レベル99冒険者によるはじめての領地経営

藤崎

プロローグ

 

「こんなことになるとは、思わなかったな……」

 背後からは、(きゆう)(てい)()(とう)(かい)(けん)(そう)がさざ波のように伝わってくる。

 そんな中、今さらだが(かん)(がい)のこもった声で、白いローブを着た黒髪の少年がつぶやいた。

「そもそも、地球からファンタジー世界に転移させられるということがありえないわけだが」

 そう、(あま)(くさ)(ゆう)()――大魔術師(アーク・メイジ)ユウト・アマクサは苦笑する。

「それに、王宮へ何度も来ることになるとはなぁ。しかも、(しゆ)(ひん)でさ」

 バルコニーからは、夜の王都が一望できる。ただし、灯っている明かりがささやかすぎるため、詳細までは判別できない。

 それを見るとこんなところにいて良いものかと、つい考え込んでしまう。

 だから、気づくのが遅れた。

「ここにいたのか。捜してしまったではないか、ユウト」

 銀の鈴を鳴らしたかのような、澄んだ声が(みみ)(たぶ)を打つ。

「ああ、ヴァル子」

 慌てたのは一瞬。すぐに余裕を取り戻し、黒い(ひとみ)の少年は旅の仲間を迎え入れる。

 美しい、少女だった。

 月光の下で(かがや)く金髪は(うす)(やみ)の中にあっては(あや)しい魅力を見るものに振り撒き、(あお)く美しい(ひとみ)は夜の海のように引き込まれてしまいそうでとても印象的。

 新雪のように白い肌はシルクのドレスに(おお)われており、露わになった首回りから胸元へついつい目が行ってしまうのは、普段の(よろい)姿(すがた)を見慣れているからだろうか。

 ()(れい)だとか美しいだとか。そんな表現はありふれているし、言われ慣れているだろうが、他に言いようがないのもまた真実。

「むう。そのヴァル子という呼び方はやめろと言っているだろう? 私は、ヴァルトルーデだ」

「長いし」

「なら、ヴァルで良いだろう? みんなそう呼んでいるぞ」

 彼女があまりにも()(れい)すぎて名前を呼ぶだけで照れてしまう。ただ、それだけ。そんな事情を知る仲間たちからは、訳知り顔で微笑(ほほえ)まれていたりする。

「アルシア姐さんたちは?」

「それぞれ楽しくやっているのではないか?」

「それはなにより」

「そっちこそ、こんなところでなにをやっていたのだ?」

「お見合いをセッティングされそうになったんで、逃げてきた。あのまま全部成立してたら、俺の嫁は一〇人を超えてたな」

「それは……」

 心当たりがあるのだろう。ドレス姿の美少女が、険しい表情を見せる。

 しかし、王侯貴族が強引にでも縁を結びたいと考えるのは、無理もない。

 自分たちが一介の冒険者だと思っていても、その業績は英雄と呼ばれるに相応(ふさわ)しいものなのだから。

 パーティのリーダー、聖堂騎士(パラデイン)のヴァルトルーデ。

 人間の倍近い巨体で、(くさり)付きの(てつ)(つい)を暴風のように振るう岩巨人(ジヤールート)蛮族戦士(バーバリアン)、エグザイル。

 (せつ)(こう)役にして弓の名手。魔術すらも使いこなす草原の種族(マグナー)の冒険者、ラーシア。

 魔術と死を(つかさど)るトラス=シンクの大司教(パトリアーチ)で、神術魔法の達人、アルシア。

虚無の帳(ケイオス・エヴイル)〟の実験体だった超能力者(サイオン)の少女、ヨナ。

 世界移動から一年。ユウトは、この五人と旅をした。

「まあ、あの根なし草どもに比べたら、俺のほうがやりやすいってのは分かるけどな」

(ひど)い話だが、否定しづらいじゃないか……」

 そこで、会話が途切れた。

 会場の(けん)(そう)が遠くなり、まるでこの世界に二人きりになったかのような錯覚を憶える。

 二人だけの世界。

 それを壊してしまうことをためらいながら、ヴァルトルーデは話を切り出した。

「実は、頼みがあるのだ」

「頼み? ヴァル子呼ばわりをやめろってんなら善処しないでもないが」

 そんなお願いじゃないのは分かっていたし、善処すると言いつつ実行する自信はなかった。公約違反になるが、照れ隠しなのだ。

 しかし、ヴァルトルーデはなかなか続きを(しやべ)ろうとしなかった。

 今の彼女は、見慣れた魔法銀(ミスラル)のフルプレートも、致命的な打撃を完全に避ける魔化が施された大型の(たて)も持っていない。神から(たまわ)った討魔神剣(デイヴアイン・サブジユゲイター)もそうだ。

 白く(きら)びやかなドレスに身を包んだ、絶世の美女。そんなヴァルトルーデがもじもじと、顔を伏せたりこちらを見たりしている。

 不意に、バルコニーに風が吹き、さわやかな香水の匂いを運んできた。

 告白の気配を感じ、心臓が高鳴る。

(いや、なくもないけど、やっぱりないないない)

 否定はしつつも、(よこしま)な期待が湧くのは止められなかった。

「故郷へ帰る予定なのは分かっている。故郷が恋しいのは人間として当たり前のことだ」

 夜風が、二人の間を通り抜けていく。その寒さのせいではなく、少年は肩をすくめた。

 準備があるため、故郷に帰るまでには一年ほどの(ゆう)()がある。

 こちらでそれなりの地位を築いているのだから、残ればいいのではないかと言われたことは、一度や二度ではない。

 そして、それが正論だと思う部分もある。

 それでも、やはりなにも言わずに両親や友人たちの前から姿を消していると、引け目を感じていた。

 帰れるのだから、帰っておきたい。

 また戻ってこられるとは、限らないけれど。

「だが、それまで。それまでの間で良いから――私のものになってくれないか?」

「お、おう? って、俺、なんで肯定してるんだよ?」

「そうか。良かった。持つべきものは仲間だな」

「いや、待て。俺になにをやらせるつもりだ」

「私のものになってくれると、言ったではないか」

「説明をしろ」

「う、仕方あるまい……」

 もじもじと照れながら言う様は、さっきと同じく告白されるかのようだったが――

「私の秘書になってくれないか?」

「秘書?」

「領地と爵位をもらった――」

「たまわったな」

「ああ。たまわった以上は、領内の安全を確保し、税を集め、貴族としての義務を果たさなければならぬ」

「そりゃそうだな」

 いわゆる領地経営というものだ。

「だが、できるわけがないではないか。私は、私はなぁ、字もまともに読めないのだぞ……?」

 そうだった。

 この忘れがちで単純な事実に、思わず頭を抱える。

 神から討魔神剣(デイヴアイン・サブジユゲイター)(たまわ)り、ロートシルト王国を、いや世界を()(めつ)の危機から救い、並ぶ者なき武勇を(ほこ)る絶世の美女。

 近々、正式に貴族の列に加わり、シルヴァーマーチの一部を拝領してイスタス伯ヴァルトルーデとなる少女。

 その唯一と言える欠点は――(のう)(きん)

「学がまったくないんだったな……」

 そんな彼女が、(じよ)(しやく)されるに至った理由。

 それは、五日前。世界を救ったからだった。

「レベル99冒険者によるはじめての領地経営」を読んでいる人はこの作品も読んでいます