乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

232話 オスカーの氷魔法-1

 私がカインの助言を参考にして新しい魔法を開発した数日後――。

「あー、今日は少し暑いわね……!」

 私は寮の自室で暑さに耐えかねていた。
 季節は春だが、今日は夏のような気温に感じる。
 まさに異常気象だ。

「いえ、異常とは少し言いすぎかしら……。貴族の服は基本的に厚着だからねぇ……」

 現代日本で発売された乙女ゲーム『恋の学園ファンタジー ~ドキドキ・ラブリー・ラブ~』。
 それと酷似しているこの世界の気候は、現代日本に即したものとなっている。
 今は三月。
 本来であれば、暑いどころか少し肌寒いぐらいの気候である。
 にもかかわらず、暑く感じるのは何故か?
 それは、貴族の娘としてそれなりにきちんとした服を着ていることである。
 前世のように、Tシャツ一枚で過ごすことはできないのだ。

「やっぱり、この世界にもエアコンとか欲しいわね……。あ、そう言えば……」

 この王立学園には、空調用の魔道具が設置されていなかっただろうか?
 寮の個室にはさすがに設置されていないけど……。
 確か、談笑スペースに設置されてあった気がする。

「とりあえず行ってみようかしら……」

 私は部屋を出て、談話室へと向かった。
 すると――そこには先客がたくさんいた。
 それも、女性陣ばかりである。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く