エルフ転生からのチート建国記

月夜涙

第1話 エルフ村のシリル (1)

 

 

 俺はこの村が嫌いだ。そんなことを考えながら日陰で涼んでいた。

「サボったらダメだよ。シリル」

 すると、1人の少女が腰に手をあてて、注意してきた。

 背は150センチぐらい。光沢を放つくせのない金髪と、青色の目が特徴的な美少女。胸が手の平に収まるぐらいなことを除けば、スタイルもいい。

 14歳という年齢を考えれば、まだ成長の余地があるだろう。

 少女の名前はルシエ。俺が()(そうろう)させてもらっている家の娘だ。俺より生まれるのが3か月遅かったのに、おねーさん風を吹かせてくる。

「いいじゃん、どうせ頑張っても全部あいつらに持っていかれるんだから」

 俺はエルフの特徴である、人間よりも(じやつ)(かん)長い耳を()でながら(つぶや)く。

 ここは人間に支配されたエルフの村で、人口は少なく200人程度しかない。

 昔は自由気ままに狩りをし、森で自然の恵みを得ていた俺たちも、武力で無理やり言うことを聞かされ、人間に言われるがままに、指定された作物を育てて税を納めていた。村から逃げ出せば殺される。もはや昔の生活に戻ることはできない。

「だから頑張るんじゃない。あいつら、不作でも決まった量を持っていくんだから、いっぱい作らないと私たちは()えて死んじゃうよ」

「そっちのほうがましかもしれないな! あんな死に方するぐらいなら」

「怒るよシリル!」

「だってそうじゃないか。生きたまま心臓を(えぐ)られるんだ。先週だって見ただろ! あいつらわざと俺たちの前でやりやがった!」

 俺たちが人間から奪われているのは、農作物だけじゃない。

 俺たちの命すらも奪われている。

 エルフの心臓を生きたまま取り出すと、強大な魔力の結晶になる。

 人間たちはあえて、俺たちを皆殺しにせず、作物の(ちよう)(しゆう)と同時に10人程度(さら)い、心臓を(えぐ)り取って殺す。

 同情しているわけじゃない。その10人が俺たちを減らさずに維持できる数だからだ。

 毎回、老人や、体が弱く労働力にならないと判断された無力なエルフが対象になる。

 まるで家畜のような扱いだ。

「シリル。私は怒るって言ったよ」

 その言葉と同時に平手打ち。手加減されているのか、音の割に痛みが少ない。

「リッカだって、ルガーナおばあちゃんだって皆、もっと生きたかった。それでも文句を言わずに()(せい)になったんだよ! 自分が逃げれば他の誰かが()(せい)になるからって。なのに生き残った私たちが死んだほうがましだなんて言ったら、それが無駄になるじゃない。そんなこと言うんだったら、あの場で立候補すればよかったんだよ。そしたら生きたい人が生きられた!」

 その言葉が胸に突き刺さる。無神経だった。今回の()(せい)者の中には、ルシエの祖母と体の弱い妹がいた。

 生きたい人が生きられた、か……。

「その通りだ。次は俺が立候補するさ」

 もうまっぴらごめんだ。次の収穫期には、自分が選ばれるかもしれないという不安におびえるのも、村の皆のすすり泣きを聞かされるのも。

「ごめん、少し言いすぎた。私もこんなことを言いたかったわけじゃないの。ただ、頑張って欲しくて。昔のシリルみたいに目を輝かせて、いつか俺がこの村を支えるって言って欲しくて」

 投げやりな俺を見て、ルシエは悲しそうに言った。昔の俺か……。

「無理だよ。もう、俺はあきらめたんだ」

 かつては、偉大な村長である父の後をつぎ、もっと村を発展させようと意気込んでいた。

 その努力もした。だけど5年前、人間の(しん)(りやく)(あらが)って最後まで戦った父は死んだ。……父につき従った村人たちを大勢巻き込んで。

 その中には、俺の母親やルシエの両親も含まれていた。

 おとなしくしていれば、死人は減らせたはずだ。それを見て俺は思ってしまった。

 この世にはどうにもならないことがある。成り行きに任せるのが一番ましだ、と。

 その考えは、親代わりになって俺を育ててくれたルシエの祖母と、俺によく懐いてくれたルシエの妹のリッカが殺されても、変わらなかった。

 悲しかった。悔しかった、怒りで狂いそうになった。それでも行動を起こしてルシエまで失うほうが、ずっと怖い。

「私はシリルを信じているよ。シリルは弓も魔術も勉強も、なんでも1番で優しくて、何より一生懸命で、私たちの憧れだった」

「信じてるって何をだよ」

「いつか大人になったシリルが、この村を救ってくれるって」

 俺は苦笑いをした。そんなこと、できるはずがない。

 確かに人より少しだけ優れている。だけど、本気で戦って兵士を4~5人殺したところで、そのあと10倍の人数が押し寄せて殺される姿しか想像できない。

 いや、それすらも難しいだろう。

 俺は首に巻かれた銀色の首輪を()でる。魔術を発動しようとすると妨害してくる、()まわしい(じゆ)(じゆつ)()。これは村人全員につけられている。

 工具を使えば外せるが2度と取り付けられず、これを外したことがばれれば殺される。

 俺はどうしようもないほどに無力だ。

『本当にそうか? 俺はその程度の存在か?』

 頭に、自分とよく似た声が響いた。

「シリル、大丈夫?」

「なんでもない」

 ふらついた俺を、ルシエが支える。

 また、あの声だ。成長とともに頭の中から、声が響くようになった。

 なぜか、その声が大きくなるごとに体の使い方がうまくなり、魔術の力が強くなる。

「さあ、ルシエ、そろそろ仕事に戻ろう。これ以上さぼるのはさすがにまずい。ぎりぎり怒られないラインでさぼるのが、俺の信条なんだ」

「なら、私が怒る必要もないぐらいに頑張ってよ」

「それはできないよ。ルシエは俺に期待しすぎてる」

「しすぎてなんかない。だって、シリルならできるから」

 (くつ)(たく)のない笑み。そこには、俺に対する信頼があった。

 胸が痛い。この笑顔を見る度にどうにかしたいと思ってしまう。

 そして頭を(めぐ)らせ、いつも絶望する。自分の無力さに。

 この気持ちを味わいたくないから、必死であきらめた振りをしているのに。ルシエはそれを許してくれない。

『本当にあきらめる必要があるのか? ただ、おまえは(おび)えているのではないか? 弱いことを言い訳にできなくなるのが嫌で、目を閉ざしているだけだ。だが、周りは待ってくれないぞ、おまえが覚悟しようとしまいと、いずれ一番大事なものを失う』

「エルフ転生からのチート建国記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品