カタブツ皇帝陛下は新妻への過保護がとまらない

桃城猫緒

プロローグ 新婚初夜の失敗




プロローグ 新婚初夜の失敗



「泣いている女は抱けない。今夜は中止する」

 目の前の男がけんしわを寄せそう告げたのを、モニカは死刑宣告を受けたような気持ちで聞いた。

「ご……ごめんなさい。泣くのは我慢します。だから……」

 琥珀色アンバーの瞳からポロポロと流れる涙を必死に手でぬぐう。けれど気持ちが焦っているせいか涙は止まるどころか、ますます溢れ頬を伝って枕を濡らすばかりだ。

 モニカが必死に泣きやもうとしているうちに男――彼女の夫であるリュディガーは、覆いかぶさっていた身体からだを離しナイトガウンを着るとベッドからおりてしまった。

「待って、待ってください、リュディガー陛下!」

 必死に引きとめようとするモニカの声に、リュディガーはわずかに振り向き彼女を見やった。

 暗い部屋では純黒に見える彼の瞳にベッドサイドのランプが映り込み、本来の色である深いみどりよみがえる。そのすいがんに見つめられ、モニカは胸の高鳴りと共に緊張を覚えた。

 リュディガーのグリーン・アイは美しい。まるですいせきのような輝きを持つ瞳に見つめられると、うっとりと酔いしれてしまいそうになる。

 けれど美しいのは瞳だけではない。リュディガーは人目を惹かずにはいられないほど端正な顔立ちをしていた。

 男らしくせいかんな輪郭に、高い鼻。切れ長の瞳には長いまつげが縁取っていて、大人らしい落ち着いた雰囲気をかもしている。髪は茶色がかった黒で、前髪をあげ横に流すスタイルは彼にとても似合っていた。

 リュディガーの妻という立場になっても、モニカはその美しさになかなか慣れない。見つめられるたびに胸がドキドキしてしまう。

 けれど今は状況が状況だ。しかも彼の表情からは、決してよいとはいえない機嫌がうかがえた。ひそめたまゆと引き結んだ口元が、モニカに対する非難を含んでいるように見える。

「あ……」

 そのようそうしゅくし、モニカは口をつぐんでしまった。それを見たリュディガーはきびすを返すと寝室のドアへと向かっていってしまう。

 開かれた扉から出ていく夫の背を見つめ、モニカは絶望的な思いで両手で顔を覆った。

(呆れられてしまった……。リュディガー陛下に嫌われてしまったわ。みんなが、国民が期待しているのに、私は皇后の義務を果たせなかった……)

 目の前が真っ暗になり、閉じたまぶたの裏が熱くなってくる。

 モニカはひたすらに自分が情けなくなった。新婚初夜など世界中の誰もが経験し、問題なくこなしていることだ。それなのに自分は緊張と痛みに耐えきれず、ねやでさめざめと泣いてしまったのだ。夫の気持ちがえるほどに。

 胸がつぶれそうなほど彼女が自分をふがいなく思うのには理由があった。

 モニカは普通の新妻ではない。この大陸で一番の大国、ゲオゼル大帝国の若き君主、リュディガー皇帝に嫁いだ身なのだ。

 皇后は皇帝と契りを結び、子を成す務めがある。それはしゅう制で帝位が継がれるゲオゼル帝国にとって、皇后に課せられる一番重要な義務でもあり、四千万人を超える国民の大いなる希望でもあるのだ。

 その第一歩でもある初夜を、彼女は失敗してしまった。夫を男としてよろこばせだねを受けいれるどころか、情けなくべそをかいて、呆れた夫に行為を中断されてしまったのだから。

 皆の期待に応えられなかったこと、そして夫であるリュディガーにきっと呆れられたであろうことが、モニカは悲しくてたまらない。

(明日は必ず成功させなくちゃ……。もう絶対に泣かないように頑張らなくちゃ……)

「……だからリュディガー陛下……、私を嫌わないで……」

 ベッドの上で涙をこらえる若き皇后のつぶやきは、静まり返った寝室の闇に消えた。


 寝室を出たリュディガーは閉じた扉にもたれかかり、フゥッと大きく息を吐き出す。

 そして、さっきまでふれていた新妻のやわはだの感触を消し去るように、自分の手を強く握り込んで考えた。あそこで欲情を抑えられた自分をめてやりたい、と。

 まだたかぶった身体の熱は冷めていない。ずっと抱きたかった女を初めて閨に組み敷いたのだ、簡単に興奮が治まるはずがない。

 モニカのうるんだアンバーの瞳が自分を見つめ、果実のような唇が恥ずかしそうに甘い息をこぼす姿を見たとき、リュディガーは自分がけものになってしまうのではないかと思った。

 けれど、理性を忘れそうになったそのとき。モニカの瞳から宝石のような涙がひと粒こぼれ落ちた。

 驚いているうちに涙のしずくは次から次へと溢れ出し、ついに彼女は肩を揺らしてしゃくりあげ始めてしまう。

 その泣き顔すらもせんじょうてきに感じるおすの本能をとどめたのは、愛する新妻に無理をさせたくないという想いだった。

 モニカは少し臆病な性格だ。そんな彼女に初めての共寝で、愛し合うことは苦痛だという印象を与えたくない。日を改めるべきだと、リュディガーは判断した。

『泣いている女は抱けない。今夜は中止する』

 そう告げてさっさとベッドから出なくては、昂ぶった欲望は振り払えなかっただろう。

 本当はモニカが泣きやむまでそばにいてやりたかったが、それではなかなか身体の熱を冷ますことはできない。リュディガーは後ろ髪を引かれる思いで部屋を出た。

 しかし薄暗くひんやりとした廊下に出たものの、彼はなかなか部屋の前から離れられずにいる。

 未練がましい自分にちょうためいきを吐き、しばらく目を閉じて気分を落ち着かせてから、リュディガーは廊下の突き当たりにある部屋まで行きノックをした。

 夜中にもかかわらず、扉はすぐに開きフロックコートにネクタイを結んだじゅうぼくの男が顔を出す。

「寝室にいる皇后に温かい飲みものを運んでくれ。そうだな……はちみつを入れたものがいい」

 リュディガーが命じると従僕はうやうやしく頭を下げ、すぐに準備へと取り掛かった。

 ――これで彼女の気持ちが休まるといいが。

 夫婦の閨ではなく自分の寝室へと向かいながら、リュディガーはそう願った。

 ベッドで悲しみに耐える妻が、温かい飲みものより夫に戻ってきてほしいと願っているなど、これっぽっちも気づかずに。

「カタブツ皇帝陛下は新妻への過保護がとまらない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます