ドラゴン・イェーガー ~狩竜人賛歌~

井藤きく

序章 終わりの始まり

 

 竜たちは巨体を揺らし、炎の中を(ゆう)(ぜん)と歩く。夜の(やみ)に溶けこむ黒ずんだ(うろこ)が、炎に照らされ赤く染まる。

 そのすぐ近くに、やせこけた黒髪の少年がたたずんでいた。

 少年の瞳からは、感情の色が失われている。その(うつ)ろな目で、故郷を焼き尽くし、大切な人たちを()らい尽くしたそれらを、ただ(ぼう)(ぜん)と見つめていた。

 巨体の1つが少年に気づく。しかし腹が満ちていたのか、それともただの気まぐれか、竜は目の前の小さな(えさ)には反応しなかった。

 しかし巨体はいくつもいくつも歩いている。次の巨体が通りすぎた瞬間、凶悪な(きば)(つめ)が、炎の中で(にぶ)く光った。

 目の前の光景に絶望し、生への(かつ)(ぼう)など残っていないはずだった。

 しかし少年の本能は、まだ死ぬことを許さなかった。感情を失った瞳で、巨体の動きを()()える。

 大地を揺らすほどの一撃。それは人など簡単に踏み(つぶ)すものだったが、意思とは無関係に身をよじる。小さな(えさ)に逃げられて怒ったのか、巨大な竜は少年を(しつ)(よう)に追いまわした。跳ねるようにかわしていく中、少年は不思議に思った。自分は生きる気などないのに、と。

 しかし(しよ)(せん)10歳にも満たない子ども。逃走も長くは続かず、追いつめられた少年の命は今まさに終わりを迎えようとしていた。

 だがそのとき、誰もいないはずの通りに1つの影が現れ、ボウガンの(しや)(しゆつ)(おん)が鳴り(ひび)く。矢にたっぷりと塗られた()()毒で、竜の動きが(にぶ)る。その(すき)に、男は少年の手をつかみ走りだした。

「こんなところでなにをしている。死ぬ気なのか」

 助けだされても、少年の瞳はいまだ光を失ったままだ。男の問いにも反応を示さない。

「家族を失ったのか……まあいい。ここにいても(えん)(りゆう)(えさ)になるだけだ。このまま死ぬくらいなら、ともに来い」

 うなずきもせず、答えようともせず、ただ少年はじっと生まれ育った村を見つめていた。

 炎に包まれ、生きている者もいない。その(さん)(じよう)から目を離せずにいた。

 男に手を引かれ、少年は抗うことなく歩き出した。

 生まれ育った(えん)(りゆう)の村から、遠ざかるように。

「ドラゴン・イェーガー ~狩竜人賛歌~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます