乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

219話 アリシアの浄化-4

「イザベラさま……。ウソツキ! 口だけなら何とでも言え――」

 アリシアの言葉は途中で途切れた。
 ちゅっ……。
 イザベラがアリシアの唇を奪ったからだ。
 それは恋人同士のキスだとすればあっさりし過ぎていると同時に、友愛のキスだとすれば少しばかり情熱的過ぎるものであった。

「んむぅ……。イザベラ……さま……?」

「アリシアさん……。これで信じてくれるかしら……。私は嘘なんてついていないと」

「はい……。イザベラ様……」

「アリシアさん……」

「イザベラ様……」

 二人は見つめ合い、再び口を近づけ――

「そこまでだ!」

「姉上にそれ以上手を出さないでいただきたい!」

 エドワード王子とフレッドが二人を制止する。

「闇の瘴気は無事に祓えたみたいだな……。なら、それ以上のことをさせるわけにはいかねぇ!」

「その通りですね。まずは台無しになった卒業パーティの後処理をせねばなりません」

 さらにはカインとオスカーも加担した。

「あら、残念……」

 イザベラはそう言って微笑むと、アリシアの頭を撫でる。

「イザベラさま……」

「アリシアさん、やるべきことはたくさんあるわ。闇の瘴気の影響とはいえ、責任を全く問われないわけではないでしょう。でも、二人で――いえ、皆で一緒に乗り越えていきましょうね」

「はい……! イザベラさま!!」

 イザベラが手を差し出すと、アリシアは迷わず握り返したのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く