学校の怖イ噂

エブリスタ

四十三人目  砂神桐 (1)

四十三人目

砂神桐



 その転校生が現れたのは先週だった。

 名前も見た目も平凡で、まったく印象に残らない男子生徒。

 四十二人のクラスだから、一列七人の席が六列あるのだが、窓際の最後尾席にいた俺の後ろに、一つだけはみ出す形で転校生の席は設けられた。

 教科書とかは揃っているらしく、何か貸してほしがる様子はない。

 ただじっと授業を聞いていて、どういう訳か、休み時間になるとどこかへいなくなってしまう。そもそも印象が薄すぎて、いてもいなくてもあまり気にならない。だから最初はあれこれ話しかけようとしていたクラスメイト達も、次第に声をかけようとしなくなり、転校生は誰とも打ち解ける様子がないまま、ただ授業を聞くためだけに教室に現れているといった感じだ。

 それはそれで転校生の自由だから構うことはないのだけれど、後ろの席ができてから、どうにも俺の体調がすぐれない。

 本当に静かな奴で、後ろに人がいることを忘れてしまいそうになるくらい存在感がない。でもたまに、やたらと強烈な視線を感じる。

 話しかけられている訳じゃないから視線は気のせいかもしれない。でも本当に、やたら見られていると思う瞬間があって、その強い視線を感じた後には、体育で一時間ずっと走り続けさせられたような疲労感に見舞われるのだ。

「なぁ、誰か俺と席替わってくれよ」

 休み時間、冗談交じりに友達に訴えてみるが、今まで、窓際の一番後ろなんて羨ましいと散々言っていたくせに、誰一人応じない。建前上は、理由もなく席を替わったりしたら先生に叱られそうだから、と言っているが、みんなしてあの転校生の前の席へ座ることを避けている節がある。

 結局俺の発言は聞き入れられず、次の授業でも、たまに感じる強い視線に疲弊感を募らせていたのだが、ついに視線を感じる以上のことが起きた。

「……って」

 その声は、多分俺にしか聞き取れないくらいのごく小さなものだった。

 転校生が俺に話しかけてきている。でも声をかけられているのは判るのに、どうしてか、背後を振り返りこちらから声をかけるという真似ができない。

「……って」

 よく聞き取れないけれど多分同じことを言われた。その声が響くだけで背筋が震える程に冷たく凍てつく。

 何かを訴えられている。でもそれはうなずいてはいけない類のものだ。


 本能でそれを察し、俺はかけられる言葉に決してうなずかないことだけに意識を集中させた。

 チャイムの音と共に意識の緊縛は解かれた。

 いつも以上に疲れ果て、後ろを振り返ってみるが、背後にはもう誰もいない。

 最終の授業から放課後のホームルームまでという僅かな時間ですら、あの転校生はいなくなる。でもホームルームが始まる時には戻っていて、先生が教室を離れる時にはもう姿を消しているのだ。

 本人の印象が薄すぎて、深く関わろうとも思わないから何をしていても気にならなかった。でも今は、転校生の行動がかなり異常なものだと認識できる。

 他のクラスメイトに聞いても、いまだに、まともにあいつの名前を覚えたという奴はいない。顔も、教室内にいなかったら、廊下ですれ違っても本人だとは判らないと言う奴ばかりだ。

 生来なのかわざとなのか、誰にもきちんと認識されていない存在。そいつが俺にだけ何かを話しかけてきている。

 気味の悪さを拭えないまま、疲れた体を引きずるように帰宅する。と、珍しい相手に出くわした。

「よう、久しぶり」

 家にいたのは母方のいとこだった。家はそこまで遠くないが特に交流はない。というのも、こいつは根っからのオカルト好きで、普段からどうにも話が合わないからだ。

「随分顔色悪いけど、幽霊にでも憑りつかれてるの?」

 すぐこういうことを言ってくる。

 いつもなら絶対相手にしないけれど、俺にとってあの転校生は、まさに憑りついてきている幽霊のような存在で、つい、いとこの話に相槌を打った。

「ああ、かもしれない」

「俺の話に乗ってくるなんて珍しいね。何か、妙な体験とかしたの?」

 目を輝かせて尋ねてくるいとこに、俺はあの転校生のことを打ち明けた。

「あれ? そういう話、どっかで聞いた気が……」

 俺の話を聞くなりそうつぶやき、いとこはスマホで何やら検索を始めた。

「これこれ。このサイトの、この書き込み。見てよ」

 言われるまま書き込みに目を向ける。そこには『四十三人目』というタイトルと、名無しと書かれた投稿者名、そして書き込み内容が記されていた。

「四十二人が定数になっていた所に四十三人目が現れると、元々の定数の中から一人が、この世の外へ押し出されてしまう。何故なら四十三人は、四十二人=四二人=しにん=死人を超えた人数だから……何だこれ」

 ざっと目を通しただけで下らないと判る内容に、俺は呆れてスマホをいとこに突き返した。

 転校生は不気味だけれど、さすがにこうまで訳の判らないオカルト話とごっちゃにするのは無理がありすぎる。

 そもそも、四十二人が『しにん』で、四十三人はそれを超えた数って、語呂合わせのダジャレにしてもレベルが低すぎだ。

 いとこはまだ何やら書き込みの続きを読み上げていたが、ろくに聞く気も起こらず、俺は自室に引き上げた。……でも後になって、いとこがこの時家に来ていたことを、俺は深く感謝することになったのだ。


 翌日も、登校した時にあの転校生の姿はなかった。

 遅刻こそしないが、いつもホームルームが始まる寸前まで姿を現さない。もちろん今日も。

 いつの間にか席に着いていて、ひっそりと授業に参加する。強い視線を感じるけれど何かしてくることはない。昨日の最終授業までは確かに毎日そうだった。

 でも昨日から転校生の行動は変わった。

「……って」

「学校の怖イ噂」を読んでいる人はこの作品も読んでいます