乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

238話 エドワード王子からの依頼-1

「ど、どうしよう……。とりあえず、着替えなくちゃ……」

 私はパニックになりながらも考える。
 この格好のままでは外に出て助けを求めることはできない。

(気絶しているとはいえ、殿方の前で着替えるなんて緊張するわね……)

 とは思うものの、緊急事態である。
 私は意を決して、元の服装に着替えた。

「はぁ……はぁ……はぁ……」

 私は息を整える。
 着替えている間は恥ずかしくて死にそうだったし、エドワード殿下がいつ目が覚めるかも分からず気が気じゃなかった。

「む……? ここは……?」

 彼はすぐに目を覚ました。
 助けを呼んでくる必要はなかったみたい。

「大丈夫ですか? エドワード殿下」

「イザベラ……。俺は一体……?」

「覚えていませんか?」

「確か、イザベラに用があって部屋を訪ねて……。…………駄目だ、思い出せん。何かとんでもないものを見た気がするのだが……」

 エドワード殿下は頭を悩ませる。
 ボタンがぶつかったショックで記憶が飛んだのだろうか。

「いえ……別に大したことではありませんよ」

 私は笑顔で答える。
 忘れているなら、忘れてもらっていた方がいい。

「それよりも、本題は何だったのですか?」

「む……? ああ、そうだった。すっかり忘れるところだった」

「もう……。早く言ってください」

「実は、来週に迫った新入生の入学式のことで相談したいことがあるのだ」

「入学式ですか?」

 それがあることは、もちろん私も認識している。
 だけど、主役はもちろん新入生だ。
 第三学年に進級するだけの私にはあまり関係がないと思っていた。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く