ずっと君が欲しかった

井上美珠

2 (1)




 2




 佳生は街を歩いていたらスカウトされた。華やかな世界に足を踏み入れることへの憧れと期待。自分もその一部になれることにワクワクし、それからとんとん拍子にモデルとなったのだ。

 最初のうちは楽しかった。自分がキレイにメイクされ、キレイな服を着てポーズを決める。これがどれだけの人の目に付くんだろう、と思うと楽しかった。

 でも、すぐに気づいた。

 自分は職業モデルではなくて、単なる読者モデルだということ。

 高校を卒業して大学生となったあとは、いったいどうするのかということ。

「読者モデル、続けるんだろ? 佳生のページ、反響いいんだよね」

 雑誌編集者の益田がそう言って、佳生の頭を撫でた。

「大学進学しても、続けてくれるといいね。もう進路決まってるんだろ?」

 軽く言われたけれど、本当にこの世界しか知らなくて大丈夫なのだろうか、と頭の中を不安が何度もぎる。

「それは、そうですけど」

 じゃあ、大学生まで読者モデルをやったとしてそのあとは?

 自分の中で疑問が生まれた。このまま流されて、まだ先のことだと思えばいい。でも先っていつまでなのだろう、と佳生は急に怖くなってきた。

 大学は行きたかったわけじゃない。なりたいものはなかった。親は大学へ行くようにと言って、佳生に受験勉強をさせた。

「読者モデルって、だいたい、みんないつまで続けてます?」

「……そうだな、まぁ、大学卒業したら辞める子もいるし、そのまま芸能界を目指す子も一握りは……二十代のうちだろうなとは思うよ」

 益田が笑いながらそう言ったのを聞いて、じゃあ、佳生はいつまで? と自分に問いかけたくなった。辞めるタイミングや、その先のことなんてどうやって考えればいいんだろう、と。

 大学を卒業したそのあとは、どうすればいいのだろう。

「まだ先のことだ。大学生になっても続けるだろ?」

 続けてどうなるんだろう。続けたら本物のモデルになれるのか。そう聞きたくても、うまく聞けない佳生がいた。

 そう思っていたときに、モデルのリサが通りすぎ、華やかな衣装を身に着けカメラの前に立つ。

「リサさん、キレイですね。足長い」

「ああ、リサはハーフだからね。身長も高いし、これからコレクションなんかにも出るんだろうな」

 有名になりつつある、モデルさん。比べて佳生は、ただの読者モデル。

 身近で一般の人が手本にしやすいように選ばれたのだろう。

「高校卒業したらしばらく時間あるだろう? よかったらこのスケジュールで撮影……」

 益田の言葉がどんどん遠くなっていった。聞いているようで聞こえない。

 もう十八歳。職業を決めて就職する人もいれば、そのために専門学校へ行く人だっている。

 佳生も十八だというのに、ただ大学へ行くことだけを決めてその先を考えていない。読者モデルをしていると、不意に頭の中が冷えて、私はなにをやっているんだろう、と思うときが多くなってきた。

 モデルは楽しい。でも、ほんの少し経験するだけで、自分の限界がわかってきた。真面目にやればやるほど、冷めていく自分に気づく。だから、この仕事のことを考えれば考えるだけ、これからの自分、そして将来はどうするのかという不安ばかりが募っていく。

「佳生、聞いてる?」

 益田から言われて、はい、と返事をする。ちゃんと聞いていなかった自分を内心叱咤しながら、益田の言葉を反芻した。

「じゃあ、リサのあとは佳生だからな」

「はい」

 笑顔で返事をしたあと、撮影をしているモデルのリサを見る。

 彼女はキレイだ。ハーフモデルだけあって、手足が長い。日本人からかけ離れた目鼻立ち、はっきりとした二重目蓋。切れ長の目は意志が強そうで、流し目で見られたらどんな男でも虜になりそうな色っぽさ。しかもブラウンの目だから、明るいメイクもシックなメイクもよく似合う。弧を描く赤い唇も、色気があって女の佳生でもドキドキしてしまう。

 もし佳生がリサのように生まれていたら、きっとこんな悩みはなく、まっすぐにモデルの道へと進んだだろう。

 どんな人でも迷いはあるとしても、今目の前に提示されている将来があるリサを、うらやましく思った。


 ☆ ☆ ☆


 悩みは尽きぬまま、高校を卒業し、依頼があったので撮影のためスタジオに来ていた。

 実は両親にいつまでモデルを続けるか悩んでる、と言ったら軽く返事をされた。

『モデルなんてバイトみたいなものでしょう? きちんと大学を卒業して、就職活動して、できるだけいい会社に入ること。将来何がしたいかなんて、四年もあればおのずと見えて来るから。女の子だし、結婚もしないとね』

 母らしい答えだった。父もそれに同意するようにうなずいていて、佳生は内心ため息を吐いた。

 うなだれていると、階上からやや大きな声が聞こえてきてその方向を見る。

「いいじゃないか、お前暇だろう?」

「暇の何が悪い」

「ギャラ、出るんだぞ?」

「俺は、人は、撮らない」

 ギャアギャア喧嘩している益田を初めて見る。目を丸くして見ていると、益田が床に置いてあった大きな銀色のケースを持って階段を下り始めた。

「益田、返せ」

 冷静で低い声。耳に響くいい声だった。聞くと落ち着き、安心するような感じがする。

 返せと言いながら、彼はため息を吐いただけで、益田を追いかけようとしていない。むしろ、その銀色のケースはらないと言っているようにさえ見える。

 一連の流れを、ほかのモデルや雑誌編集者、もちろんスタジオにいたカメラマンも見ていた。ポカーン、という感じだったが、カメラマンの一人が、声を出す。

「藤守常盤じゃん……マジかよ」

 カメラマンは彼を知っているようだった。

 佳生は階下に着いた益田から、上にいる彼に視線を移した。

「わ……」

 洗いざらしのようなデニムに、白の綿シャツ、ブルーのスニーカー。彼の格好はオシャレでもなんでもないのに、すごくカッコよく見えた。きっと、背が高く骨格がしっかりしているからだろう。

 何よりも目が印象的だった。

 左の目は茶色なのに、右の目は濃い青だ。印象的な力強い、はっきりとした二重目蓋。彫りが深い、綺麗で端整な顔。

 背が高く、足も長い。まるでモデルみたいだった。いや、モデルでもこんなに端整かつ魅力的で、強烈な印象を与える人には、佳生はいまだかつて出会ったことがない。

「益田、それ取ってどうすんだ?」

 大きな銀色のケースは彼の物なのに、本当に執着がなさそう。まるで他人の物のような言い方だ。

「これがなきゃ仕事できんだろ、馬鹿め……って重いな、さすがに」

 へへーん、という感じに言う益田が、やけに子供っぽく見えた。

「欲しいなら持って行け。お前の上司にカメラの費用は請求しておく」

 そうしてを返そうとする彼に、待った、と言った益田はモデルのリサを前面に出すように肩を押した。

「ほら! 美人なモデル、いるぞ!」

 ほらほら、とでも言うように、リサをグイグイ押している。当のリサはと言えば、彼を見て悪い気がしないのか、見上げて微笑みさえ浮かべていた。

「だから?」

 まったくもって興味はない、とでも言うように彼はそう答えた。さすがにそれには、佳生もポカンと口を開けてしまう。リサの微笑みは女の佳生が見ても魅力的でキレイだと思う。なのに彼は、そんなこと微塵も感じていないような、そんな目をしてリサを見ているのだ。

 リサは、明らかに笑みを消して瞬きをしながら、呆然としていた。佳生が感じた通りのことを、彼女も感じているのだろう。美人なモデルと誰からも言われ、められるのが常のリサだ。だからなんだ? と本気で言う相手に初めて会ったのではないだろうか。

「日本で言う、ハーフモデル?」

 さらに追い打ちをかけるように、興味なさそうに言うと、あたりがシンと静まり返る。整った顔立ちでモデル並みの身体をもつイケメンは、微かに笑ってリサを見た。

 リサはというと、次に怒りをあらわにした目で彼を見て、言い返す。

「失礼ですね! 私は、容姿だけでモデルやってるわけじゃない!」

「ああ、そうか」

 リサは怒っているが、彼は冷静だ。言葉が少なく、否定しているようにも、肯定しているようにも聞こえる。リサや周りにとっては前者に聞こえていると思う。

「ずっと君が欲しかった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます