【完結】辛口バーテンダーの別の顔はワイルド御曹司

濘-NEI-

20.新居探し

「道香、そろそろ11時だぞ」
「んー」

 髪を撫でる手が気持ち良くて道香は未だ微睡んで甘えた声を出す。

「もう一日抱き合ってても俺は構わないぞ」
「……起きる」

 ククっと喉を鳴らして笑うマサのおでこを叩くと、その額に掛かる髪を掻き上げておはようとキスをする。

「シャワー浴びてこい」
「うん」

 マサに言われてベッドから立ち上がると、ベッドのそばに散らばった服や下着を掻き集めて、何も着ないままバスルームへ向かう。

 その後ろ姿に刺激されて、マサがバスルームに駆け込んだのは言うまでもない。

 シャワーを済ませて時計を見ると12時半になっていた。

「もう!なんでシャワーくらい普通に浴びさせてくれないの」
「煽ったお前が悪い」

 マサは反省した様子もなく、冷蔵庫から取り出したペットボトルを道香に投げて寄越すと、昨夜の残りを捨てるのは勿体無いとレンジで温め直して、箸と一緒にリビングに持ってきた。

「そんなに食べないだろうけど、出る前に食べとけば、家見て回るのに集中できるだろ」

「うん。いただきます」
「おう」

 ご飯を食べながら、住むとしたらどの辺りかエリアを固定して、マサのノートパソコンでセキュリティがしっかりした新築のマンションを探す。

「さすがに億単位は厳しいけど、気になるところがあれば全部見に行こう」

「二人で住むのに億単位はないでしょう」
「便利なとこは相場も高いからな」

 一生住むつもりで探せよとマサは道香に何気なく言う。それは結婚や家庭を想定しろということだろうか。

 念のため、保育園や学校、病気やスーパーなど、近場に便利に使えるスポットがあるかも目を通して物件を探す。

 ハンバーグをパクつきながら、道香は何件か希望の物件をピックアップしてお気に入りに追加する。

「高政さんは探さないの?」

 噛んでいた肉を塊ごと飲み込んだらしく、慌てて水を飲むと、マサは顔をしかめて道香を見る。

「急に名前呼ぶなよ」
「マサが良いならそう呼ぶけど」
「どっちでも良いけど急に呼ぶな」
「じゃあ、マサさん」
「呼ばねえのかよ」

 マサは小さく笑うと、ノートパソコンを覗き込んで、道香が見ていた価格帯よりも上限を上げて検索し始める。

「寝室とお互いの仕事部屋?私物置き場?で3LDKだと広いか?」

「んー。確かに仕事持ち帰ったり、集中したい時は自分の部屋があったら良いけど、2LDKでも充分かな」

「まあ、家族が増えたらその時考えれば良いか」

 やっぱり。と道香はマサの気の早さに驚きながらもじんわりと心があたたかくなる。

「当面、二人で住むのに必要なスペースで考えたらここくらいでも充分だけど」

「セキュリティがな。最低でもコンシェルジュが常駐してるタイプかな」

「ハードル高いね」
「当たり前だろ。お前が住むのに」

 確かに色々不安要素はあるので、セキュリティは万全でないと困るのは確かだ。

 道香は改めて気を引き締めると、マサと一緒に画面を見つめて物件を検索する。

「そういえば道香、スマホとか見ないで大丈夫なのか?」

「ああ!忘れてた。ありがとう」

 カバンからスマホを取り出すと、メッセージが数件入っている。大半はめぐみからだ。

 心配してメッセージをくれていたのに、気を失うまで抱き合ってて気付かなかったとは言えない。すぐに返信を打って家探しをしてくる旨を伝える。

「道香、親御さんにいつ挨拶に行けば良い」
「え?」

「同棲だろうが同居だろうが、いくつになっても大事な嫁入り前の娘だろ。素性も分からん男と住むのは心配すると思うぞ」

「まあ、確かに」

 一人暮らしをして、ちょっとは恋愛経験もあるが、こんな気遣いを受けたのは当然だが初めてだ。二百万のクズ男とは大違いだ。

 道香が一人でブツブツ呟いていると、その様子を面白そうに見ながらマサが声を掛ける。

「なんなら今日行くか?」

「それを言うならマサさんのご実家にも挨拶くらいしないと」

「来てくれるならいつでも良いぞ。平日の仕事終わりとかの方が逆に親も揃ってるし」

「そうか、忙しいお立場だもんね」
「まあな」
「じゃあちょっと、親に連絡してみるね」

 そのままスマホのメッセージで母親の慶子に連絡する。すると秒速で電話が鳴った。

「う、お母さんだ」
「出ろよ」
「……うん」

 道香は盆休み以来実家に帰っていない。たまにメッセージのやり取りはしているが、そういった会話はしたことがなかった。

「もしもし?」

『ああ、道香?何よ急に、アンタ盆休みにはそんな人居ないそぶりだったじゃない』

「逐一報告しないよー」

『まあ良いわ。挨拶もなしに何も言わないで勝手に同棲し始めるような相手じゃないだけ安心よ』

「うん。それで彼、忙しい人でね。もし今日大丈夫なら挨拶に伺いたいって言ってくれてるの」

『また急ね!と言うことは、もう引っ越しの話が固まってるのね?』

「うん。近いうちにあの家はもう出るよ」

『そうよねえ。短大の時に借りたから長いこと住んでたわよね。そう言えばアンタ知ってる?めぐみちゃんお見合いするらしいわよ』

「本人から聞いてる。ねえ、話脱線してる。今日、夕方以降になると思うけど大丈夫?」

『あらごめんね。そうね、ちょっと待って。(お父さーん、道香が彼氏紹介したいって!そう今日。大丈夫?ははは、そうね。)お待たせ。大丈夫よ』

「分かった。じゃあ行く前にまた連絡するから」

『はいはい。気を付けていらっしゃい。お父さんにはお母さんから説明しとくから』

 じゃあねと電話が切れた。

「会話丸聞こえだった」

 マサは笑っている。

「電話口でお父さんに大声で話し掛けるんだもん、本当大雑把で」

「明るそうなお母さんだな」
「めぐみタイプのチャキチャキ系だよ」
「それ聞くと緊張するな」

「ははは、そんなに苦手?」
「アイツいつも喧嘩腰だからな」
「仲良くなればまた変わるって」

「道香の親友だろ、関わらないわけにもいかないからな」

 マサは大きな溜め息を吐いて苦笑いする。

 時計を見るともう14時前だ。道香は慌ててご飯を食べ終えると、着替えてメイクを整える。マサもその間、食べ終えて出たゴミを片付けると、道香と入れ替わりで着替えを済ませて、バスルームで髪を整える。

 マサは白のドレープTシャツに黒いジャケットを羽織り、下にはセットアップのズボンを履いている。

「挨拶に行くのにこれじゃカジュアル過ぎるか?」

「結婚報告じゃないから、その時にパリッと決めてくれたら大丈夫だよ」

 道香はアイボリーのリボンタイシャツの上にベージュのジャケットを羽織り、下には黒のサイドプリーツスカートを合わせた。

「結婚報告か、早くできると良いな」
「まあ今日のところは彼氏の紹介と同棲の報告ね」
「自分で言い出して緊張して来たわ」
「頑張れ専務!」
「茶化すなよ」

 マサは笑って道香の頭をくしゃっと撫でると、そろそろ出るか?と支度が済んだか確認する。道香がそれに答えると、おもむろにスマホを取り出して電話を掛けると、誰かのアポを取っているようだった。

「どうしたの?」
「見て回る足がいるし、不動産関係の仕事してるやつに頼んだ」
「わあ、セレブ」
「たまたまだよ。セレブって言うな」

 道香は夜に荷物を取りに戻ることにして、カバンだけを持つと玄関に向かう。

 マサは先程目星をつけた物件のデータをタブレットに転送すると、トートバッグにそれを入れて玄関で靴を履く。

 気を付けるに越したことはないからと、マサが先に家を出て、安全を確認してから道香を外に出す。鍵を閉めるとエレベーターに乗り込み、マンションの下まで降りてエントラスを抜ける。涼やかで心地の好い風が吹いている。

「10分も掛からないから、散歩気分で歩くか」
「うん」

 手を繋いでマサの知り合いが務める売買専門の不動産屋に向かう。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品