ハズレスキルだと思った【第六感】が実は大当たりだった件 ~魔物の攻撃も美少女の乳首の位置も、全て正確に予感できる最強のチートでした~
ファンタジー

完結:1話

更新日:

ハズレスキルだと思った【第六感】が実は大当たりだった件 ~魔物の攻撃も美少女の乳首の位置も、全て正確に予感できる最強のチートでした~

  • エピソード一覧

    全1話

  • あらすじ

      俺はしがないDランク冒険者だ。
      今日も、低級の魔物狩りで日銭を稼いでいる。
     
     「せいっ!」
     
      目の前のゴブリンに剣を振るうと、あっさりと真っ二つになった。
      そして、その死骸は光の粒子となって消えていく。
     
     『レベルが10に上がりました』
     
      そんなメッセージが頭の中に響く。
     
     「ふう……。ようやく二桁か。なかなか上がらなかったな」
     
      冒険者になって2年。
      最初の頃は順調に上がっていたが、レベルが6を超えた頃から急激に上がりにくくなった。
      俺が低級の魔物ばかりを狩っているのが原因かもしれない。
      だが、それでも地道にコツコツ上げてきた結果、なんとかここまで来れた。
     
     『レベルアップボーナスが付与されます。スキル抽選中……』
     
     「キタ! これで一気に戦闘力が増すぞ!!」
     
      アナウンスが流れ、思わずガッツポーズする。
      レベル10では新しいスキルを覚えられるようになるのだ。
      冒険者の先輩たちには【剣術】【豪腕】【健脚】【鷹の目】などのスキルを持っている人たちがいた。
      それぞれ、一人前の冒険者として一目置かれる存在だ。
     
      俺に与えられるスキルは何か。
      たとえどんなスキルでも、何のスキルもない今よりは強くなるだろう。
      俺はそう思っていたが……。
     
     『おめでとうございます。あなたには【第六感】が与えられます』
     
     「え? ……なんだそれ?」
     
     『第六感とは、いわゆる直感のようなものです。このスキルを持っている者は、危機察知能力や危険回避力が大幅に上昇します。また、その他の局面でも活躍する余地があります』
     
      よくわからないが、要するに勘が良くなるってことかな?
     
     「戦闘力に直接敵な影響はなさそうだな……。期待ハズレだ」
     
      俺はため息をつく。
      いずれはBランク……いや、Aランク冒険者になれればと思っていたが。
      そんなに甘くはないようだ。
      何とか気持ちを切りようとしていたとき……。
     
     「きゃああああっ!?」
     
      悲鳴が聞こえた。
      女性のものだ。
      声の方を見ると、一人の女性がこちらに向かって走ってくる。
     
     「た、助けてくださいっ!! 魔物に追われているんですっ!!」
     
      女性が必死の形相でそう叫んだのだった。

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品