乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

229話 イザベラとカインの魔法開発-2

「で、でも、勝手に部屋に入るのは駄目でしょ!」

「まぁ細かいこと気にすんなって」

「細かくないわよ!」

 私は怒る。
 だが、彼はどこ吹く風といった感じだ。

「で、イザベラ嬢。何やってんだよ?」

「見ての通りよ」

 私は彼に作業中の魔法を見せる。
 すると――彼は目を丸くした。

「こりゃあ……凄いな。オリジナルの魔法か?」

「ええ。だけど、どうしても完成しないのよ」

「ふむ……。どんな魔法なんだ?」

「ええっと……、闇の瘴気に対する防御魔法よ。ここがこうなっていて――」

「へぇ……」

 私の説明を聞いた彼は考え込む。
 そして、顎に手を当てて言った。

「悪いが、俺は魔法分野については詳しくねぇ。だが、一つだけ言えることがある」

「何よ?」

「イザベラ嬢は、防御よりも攻撃の方が向いてると思うぜ」

「……へ?」

 私は素っ頓狂な声を上げる。

「どういう意味?」

「そのままの意味だよ。イザベラ嬢は、攻撃が得意だろ? 魔法でも、剣術でも」

「そりゃあ、まぁ……」

 否定はできない。
 私は幼少の頃から、土魔法や水魔法を練習してきた。
 当初は栽培に活かすためだったけど、いつしか攻撃系の制御の方が得意になっていた。
 剣術も似たようなものかな。
 当初はバッドエンドに備えた護身用だったけれど、『覇気』を習得してからは積極的な攻撃も可能になった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く