異世界エース

兄二

プロローグ エース

 

 始まりは突然に。

 宇宙。

 黒が支配するその空間にて、人型機動兵器が流星の(ごと)()けていた。

(もち)(づき)少尉! 聞こえますか!? 目標まであと五百メートル!!

 コックピットの中に響く声を、男は(もく)(さつ)した。

 悪意ではなく、余裕のなさを以って返す。状況は、返事もできないほどに、(せつ)(ぱく)していた。

 前方には起動寸前の敵、人型機動兵器。

 そして、それを守るような、集中砲火の嵐の中を、機体は()ける。

 ただ、(もく)して、男は――、地球軍パイロット、(もち)(づき)()(てつ)は前へ向かって機体を走らせた。

 前方にある、ソレは危険だ。

 火星で建造された新兵器。スティグマダイバーと呼ばれる、人型機動兵器だ。時空間(あつ)(しゆく)という新技術を用いて造られたその機体は無人機であり、一度起動すれば、誰も止められない、破壊を()き散らす(しゆ)()と化す。

 追い詰められた、火星軍の最後の一手。

 それを止めるために、()(てつ)はひたすらに、敵弾を避け、その機体へと(にく)(はく)する。

『ミサイル! アラート!!

 年若い通信士の男の声も、どこか遠い。

 ただ、目の前にミサイルが(せま)ってくるのが見える。

 ()(てつ)は半ば無意識に(そう)(じゆう)(かん)を左へ倒した。

 それに反応して、大きく左に()れる機体。背後で、爆発が巻き起こる。

 避けた。だが、それでは終わらない。

 すぐさま、()(てつ)は機体を上下左右へと激しく揺さぶる。()け抜けていく(せん)(こう)

 もう、シールドはない。避けるための他の手段もなかった。

 そう、もうシールドはないし、左腕もない。

 ライフルも捨ててきた。ミサイルも、何もかも。ウェイトになるからだ。

 防いだところで、倒したところで、焼け石に水。

 だから、あるのは、手の中のレーザーブレード一本だけ。

 それだけで、敵機五百の集中砲火を潜り抜け、最終兵器を破壊する。

 それでも、()(てつ)(つぶや)いた。「なんと簡単な任務か」。

 喉が(かわ)いていた。まるで砂でも多量に飲み干したように、水分はどこかへと消えていた。

 それでも機体は飛び続ける。

『目標との距離二百!!

 思えば、この通信士とも長い付き合いだ。

 心のどこかで、声でもかけたいと思ったが、声は出なかった。

 だから、モニタの向こうに無理やりに笑みを作って返す。

 そして。

『有効射程距離に入ります!!

 (とら)えた。

「……ぉ」

 白と黒の機体が、たった一本のブレードを構える。

「お」

 (かす)れたように思えた喉から、雄叫びが()れた。

「おおおおぉおおおおおおォッ!!

 

 その距離は。奇跡の距離は。

 ――(ゼロ)に。

『目標、撃破!! やった! やりました、()(てつ)さん!!

 どっしりとした機体の胸を、ブレードが貫いている。

 通信士の声で、()(てつ)は終わったのだということを実感した。

 何か、言葉にしようと思ったが、やめる。どうせ、声は出ないだろう。

 そうして、()(てつ)(しず)み込むようにシートに背を預けた。

 終わった。そう思って、大きく(ため)(いき)()く。

 そのとき。

『エネルギー反応増大……っ!? ()(てつ)さん!!

「……、ぁあ」

 機体の方でもそれは(とら)えていた。

 目の前の機体の中でエネルギーが爆発しようとしているところを。

 この最終兵器の(あつ)(しゆく)された時空間が、元に戻ろうとしているのだ。

 周囲にいた火星軍の機体は、()()の子を散らすように逃げ出している。

 だが、()(てつ)の機体は動かない。動けなかったのだ。

 機体のバーニアは焼け付いていて、腕や足も(しよう)(げき)でろくすっぽ動かない。

 そして、()(てつ)自身も、疲労で指一つ動かない。だから、()(てつ)(かす)れた喉を振り絞った。

「……じゃあな」

 光の(ほん)(りゆう)に飲み込まれる。

 それが、宇宙を()けたエースの最期だった。

「異世界エース」を読んでいる人はこの作品も読んでいます