宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する

すずの木くろ

序章

 

 宝くじ、というものをご存知だろうか。

 我が国日本では、小さなものでは300円。超低確率ながら、大きなものだと数億円のお金を手にすることができるくじである。

 毎年何人もの幸運な億万長者が生産されているが、彼ほど幸運な当選者は、いまだかつてこの国にはいなかったのではないだろうか。

「くっそ、親以外の誰にも話していないってのに、あの金の亡者どもはいったいどこから()ぎつけてきたんだ……」

 その幸運な当選者である彼、()()(かず)()は、当選を期に購入したファミリーカーで、夏を迎えたばかりの、のどかな田舎の山道を走りながら毒づいた。

 事の発端は今から約1ヶ月前にさかのぼる。

 いつもどおり彼が仕事を終えて帰宅する途中、()(だん)夕食を買いに立ち寄るスーパーの脇にある宝くじ売り場が目に付き、ふらっと寄ってみたのだ。

 そこにはでかでかと、

「ロト6発売中! 今なら42億円キャリーオーバー!!

 と書いてある張り紙があり、

「これで宝くじが当たれば、俺のサラリーマン生活も3年間という短期間で幕を下ろすことができるなあ。25歳にしてスローライフもいいな」

 などと夢想しながら、たとえ外れても話のネタにでもなればいいかと思い、試しに購入してみたのだった。

 しかし、普通に買っても面白くないと思った(かず)()は、まるっきり同じ数字で10口を購入。

 キャリーオーバーが出ている場合の受取金の最大額は1口につき4億円なので、万が一当選したのが自分だけだった場合、キャリーオーバーのほぼ全額である40億円を取ってやろうという、アホな買い方をしたのだ。

「しっかし、まさか本当に40億当たるとは思わなかったなあ」

 そう、彼はそのアホな買い方が功を奏して、40億円当選という偉業を成しとげてしまったのだ。

 抽選日である木曜日の夜に当選を確認した一良は、手元にある宝くじとインターネットに掲載されている当選番号が一致していることをたっぷり1時間確認し、狭いアパートの部屋の中を、宝くじを(なが)めながらぐるぐると歩き続け、一夜を明かした。

 そして翌日の金曜日、当たり前のようにスーツに袖を通している最中「働く必要ないじゃん……」と気づき、体調不良のため休む旨を電話で上司に連絡。

 その後タクシーを呼んで銀行に直行し、宝くじを換金した。

 だが、宝くじの高額当選金は受取りに日数がかかるとのことで、口座への入金手続きが完了次第、銀行から連絡をもらえることになった。

 そして週明けに会社へ行き、「親の町工場を継ぐことにした」という名目で、上司に辞表を提出。

 上司は厳しく指導をしすぎてしまったからかと気に病んでいたようだったが、一良が丁寧に嘘の事情(両親が高齢なために手伝いを頼まれたといった内容)を説明すると納得したようで「大変だろうが頑張れよ。何かあったら相談してこい」と、暖かい言葉をかけてくれた。

 ちなみに、実家の町工場は現在ほとんど稼動しておらず、一良の両親は今までの貯蓄を使って旅行に行ったり、畑を借りて趣味の家庭菜園に勤しんでいる。

 その後、労務規定である退社前の1ヶ月間を引き継ぎやら残務処理やらをこなしながら過ごし、円満退職した次の日。

 聞いたこともない宗教やら、なんともうさんくさいボランティア組織やら、小学校以来会ったこともないような友達からの金を無心する連絡が、電話だけで一日に50件オーバー。

 さらにどこから()ぎつけてきたのか、連日連夜部屋の戸を叩く亡者どもに嫌気がさし、一良はアパート脱出を決意した。

 どこかいい避難場所はないものかと、(すが)るような思いで父親に電話をする。

 父親は(かず)()から事情を聞くと、「(ぐん)()の山奥に、先祖代々から持ってる()(しき)が残っているから、そこに避難したらどうだ。30年前に見た時もそんなに荒れてなかったし、柱や屋根はしっかりしていたぞ。あと、遊びに使いたいから金を1億円ほど口座に入れておいてくれ」と、避難場所を提供してくれた。

 そんな場所だったら誰も来ないだろうと、一良はしばらくの間その()(しき)に避難することを決意。翌日に速達で送られてきた()(しき)の鍵を手に、現在()(しき)に向かって車を走らせているのだった。

 ちなみに、親の口座には5億円ほどぶち込んでおいた。

「なんか建物をほとんど見なくなってきたな……。カーナビの住所だとここら辺なんだけど」

 山道に入ってから30分ほど車で走り、ナビに従って()(そう)されていない狭い道をさらに10分ほど走っていると、なにやら大きな平屋の()(しき)が見えてきた。

 家の前には(じや)()が敷き詰められ、雑草はほとんど生えておらず、()(れい)なものである。

 周囲には竹林が広がっており、竹の葉が風に揺られてサラサラと音を立てている。

「おー、これか。30年放置されてたわりにはしっかりしてるじゃないか」

 (じや)()に車を停め、降りて()(しき)を見てみると、思っていたよりも()(れい)な状態だった。

 鍵を使い()(しき)の中に入ってみると、中も掃除をする必要がないほどに()(れい)な状態で、そのまま住めそうなくらいだ。

 とても30年間放置されていたようには見えない。

「何でこんなに()(れい)なのかな。やっぱり、いい建物はほっといても平気なのかね」

 一良は少し不気味なものを感じつつも、そのまま()(しき)の中を散策する。

 すると、()(しき)の最奥で、手前に開く(かん)(のん)(とびら)の取っ手に(なん)(きん)(じよう)()けられた部屋を発見した。

「ええ……、何で()(しき)の中に(なん)(きん)(じよう)の付いた部屋があるんだよ……」

 不気味なものを感じつつも、その(なん)(きん)(じよう)に触れてみると、「バキッ」と音を立てて崩れ落ちた。

 一良は「ヒイッ!?」と情けない悲鳴を上げながら後ずさるが、床に落ちたはずの(なん)(きん)(じよう)は跡形もなく消えている。

「……これはあれだろ、この扉を開けたらそのまま行方知れずになるフラグだろ。開けるけど」

 一良はそう言うと、車からロープを持ち出し扉の取っ手にくくり付け、10メートルほど離れた柱にしがみ付きながら、ロープを思い切り引っ張った。

 ロープに引かれた扉は「キイッ」という音と共に簡単に開き、何の変哲もない畳張りの6畳間が姿を現した。

 一良は「……ちくしょう……」とつぶやいた後、ため息をつきながらその部屋に入った。

「何だよ、普通の6畳間……じゃない……し……」

 部屋に入って顔を上げると、そこは先ほど見た6畳間ではなく、床も天井も石で(おお)われた冷たい石畳の通路だった。

 (あわ)てて後ろを振り返ると、そこには向こう側に開いた(かん)(のん)(とびら)があり、その先には石畳の広い部屋があるだけである。

「え? 何これ、神隠しに()ったのか俺……って、あれ!?

 元来た道を戻ろうと、(かん)(のん)(とびら)(しき)()(また)いだ途端、(かず)()の視界は元いた()(しき)の風景に一瞬で切り替わった。

 さらにもう一度(しき)()(また)ぐと、またしても先ほどの石畳の通路。

「おお、これはすごいわ……」

 そうして、何度か()(しき)と石畳の通路を行き来してから、一良はふと足の裏を見た。

「……玄関から(くつ)持ってこよう」

 (くつ)(した)が、石畳の汚れで盛大に汚れていた。