余命一年の勇者

からす

序章 白天

 

 一つの墓がある。

 それはある英雄のために作られた、その(こう)(せき)に比べればあまりにちっぽけな墓だ。

 彼は、地球という世界から異世界に呼ばれた、当時15歳の少年だった。

(びやく)(てん)〟の異名で呼ばれた英雄。

 (しん)(じゆう)に魔王、聖女や神、いかなる敵とも戦い抜いた(しん)()の剣士。

 (よう)姿()(たん)(れい)(そう)(めい)かつ勇敢、心優しく正義感の強い、理想的な英雄だったと語られている。

 それも間違いではないだろう。

 そう評されるに相応(ふさわ)しい(こう)(せき)を、彼は遺していったのだから。

 だが同時に、正確ではない。

 彼を語る多くの人々は知らない。彼がただの少年であったことを。

 泣き虫で、

 (さび)しがり屋で、

 あがり症で、

 天然で、

 そして、馬鹿みたいなお人好しで――

 彼は当たり前のように喜び、怒り、哀しみ、楽しむ、年相応に未熟な一人の少年に過ぎなかった。

 そして、その「当たり前」を誰よりも大切にしていた。

 それゆえに、彼は〝(アルス・マグナ)〟の一角に数えられる英雄となった。

 その英雄の墓には、「(かみ)(もり)(ゆう) (きよう)(ねん)16歳」と刻まれていた。

 

 優しく泣き虫な、英雄の話を始めよう――