度も少女に目を奪われることがあった。

 けれど、彼女は二階の窓からリュディガーが見ていることに気づくと気まずそうにモジモジとした後、走って庭の奥へと逃げてしまう。

 エルヴィンが「モニカはとっても恥ずかしがり屋なんだよ」と言っていたが、あんな風にあからさまに逃げられると、自分が悪者にでもなったみたいで気分がよくなかった。

 ましてや昼間は一階の応接間から、エルヴィンたちと仲むつまじそうな声が聞こえてくるのだ。自分だけひどく避けられている気がして、リュディガーはますます面白くない。

 七歳も年下の、まだ礼儀もわからぬ子供のすることだ。そう頭では理解していたが、次期皇帝としてのうれいにとらわれている今のリュディガーには、無邪気に自分を避けるモニカがなんともざわりに思えた。

 それなのに朝や夕になるとつい窓から中庭をのぞいてしまい、また逃げられてまた苛立つ。その繰り返しにへきえきした彼は、いっそ早くクラッセン家がこの城から立ち去ることを願うようになっていた。

 そんな次期皇帝の青年と公爵家の少女の隔たりが変わらないまま、一週間が過ぎた日のことだった。


「うるさい!!

 シュゲル城の二階に、リュディガーの怒鳴り声が響き渡った。

 きゃあきゃあときょうせいを上げながら階段を駆けのぼっていたクラッセン家の次女エラとアルムガルド家の三男ニクラス、そしてふたりを注意しながら追いかけてきたモニカは、威圧的な怒声に身体を硬直させる。

 この日は朝から雨降りで、幼いエラとニクラスは元気を持て余し城中を走り回っていた。ふたりの面倒を見ていたモニカは、うるさくしてはいけないとさんざんたしなめたのだが効果はなく、どうやら最悪の事態を招いてしまったようだった。

 自室から勢いよく飛び出しいっかつしたリュディガーの姿を、エラもニクラスもモニカもぽかんと見ている。

 やがて怒声を聞きつけたじょが「だから言ったではないですか、リュディガー殿下のお部屋の近くに行ってはならないと!」と顔を青ざめさせて駆けつけたのを見て、リュディガーは不機嫌な表情のまま大きな音をたててドアを閉めた。

 幼いエラとニクラスがだんだんと泣きだしそうな顔になっていく。モニカはふたりを落ち着かせるため抱き寄せようとして気づいた。自分の手が震えていることに。

「お姉様、あのひと怖い……」

 目に涙を浮かべ抱きついてきたエラの頭をでながら、モニカの胸も恐怖と緊張にはやがねを止められずにいた。

(リュディガー皇太子殿下って、なんだか近づきにくい……。ニクラスもエルヴィンも明るくて優しいのに、どうしてあの方はあんなに厳しくて怖いのかしら……)

 中庭で花を摘んでいるときも、強い視線を感じて建物を見上げると必ずリュディガーがいかめしい表情で立っていた。気軽に手を振ることもできず、モニカはいつも気まずいものを感じていた。

(やっぱり次期皇帝になられる方は厳格でなければいけないのね。とても尊敬するけれど……仲よくなるのは難しそう……)

 ずっしりと胸が重くなるのを感じながら、モニカはすっかり元気をなくしてしまったエラとニクラスと手をつないで、一階の居間へと戻っていった。

 それ以来、モニカはますますリュディガーを避けるようになってしまう。彼を怒らせてはいけないと、二階にすら近づかないありさまだ。

 中庭に出ると窓からリュディガーが見ていることがあるので、毎日楽しみにしていた摘みもやめてしまった。

 けれど、オータム・ダマスクローズのつぼみほころびはじめたと庭師が教えに来てくれて、開花を楽しみにしていたモニカは見にいきたくてたまらなくなる。

(どうしよう、とても見にいきたいけど……リュディガー殿下に見つかったら、なんだか怖いし……)

 もともと内気なモニカはもはや彼の視界に入ることさえ萎縮していたが、ずっと楽しみにしていた開花を見ることもあきらめられず、うんと悩んでからひとつの策を思いついた。

 それは、まだ誰も起きてこない早朝にこっそりと中庭に行くことだった。

(夜明け頃ならきっとリュディガー殿下もまだ起きてこられないわ。庭師のおじさんも起きていないかもしれないけど……いいわ、ひとりで行っちゃおう)

「カタブツ皇帝陛下は新妻への過保護がとまらない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます