異世界エース

兄二

1 白黒の巨人

 

『遅いぞコテツ!!

「と、言われても……、な!」

 広い荒野で、機械の巨人が剣で打ち合う。

 まるで、騎士(かつ)(ちゆう)じみたデザインの二体の巨人は、荒野を飛び跳ねては斬り合っていた。

「くっ」

 ――異世界へと呼び出され、(もち)(づき)()(てつ)が、コテツ・モチヅキとなってから、一週間が経過していた。

 ()(てつ)が爆発の後に目を開いたとき、そこにいたのは(えん)()でも神でもなく、一人の女だった。

 その女は(おのれ)を王女だと言い、そして、魔法で()(てつ)をこの世界に招いた、と言った。

 ()(てつ)はそれを、すんなりと受け入れた。

『時空間(あつ)(しゆく)の爆発に巻き込まれれば、こうなってもおかしくはないか』と。

 相手は時空間などという、人型機動兵器で戦争をするコテツの常識にとってすら(けた)(はず)れなものだ。何が起ころうと、不思議ではない。

 それは、すべての役目を終え、爆発に巻き込まれ、自らが死んだと思っていた男の一種の(てい)(かん)でもある。

 拒否や抵抗をする理由が、なかった。

 そして、あてもない()(てつ)は、言われるがままソムニウム王国軍のエトランジェとなっていた。

「コテツ。お前は本当にエトランジェなのか?」

「それは王女が保障しているが」

 本日の調(ちよう)(れん)を終え、機体から降りて、コテツの教育を担当する騎士団の団長、シャルロッテ・バウスネルンと王城の廊下を歩いていた。

「それにしては弱すぎないか? コテツ。お前は私の部下の中でも中の下だ」

「ならば、そもそも他の異世界人はどれほどだったんだ?」

〝エトランジェ〟。この言葉が、この世界でコテツを(くく)る言葉だ。

 異世界から呼び出される、人型機動兵器、シュタールヘルツォーク、(つう)(しよう)SHの操縦に()けた、もしくはその()(よう)がある人物のことだ。

 この国は、いつの時代も必ずエトランジェを一人保有する。彼らは、戦争があれば()り出されるほか、国際親善試合などに出場し、国の立場を(にな)うこととなる。

「……そうだな。先代は素晴らしい操縦技術の持ち主だった。我が国では思いもよらない操縦技法を持っていた。(いわ)く、俺の動きは〝ろぼあく〟の〝げぇむ〟と同じ。だそうだ」

「……」

 コテツは押し(だま)った。

 言葉の(はし)(ばし)から、どうにも、歴代エトランジェが異世界人だということを(つう)(かん)する。

 又聞きとなるが、先代は(またた)く間に操縦技術を吸収し、トップクラスの操縦士になったという。

 そんな中、

「お前は、最初からSHに乗れたわりに……。まあ、当初の期待とは(うら)(はら)に、だな」

「はっきりと言えばいい。弱いのだと」

 シャルロッテはその()(けん)(しわ)を寄せた。

 シャルロッテは、二十過ぎくらいで金の長髪をストレートに伸ばしているが、訓練中はポニーテールにして(くく)っている。

 目の色は赤みがかっていて、つり目気味。身長は百七十センチ後半といったところか。

「期待されても、できることとできないことがある」

 対するコテツは、平均的な日本人の顔をしていた。

 短い黒髪と、黄色人種らしい肌。そのなかで身長だけは百八十センチ超と高い方。

 顔つきは(せい)(かん)であると言ってもいいのだが、表情に(とぼ)しくどうにも顔の印象は薄い。

 そして、二人は(そろ)いの黒い軍服を着ていた。

「早く使い物になれ。親善試合で負けるわけにはいかん」

 そう言って、シャルロッテは横道に()れていく。

 コテツは直進した。部屋がそちらだからだ。

「……一週間。すぐ過ぎ去ったが、十分長い期間だったか」

 そう(つぶや)いて、コテツはベッドに倒れこんだ。

 

 一週間。

 その期間は、周囲の人間がコテツに失望するのにかかった時間だ。

 操縦系統が、コテツのいた世界の機動兵器、DF(ディストラクションフレーム)と同じだったため、初めからSHに乗れたコテツへの期待と、雑兵と一対一で互角にやり合うのがやっとだったコテツへの失望の落差は、非常に大きかった。

 おべっかを使って()り寄ってきたSH乗りは、三日で目つきを()鹿()にするようなものへ変えた。

 おこぼれに預かろうとやってきた家臣たちは、六日で姿を消した。今では、まともな態度を取るのはシャルロッテと、コテツを(しよう)(かん)した本人である王女くらいか。

 他にもいるが、実に数が少ない。

「コテツさん、起きてください。コテツさん」

 そして、今、コテツに声をかけている女性も、数少ないその一人だ。

「何か、用があるのか?」

 すぐさま、コテツは自室のベッドから身を起こした。

 メイド服の女が視界に飛び込んでくる。

 リーゼロッテ・クリッツェン。エトランジェであるコテツ付きのメイドである。

 茶色の髪を三つ編みにし、後頭部で丸く(まる)めた、(あお)い目のおっとりとした女性だ。

 印象的なのは、頭にある(きつね)耳と、大きな尻尾(しつぽ)(いや)(おう)なく、異世界を感じさせてくれる。

(ファンタジー小説など、ろくに読んだこともないのだがな)

 これが今際(いまわ)(きわ)の夢だとしたら、妙な話だと、コテツはぼんやりと考える。

「アマルベルガ様がお呼びです」

「分かった、すぐ行こう」

 そう言って、コテツはベッドから出て外へと向かった。

 アマルベルガとは、コテツを(しよう)(かん)した張本人、王女である。

 待たせるわけにはいかない。

 コテツは、リーゼロッテを伴い、廊下を歩くこととなった。

「コテツさん、もう、ここには慣れましたか?」

「……一応はな。慣れるものだ。機動兵器が当然のように存在するのに、生活レベルは中世と大差ない、このアンバランスにも」

 科学技術の(かたまり)であるだろう機動兵器を使うわりに、移動は馬車であったり、この世界は(ひど)(いびつ)に映る。

「よく分かりませんけど、コテツさんはこことはまったく違ったところから来たんですね?」

「宇宙をふらふらと、だ」

「宇宙?」

「そう、宇宙だ。宇宙で、火星の人間と戦っていた。思えば長い戦争だったな」

 この世界の機動兵器は(みつ)(ぺい)性が低いものが多い。

 たとえ宇宙を見てきた者がいても、それはほんの一握りよりもさらに少なく、天体に関する学問もあまり進んでいないため、この世界では宇宙はどこか遠いものだった。

「どうして、戦争が起こったんですか?」

「早くどこかに行け、(じや)()だから。と言っていても、いざ手を離れるとなると惜しくなった。だから、飼い殺しにしようとして手を()まれた」

 地球が人口の限界を迎え、余った人類を火星に押し込むことにしたが、火星から取れる資源、そして移民の労働力は惜しかった。

 だから地球側が指導の名目で(あつ)(せい)を働き、力を付けないように上手く(しぼ)り取った。

 ただし、それでも不満は爆発するもので、戦争は起こった。たとえ物がなくとも、不満によって生み出された()()(せま)る火星軍の戦いは、一時期は、()()けた地球軍を追い詰めるほどだった。

 それが、コテツの()けてきた戦場のすべて。

 コテツが、エースだった空。

「帰りたいですか?」

 こちらを気遣うような問い。

「……いや、そうでもない」

 帰りたいと、不思議と思えないのは、すべきことを終えてしまったからだろうか。

 コテツの心には一切の(あせ)りがなかった。

「任務中と、爆発前。二度も死んだと思ったからな。どこにも何の実感もない」

 帰ってすることもなければ、戦争終結後に結婚を誓った女性もいない。

「逆に、いいのかもしれんな。いっそ早く切り捨てられて、どこかで()()れ死ぬのも」

「だ、大丈夫ですよ、コテツさん! きっと、すぐに上手になります。(あせ)らないで、ゆっくりやっていけば」

 言われて、コテツは答えを返せなかった。

(果たして、俺にできるだろうか……)

 最後の任務を終えるまでの、あの頃の熱は、今はすでにない。

 まるで、燃えかすのような、燃え尽きた灰だ。

 と、そこでふと、中庭に面した廊下から、一機のSHの姿が見えた。

「……あれは?」

 黒と白の、騎士(かつ)(ちゆう)()したようなデザインとは一線を画す、どちらかと言えばコテツのいた世界の機動兵器に近い空気。

 下半身のがっしりとした空気とは対照的に、上半身はスマート。

 腰元には二つの巨大なバインダーが付いており、力強い印象を与える機体だ。

 腕に刻まれた不可思議な(もん)(よう)が、なぜかコテツには印象的だった。

「ディステルガイスト。我が国の所有するアルトの一機です」

 リーゼロッテは、(ほこ)らしげに笑う。

「アルト……、初期型SH、だったか」

「はい。最初のエトランジェ様が造ったSHバリエーションの一つです」

「なぜ、中庭に飾ってあるんだ?」

 SHは、兵器だ。なのに、中庭にまるで飾るように放置されているのには、()()(かん)がある。

「パートナーがいないんですよ。気難しい機体みたいで。たまに活躍してるみたいなんですが」

「たまに?」

「私が生きてる間に一回だけ、です。よほど腕のいい操縦者じゃないと、認めてもらえないらしいですよ。でも、そのときも操縦士の方が動かしたわけじゃなくて、席に座っていただけらしいです。しかも、そのまま死んじゃったらしくて……」

「死んだ? なぜだ?」

「速度についていけなくて、潰れちゃったらしいです」

 コテツは、その言葉に、前の世界を思い出した。

 元の世界にも、そんな機体はあった。

 エース機と呼ばれる、常人では到底乗れないような機体群だ。

 あまりに強すぎて、(とう)(じよう)(しや)を殺してしまうようなその性能を引き出してなお、死なない人間を引き当てるために、万の人間が死ぬ。この機体も、そうなのだろうか。

「先代エトランジェは?」

 ふと、先代は大層操縦が上手かったのではないか、と思い当たった。

 それほどの人物ならば、このような機体でも乗りこなせたのではないか、と。

 が、リーゼロッテは首を横に振る。

「一度、乗ったことはあるらしいですが、(いわ)く『あれはピーキーすぎる。ハイスコア(ねら)い向けだけど、戦場にハイスコアなんて(ねら)う場面はない。もともとパイロットじゃないからそういう技術も操縦(かん)もないし、多分年単位かけても使いこなせないよ。そもそも元がもやしの貧弱一般人じゃ、フルスピード出した時点で即ミンチ』だそうです」

 その言葉に、コテツは先代への観を改めた。

 ゲーム、ロボアク、などの()()がしばしば出てくるわりに、戦争に対してはシビアな考えを持った人物だったらしい。

 ハイスコアを喜び勇んで(ねら)うような人物でないことには、好感を覚える。

「なるほどな」

「すごい人だったらしいんですけどね。戦闘の呼吸への(かん)が鋭くて、(すき)(えぐ)り込むのが得意だったらしいです」

「そうすると、ずいぶん(わが)(まま)な機体だったんだな」

「まあ、アルトなんて、(とう)(じよう)(しや)が決まっている方が(まれ)なんですけどね」

 言いながらも、二人はディステルガイストの前を通り抜ける。

 二人を、モノクロの巨人が見下ろしていた。

「異世界エース」を読んでいる人はこの作品も読んでいます