乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

235話 オスカーの氷魔法-4

「オスカー様は、魔道具に精通されていらっしゃいましたか?」

「いいえ、あいにく魔道具については多少の知識がある程度でして」

「そうですか……。それでしたら、解決は難しいのでは?」

「ふふ……。暑さを和らげる方法は、何も魔道具だけとは限らないでしょう?」

「……え?」

 私は目を瞬かせる。
 すると、オスカーは悪戯っぽい笑みを浮かべた。
 そして、優雅に魔法を発動する。

「――【アイス・エリア】」

 次の瞬間――
 私達の周囲に冷気が発生した。
 暑さが一気に和らぎ、心地よい空間へと変貌していく。

「まぁ! すごい!」

「これが氷魔法の力なのね!」

「素敵!」

 周囲の令嬢達が歓声を上げた。
 彼女達はすっかり感動した様子で、尊敬の目で彼を見つめている。

「これは……! オスカー様、また腕を上げられましたね!」

「ありがとうございます。イザベラ殿にそう言っていただけると、練習した甲斐がありました」

「さすがは氷魔法のエキスパートと呼ばれるだけのことはありますわね。さすがはオスカー様」

 私は感心したように言う。
 すると、彼は少し照れたような表情を見せる。
 こうしたオスカーの活躍により、不意に訪れた暑い日は無事に乗り越えることができたのであった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く