乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

227話 イザベラとフレッドの里帰り-4

「父上、母上。僕から報告があります」

 しばらく経って、フレッドが口を開いた。

「何だい、フレッド?」

「はい。僕は学園を卒業した後――姉上と結婚しようと考えています!!!」

 …………はい???
 私は思わずフリーズしてしまう。
 な、何を言い出すのかな……??????

「ほほう……。そう来たか……」

「あらまぁ~~。姉弟でなんて……」

「フレッドったら……。ふふふ」

 私の両親、それにカティさんがニヤリと笑みを浮かべる。

「お前達は姉弟だが、血は繋がっていない。二人が強く想い合うなら、そのあたりについて私から手を回してもいい。イザベラ、お前はどう思っているんだ?」

 皆の視線が私に集まる。

「え、ええっと……。その……」

 私は言葉に詰まる。
 そんなことを聞かれても困ってしまう。
 だって、私はヒロインじゃないから。

「ほ、保留で……」

 私はそんなヘタレな回答をする。
 フレッドは不満げだったが、その場は何とか乗り切った。
 そして、数日間の滞在の後、私とフレッドはまた王立学園に戻っていったのだった。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品