閉じる

ファクトな彼の愛し方

地野千塩

第2話 山岡和美の証言

 え? あなた探偵さんなの? 

 探偵さんなんて初めて見たわ。私は、素人探偵が活躍するお茶とかケーキが出てくるコージーミステリが好きなのよね。なかなか翻訳されないから、洋書も読んじゃったりしてるのよー。退職してから、年金生活も暇でしょうがないのよ。

 あ、そんな事はどうでも良かったわね。どうぞ、どうぞ、あがって。汚い家ですけど、ちゃんと客間もありますから。

 お茶とお菓子も用意するわね。はい、どうぞ。コージーミステリだったら、探偵役がお菓子配りながら謎解きするんだけど、ふふふ、今は逆ですね。

 はい、これが紅茶と私が作ったパウンドケーキなの。お口に合うかどうかわからないけれど。まあ、気に入ってくれたの、ありがとう。

 ええ、ええ。そうなの、そうなのね……。息子のところのミントちゃんが殺されたのね。それは、ご愁傷様でした。葬式は出なくて良いですよね? 正直言ってしまうと、人形が嫁って感じしないのよ……。嫁いびりもできないわ。まあ、ミントちゃんも息子も私には会いたくないでしょうか。

 ええ。息子がファクトセクシャルっていうので、ミントちゃんと結婚したのも知ってます。結婚式もやったみたいね。私は出なかったですけど。

 結婚前に、ミントちゃんを連れて息子が挨拶しに来たんです。その時の私の気持ちわかります? 車椅子に乗せた人形と結婚したいって言ったんですよ……。

 ええ、泣きましたよ。息子は成績も良くて自慢でしたからね。

 私の育て方が悪かったのかしら。私も中学で校長やってたんです。世間の子供よりは、厳しく育ててしまったのは確かです。ゲームも漫画も全部取り上げて、勉強しろって言っていました。ファストフードなんて食べたら身体を壊すから、いつも無添加の良いものを食べさせていたんですけどね。どうしてこうなってしまったんでしょうか。

 ああ、泣けてくるわ。夫が去年亡くなって、涙もろくなっているのよね。ええ、大丈夫ですから。ポケットティッシュありがとうね。

 そうよね。子供の頃に縛られると、大人になった時の反動が酷いのよね。私の親も教師でしたけど、ぬいぐるみや少女漫画なんかを捨てられていたわ。確かに大人になると、全部やりたくなってしまったわね。今でもフェルトでぬいぐるみ作ってるわ。まあ、ぬいぐるみを作っている私からすると、息子がミントちゃんに入れ込む気持ちも理解できるけど。

 ええ、悲しい。なんか、本当に悲しいわね。ミントちゃん、誰が殺したのかしらね?

 心当たり?

 私じゃないわ。その時間、友達と飛沫飛ばしながら、カラオケ行ってたから。うーん、こんなご時世なのに、ごめんなさいね。普段、マスクしろとか縛られると、どこかでガス抜きしないとやってられないのよね。悪いけど。

 やっぱり、息子には厳しくし過ぎたかしら。適度にガス抜きさせていた方が良かった? でもそこそこ良い大学は行けたし、私のコネで教員にもなれたんだから、悪くはないと思うんですよね。やっぱり、学歴社会ですから、勉強させておいたのは、悪くなかったって思いたいですよ。

 確かに息子のことは理解できませんが、ミントちゃんを殺そうなんて思いませんから。そんな遠回しに言うより、ハッキリ普通に結婚しろって言いますよ。それにミントちゃん自体は、目が大きくて可愛いじゃない。本当にアニメから抜け出したみたいに可愛いわよ。

 そうねー。案外、息子の自作自演じゃないかな。だっていい歳した大人が、人形遊びやってるなんて、虚しくなるでしょ。我にかえって、あなたを依頼したんじゃない? 無理ある推理?

 差別してるわけじゃないのよ。あくまでもうちの息子のケースの事よ。

 それにしても、最近の社会は面倒ね。ゲイなんてキモいとか迂闊に言えない雰囲気よ。私はうつ病の友達もいるけど、一周回って「うつは甘え」っていう人のが良い人だって言ってた。確かに腫れ物に触るように優しくするのは、社会から孤立化する恐れはある。差別って特別扱いする事でも生まれますから。

 それに病気は、病気になるメリットがあるから、続くんですって。確かにうつ病になってもフツーに差別されたら、病気になるメリットもないからやめますよ。意外と知られてませんは、本当に病気は気からよ。治りたいって強く思えば治るものがあるの。うん、息子についても、キモいとか普通に言っていいから。そうする事でメリットがあったら、続けてるのでしょうしね。

 え、本音ではキモいって思ってるかって?

 意地悪な質問するわねぇ。ええ、お察しの通りよ。結婚なんて、現実的で面倒くさいものよ。ミントちゃんを可愛がるだけで結婚? え? 冗談じゃないって言いたくなるわよね。私も若い頃に結婚しましたから、ママゴトじゃないって身しみてわかるんです。特に子供が生まれたり、親の介護をしてたりするとね……。

 ああ、また悲しくなってしまったわ。もう、正直、息子のことは考えたくないわ。

 私こそイケメンの人形でも家において、ママゴトみたいな結婚生活したいものよ。

 ふふふ、冗談よ。

 でも、そんなものがあったら良いわよね。最近は、結婚する人も減っているようだけど、推しがいれば幸せな人も多いんでしょうね。まあ、私も育児や介護が大変な結婚なんて勧めたくもないけどね。ミントちゃんと結婚するとかいっても、仕方ないのかもね。やっぱり、結婚なんかは勧めたくないね。

 え? それでも幸せな時間はあったかって?

 無くはないわ。幸せな時間もあった。でも、それ以上に忍耐も必要だったのよね。

 なんでしたっけ。

 結婚式の会場で、外国人の牧師から「愛は寛容であり、忍耐です」なんて聞いた覚えがあるわ。牧師はバイトの偽物でしょうけどね。確かにその通り。相手を許せる気持ちと我慢できる気持ちが無いと続かないわ。

 息子もミントちゃんと結婚した時、牧師から聖書の言葉を聞いたのかしら。

 息子はどんな気持ちで、その言葉を聞いたんでしょうね。

 うーん、差別と思ってくれていいわ。やっぱり、息子はキモいわ。あくまでも息子のケースよ。

 たぶん、息子は自分を一番に愛しているんでしょうね。どう考えても自己愛の結果にしか見えないのよね。

 やっぱり育て方を間違えたかしら。自分より、お友達の事を優先しなさいって教えたはずなんですけどね。

 ミントちゃんがもし意思を持っていたら、どう思うんでしょうかね。というか、ミントちゃんを作ったライトノベルの作家さんは、この事知ってるのかしら。作者にとって自分のキャラクターは、子供のように可愛いっていうけれど、許可もなく結婚しちゃっていいんですかね。架空のキャラクターですし、息子の言っている「結婚」には、何の法的根拠もないわけですけど。

 ごめんなさい、やっぱり再び泣きたくなってしまったわ。

 少し奥の部屋行ってきていいかしら。お茶もケーキもどうぞ、召し上がってね。

 あなたと少し話せて良かった。愚痴みたいだけど、こんなに話を聞いてくれて。やっぱり生身の人と話した方がいいわよね。ええ。

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く