大爆発に巻き込まれたぐらいでは、人は死なないだろ? え? 死ぬ? いやいや、せいぜい髪がチリチリになったり、服が燃えてしまうぐらいだって! ~【コメディ補正】の無自覚な最強少年、若き魔法少女と出会う~
ファンタジー

完結:1話

更新日:

大爆発に巻き込まれたぐらいでは、人は死なないだろ? え? 死ぬ? いやいや、せいぜい髪がチリチリになったり、服が燃えてしまうぐらいだって! ~【コメディ補正】の無自覚な最強少年、若き魔法少女と出会う~

  • エピソード一覧

    全1話

  • あらすじ

      とある森の中で、少女は走っていた。
     
     「はあ、はあ……」
     
      息を切らし、必死に走るその少女の名前はリリアーヌ・ブランシェット。
      この国で一番の魔法学園に通う十五歳の少女である。
      彼女が今いる場所は、王国でも有名な森だ。
      王国の中心から少し離れたこの場所には、人はほとんどいない。
      魔物が出るため、一般人はまず近づかない場所だった。
     
      しかし、リリアーヌは違う。
      彼女はこの森に何度も来ていた。
      そして、魔物と戦って訓練していたのだ。
      そのため、そこらの冒険者や騎士よりもずっと強い。
      今日もいつものように一人で魔物を倒しに来たのだが、今回は運悪くいつもより強力な魔物と出くわしてしまった。
     
     「はあ、はあ……。まさか、ボルカニックベアーが出るなんて……」
     
      今まで戦ったどの魔物よりも強く、目くらましの魔法を発動して逃げるのが精一杯だった。
      だが、なんとか逃げ切れそうだと思ったその時……。
     
     「グオオォオ!」
     
      後ろの方から雄叫びのような声が聞こえた。
      嫌な予感がしたリリアーヌはすぐに振り返る。
      するとそこには、先ほどまで戦っていたはずの魔物がいた。
     
     「嘘……! も、もう追いついてきたの!?」
     
      ボルカニックベアーは、戦闘力に秀でている。
      しかし一方で、移動速度はほどほどだ。
      魔法でブーストしたリリアーヌにこれほど短時間で追いつくのは、彼女にとって想定外だったのだろう。
     
     「くっ……! こうなったら一か八か……!」
     
      そう言ってリリアーヌは杖を構える。
      するとボルカニックベアーは、それを見て笑みを浮かべた。
      そして、口を大きく開けて炎を放つ。
      ボルカニックベアーの【火炎ブレス】だ。
     
     「【ウォーターキャノン】!」
     
      リリアーヌが水属性の攻撃魔法を唱える。
      すると、水の塊が現れて火炎ブレスを迎え撃った。
      しばらくの間、それらは拮抗していたが……。
     
     「だ、だめ……。威力が強すぎる。もう持たないわ……」
     
      徐々に押され始める。
      このままでは負けてしまうだろう。
     
     「ガアァッ!!」
     
      勝ち誇ったようにボルカニックベアーが吠える。
      その直後、水流を押し返す炎の勢いがさらに増した。
     
     (ごめんなさい……。私が不甲斐ないばかりに……。お母さん、お父さん……)
     
      炎が迫り、彼女が諦めかけた、その時。
     
     「ちょっと待ったあぁー!!」
     
      突然、空から一人の少年が降ってきたのだった。

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品