乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

233話 オスカーの氷魔法-2

(それはそうなるか……)

 今日の体感温度が高い理由の一つは、貴族としてそれなりの厚着をしているからだ。
 貴族たる者、みだりに肌を晒すわけにはいかない。
 だが、それはあくまで女性の場合である。
 男性の場合はそこまで厳しくはない。

「あ、イザベラ様!」

「イザベラ様が来られましたよ!」

「こ、これでもう安心ですわ!!」

 そんなことを考えていると、皆が一斉に話しかけてくる。
 ……え?
 一体、どういう状況??
 私は困惑するが、それぞれの顔を見て事態を把握する。

「まさか……魔道具が故障していたの?」

「ええ……。その通りです。涼むためにここへ来たのに……辛いです」

 ここは王立学園。
 設備の管理体制はしっかりしているが、それでも故障することだってあるだろう。
 本来、空調系の魔道具が活躍を始めるのは夏頃。
 その利用時期の前には、点検だってされているはずだ。
 しかし、今は三月後半。
 昨夏から点検はされていないだろうし、突然の暑い日に故障していたとしても仕方のない面もある。

「これは……困ったことになりましたわね」

 私は思案する。
 どうしたものか。
 このままでは、みんな熱中症になってしまうのではないだろうか。

「でも、どうしようもないわよね……」

 修理業者を呼ぶにしても時間がかかるだろうし、その間は我慢してもらうしかないか――。
 私がそう思った時だった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く