余命一年の勇者

からす

第一章 集団転移 (2)

 生まれた時から()(ごく)に在り、そして1年の余命を宣告された少年が抱く夢とは、一体どのようなものなのか。

 おそらくは、並々ならぬ願いに違いない。

 (とう)(どう)(かた)()を飲み、覚悟を持ってその言葉を待った。

 そして、(ゆう)の少女のような唇が、その夢を(つむ)いだ。

「……学校に、行きたいんだ」

 

◆ ◆ ◆

 

 春と夏が溶け合う、初夏の蒼穹(そら)

 陽は天高く校舎を照らし、そこかしこから部活に(はげ)む声が聞こえてくる。グラウンドには、元気良く動き回る少年少女の姿があった。

 教室の窓から広がるのは、そんな(さわ)やかな青春の情景だ。

 その快なる陽気に似合わぬ()(せい)が、放課後の教室に響く。

「おらっ!」

 (ゆう)の腹に、()(ぼう)()りが入れられる。

 小柄で(きや)(しや)な身体は容易(たやす)く吹き飛ばされ、けたたましい音を立て、机と椅子を巻き込みながら床に倒れる。

 衝撃と痛みに、(ゆう)の息が軽く詰まった。

「いっつ……」

 (ゆう)は軽く(うめ)きながらも、ふらふらと立ち上がった。

 そんな彼の小柄な姿を見下ろす、一人の少年。

 逆立てた金髪にピアスを付けた、明らかに校則違反の(ふう)(ぼう)だ。しかし、それを注意できる者は、誰もいない。

 (かす)()(きよう)(すけ)

 彼は、(ゆう)のクラスメイトである。

 その(さん)(ぱく)(がん)が、周囲のクラスメイトをぎょろりと(にら)みつける。

「何だよ()()()()ぁ……俺に文句でもあるのかよ、あぁ?」

「い、いや……何でも」

 制服姿の少年と少女が目を逸らす。

 今、この教室には(かす)()たちの他に10人ばかりの生徒が残っている。

 しかし、その誰もが(かす)()(ぼう)(ぎやく)を見て見ぬ振りをする。我関せずとそそくさと教室を出ていく者もいた。

 通りがかった教師も何ごとかと教室を(のぞ)いたが、(かす)()の姿を認めると、何も見なかったと言わんばかりに去っていった。(かす)()の機嫌を損ねないように、()(しやく)すらしていく始末だ。

 教師が一人の生徒の顔色を(うかが)う。一人の生徒の(ぼう)(ぎやく)を知りながら見過ごす。それが、この学校の日常だった。

 (かす)()はこの学校の出資者であり、政財界にも強い影響力を持つ一族の血筋であった。実家の後ろ(だて)を持つ彼には、生徒はおろか、教師ですら口出しができない。

 彼の(ぼう)(ぎやく)(いさ)めた教師や生徒が、家族ごと街から姿を消したなどという(うわさ)も立っており、(かす)()(きよう)(すけ)はまさしく暴君としてこの学校に(くん)(りん)していた。

 そんな彼に、(ゆう)は目を付けられてしまっていた。

「おい(かみ)(もり)、今なんて言った?」

 (かす)()は声に(すご)みを利かせて、(ゆう)(むな)(ぐら)を乱暴に(つか)み上げる。(ゆう)(きや)(しや)な身体が、ガクガクと揺さぶられた。

「だから、無理だよ……」

 (ゆう)(ほほ)に平手が振るわれる。()()を打つ(かん)(だか)い音が、教室に響いた。

「逆らえる身分だと思ってるのかよ、おい……!」

 入学して間もない頃から、(ゆう)はいじめられていた。主犯は目の前の(かす)()(きよう)(すけ)、そして彼に従う取り巻きたちだ。

 事あるごとに()()(じん)な要求を受け、暴力を振るわれる。

 そして今もまた、彼は取り巻きである少年たちを連れて、(しゆう)(じん)(かん)()(はばか)らず、(ゆう)を囲んでいた。

「なあ、別に難しいことは言ってねぇだろ……? あの女とちょっと〝遊ぶ〟のに協力してくれればいいんだからよ。それだけでお前にはもう何もしないって言ってんだろうが、あぁん!?

 己の意に否を突き付けられたことがよほど(しやく)(さわ)ったのか、(かす)()は目を血走らせながら(ゆう)(すご)んだ。

〝遊ぶ〟。(かす)()が彼女に何をするつもりなのか、(よう)()に想像ができる。

 それゆえに、断じて是と言えることではない。

「僕のことは殴ったり()ったりしてもいいからさ。だから……(あか)()さんまで巻き込むのは止めてくれないかな、(かす)()君……お願いだよ、ね?」

 そう言いながら、(ゆう)はせめて(かす)()の機嫌を良くしようと愛想笑いを浮かべる。

 しかし、それは逆効果だったようだ。(かす)()の顔が、みるみる(こう)(ちよう)していく。

「白髪のモヤシ野郎が、調子こいてんじゃねぇぞぉ!」

 怒声を上げながら、(ゆう)の身体を踏み付けようとして――

「何やってるのよ」

 ――少女の鋭い声に、止められた。

 正確には、身が(すく)んで動けなかった。

 その少女の声には、恐ろしいほどの険が込められていた。

 (かす)()たちは皆、その声に突き刺され、(しば)りつけられる。

 教室に残っていた生徒たちも、びくりと肩を震わせた。皆の視線が、声のした方へと向けられる。

 教室の出入り口に、一人の少女が立っていた。

 いかにも気の強そうな目鼻立ちの、(りん)とした()(ぼう)の少女。()(れい)な髪を背中あたりまで伸ばし、(りゆう)()をつり上げながら、教室の光景を(にら)んでいた。

 (ゆう)が、彼女の名を(つぶや)く。

(あか)()さん……」

 (とう)(どう)(あか)()

 (ゆう)が世話になっている(とう)(どう)家の次女。(ゆう)の同居人であり、クラスメイトでもある少女。(かす)()の言っていた〝あの女〟その人だ。

(ゆう)、帰るわよ」

 彼女は、ただそれだけを言うと大股で歩み寄る。(かす)()たちのかたわらを通り過ぎ、自分の机と(ゆう)の机から無造作に(かばん)(つか)んだ。

 (かす)()たちには(いち)(べつ)すらない。彼らなど眼中にないといった様子だ。

「……おい、(とう)(どう)てめぇ! 何無視してんだよ!」

 (あか)()は無言。形の良い唇は、むっつりと引き結ばれている。

 (かす)()の額に青筋が立つ。(ゆが)んだ唇が、(うな)るような声を()らした。

「邪魔してんじゃねぇよ、てめ――」

 そして続く言葉は、風切る音とともに止められた。

 (かす)()の鼻先に、(あか)()の足。

 一瞬で()り上げられ、(かす)()の顔面で寸止めされた回し蹴りの足先。

 顔を襲う風圧に、(かす)()は息を飲んだ。それは、周囲の取り巻きも同様だった。

「無視してあげてるんだから、ありがたく思いなさいよ、(かす)()。行くわよ、(ゆう)

 (れい)(たん)に言い捨て、(ゆう)の手を取って教室を出ていくのだった。

 

◆ ◆ ◆

 

「ごめんね、(あか)()さん」

 (とう)(どう)家への帰り道、駅へと向かう途中の商店街。

 (ゆう)は、(あか)()に手を取られながら謝った。(あか)()(ゆう)の手を離すと、呆れたような視線を向ける。

「あんたもあんたよ、(ゆう)。ヘラヘラして情けないったら……やられっぱなしで悔しくないの?」

 その(ひとみ)には、(かす)()たちへ向けた視線とは別種ではあったが、紛れもなく怒りの感情が宿っていた。