ドラゴン・イェーガー ~狩竜人賛歌~

井藤きく

第1章 少年と少女は出会う (1)

 

 午前10時を告げる(かね)が、フェネラルの街に(ひび)き渡る。

 ソフィアは(かね)の音に気づき、あまり()(ごこ)()の良くないベッドから跳ね起きた。必要なものだけ肩掛け(かばん)に詰めこみ、肩よりも少し長い栗色の()(れい)な髪を後ろで(しば)る。

 整った顔立ちは、まだ美しいよりも愛らしいという言葉が似合う17歳の少女。(かがみ)をじっくり眺めたいところだが、(あい)(にく)とそんな余裕はなかった。身支度もそこそこに部屋を飛びだす。

 ソフィアは出掛けに宿の女将(おかみ)から、宿代の前金を(さい)(そく)されてしまう。それをなんとか笑ってごまかし、狩竜人(かりゆうど)協会へと急ぐ。実のところ、支払いにうるさい女将(おかみ)をごまかせてはいなかったが、とにかく急がなければとひた走る。

 早朝と日暮れ前にはうるさいほどに(にぎ)わう狩竜人(かりゆうど)協会も、この時間は(かん)(さん)としている。街で最も大きい建物と敷地を(ほこ)るだけに、人が少ないときの静けさは際立っていた。ソフィアは狩竜(かりゆう)依頼窓口に、見知った協会職員を見つけて声をかける。

「シロノさん、おはようございます。あの、私が受けられる依頼なんて……もう残ってませんよね?」

 言いにくそうに依頼の有無を確認する。シロノと呼ばれた女性は、ソフィアの顔を見て美しく優しい笑顔を浮かべた。しかし彼女の頼みは難しいと判断し、その笑みは申し訳なさそうな顔に変わる。

「おはようソフィアちゃん。でも、そろそろこんにちはね。えっと……相変わらず1人でってことよね? ごめんなさい、それだと頼める依頼はないのよ……2人以上ならあるんだけど」

「ですよね……こっちこそ、こんな時間に来ちゃってごめんなさい」

 予想通りの答えに、肩を落とす。わかっていたとはいえ、財布の中身を考えると依頼を受けられないのは()(めい)(てき)だった。

 シロノの顔を(くも)らせてしまったことも、ソフィアの心を重くさせた。

 知り合いのいないフェネラルの街に来てから、協会職員のシロノに出会い、以来彼女に助けられながら狩竜人(かりゆうど)として生活している。その頼れるお姉さんであるシロノを、自分のせいで困らせてしまった。そのことがソフィアはつらかった。

 元来は陽気で、良くも悪くも考えなしな性格。しかし()(ぼう)という、自分以外に責めようのない失敗に、さすがのソフィアも頭を抱える。普段は()(ぼう)なんてしたことがない。それなのに、(かせ)がなければならない今日にかぎってなぜ。(こう)(かい)が頭の中をぐるぐると回った。

「この時間からだと期待できないけど、一応依頼待ちの番号札渡しておく?」

「はい、お願いします」

 低段位のひよっこ狩竜人(かりゆうど)が、1人で受けられる依頼など緊急性の低いものばかりだ。待っても依頼が回ってくることはまずない。そうわかっていても、狩竜(かりゆう)以外で(かせ)ぐ方法を知らないソフィアは、番号札を受け取って待つしかなかった。

 フェネラルの街に来て2ヶ月。まだこの街に、彼女と親しい狩竜人(かりゆうど)はいない。ただ普段ならその愛らしい顔立ちに()かれ、声をかけてくる男も多かった。しかしこの日はそれもいない。誰もが声をかけるのをためらうほど、ソフィアは暗い顔で落ちこんでいた。

 昼近い協会内は、人も少なく静かすぎるほどだ。

 しかしソフィアの次にその(せい)(じやく)を破り、きしむ扉を開けて入ってきたのは、長剣を背負った狩竜人(かりゆうど)だった。顔立ちにはまだ幼さが残り、まだ少年と呼んでもおかしくない。その男の顔に、ソフィアは見覚えがあった。

 狩竜人(かりゆうど)が1人で行動することは少ない。若い者ならなおさらだ。複数の狩竜人(かりゆうど)たちで組む狩竜(かりゆう)戦団に所属するか、そうでなければ(じゆく)(れん)狩竜人(かりゆうど)と師弟のような関係で行動することが多い。

 しかしソフィアは、その少年が誰かと話をしているところを見たことがなかった。常に誰もが仲間と一緒に、ということはないが、いつも1人というのも珍しい。それが目立ち、ソフィアの目に留まっていたのだ。

 少年はシロノの下へ向かい、困ったような情けないような表情で話し始める。その様子をなんとなく見ていたソフィアは、まさか自分と同じく()(ぼう)した馬鹿なのか、などと思っていた。 

 しかし予想は外れ、少年は依頼の(ほう)(しゆう)と思われる銀貨を数枚受け取る。

 そんな馬鹿は自分くらいか、と柄にもなく()()(けん)()(おちい)るソフィア。そこにシロノが声をかける。

「ソフィアちゃん、ちょっと来てくれる?」

 依頼が回ってきたのか。急いで窓口へと向かう。しかし少年がまだシロノの前にいる、(いや)な予感がした。そして、その予感は見事に当たった。

「えっとね、こちらはエル君。ソフィアちゃんと同い年で、段も同じ3段の狩竜人(かりゆうど)なの」

 エルと呼ばれた少年が体を向ける。しかしその目線はあちこちに泳いでいて、まるで定まっていない。エルはソフィアをまっすぐ見ないまま、無言でぎこちなく頭を下げた。

「初めまして」

 ソフィアが軽く頭を下げ、(あい)(さつ)をする。

「あ、ど……どうも」

 対してエルは、とても小さな声で(あい)(さつ)を返す。その態度に、ソフィアは少しだけ顔をしかめた。

 ぼさぼさに伸びた黒髪からのぞく瞳にはまだ幼さが残るが、がっちりとした体格は、いかにも(きた)えられた狩竜人(かりゆうど)らしい(ふう)(ぼう)だ。しかし、小さな声に定まらない目線、おどおどした態度。立派な体格をしているくせに、なんとも頼りなさそうだ。それがソフィアの第一印象だった。

「それでね、エル君、こっちはソフィアちゃん。私の中で今、1番期待してる女性狩竜人(かりゆうど)さんなの。可愛(かわい)いでしょ?」

 期待している、可愛(かわい)い、などと紹介され、お()()だとしても(うれ)しかった。しかし、その後に続く言葉が(よう)()に想像がつき、ソフィアは困ってしまう。

「でね、ソフィアちゃん、やっぱり1人だと依頼を回すのが難しいの。それで今回は、エル君と組んでみないかなと思って……」

「あの、シロノさん、ごめんなさい。誰かと組むってのは、まだちょっと……」

 シロノの言葉をさえぎり、断りの言葉を口にする。確かに目の前の男が頼りなさそうだとか、人見知りにもほどがありそうだと思ってはいた。ただ、それが理由というわけでもない。相手が誰であれ、最初から断るつもりだった。

 しかしソフィアの心の内など、エルは知る由もない。ちらりと目線をくれただけで、あっさりと断られたことに、エルはそれなりに傷ついた。

 シロノは苦笑いで、ソフィアを諭すように言葉をかける。

「ソフィアちゃん。あなたのお財布、実はかなり(せつ)()(つま)ってるんじゃないの?」

「いや、あの、それはそうなんですが……」

 シロノは日々舞いこむ狩竜(かりゆう)依頼を、的確に狩竜人(かりゆうど)に割り振る経験豊富な協会職員だ。夜明けとともに動きはじめる狩竜人(かりゆうど)が多い中、この時間になって(あわ)てて依頼はないかと駆けこんできたソフィアの金銭事情など、すべてお見通しだった。シロノは()(りよく)(てき)な笑みは崩さないまま、しかし、いつもよりも少しだけ強い口調で話し始める。

「あのね、ソフィアちゃん、私はあなたの事情を知ってるし、誰とも組みたがらない理由も理解してるつもりよ。でもね、いくら腕が立つとしても低段位で1人でってなると、なかなか依頼は回しにくいの。狩竜(かりゆう)の失敗は狩竜人(かりゆうど)の命だけじゃない、他の人の命まで大きな危険にさらすことになるのは、当然知ってるわよね。だから安全面を考えると、単独行動の狩竜人(かりゆうど)に回せる依頼は少ないの。狩竜(かりゆう)の依頼は次から次へと舞いこむし、困ってる人や竜に(おび)えて暮らしている人はたくさんいるのよ? ね、だからちょっとでもいいから、そろそろ誰かと組むことも考えてみない?」

 信頼している相手の言葉は重かった。ソフィアは唇をぐっと()(いち)(もん)()に結んで考えこむ。もう一押しだと、シロノは言葉を続けた。

「例えば、ずっとじゃなくてもいいのよ。1回だけの約束で組んでみるとかも、まあ本当はお勧めしないけど、悪いことではないわ。ソフィアちゃんのこと、個人的にすごく応援してて、私も力になってあげたいの。でもこのままじゃ昇段もままならないし、私ももどかしいのよ。せっかくソフィアちゃんが強いことを知ってるのに。あ、個人的に応援してるってのは(ない)(しよ)ね。職員がそんなことしてたら怒られちゃうから」

「ドラゴン・イェーガー ~狩竜人賛歌~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます