乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

216話 アリシアの浄化-1

「――ごめんなさい。エドワード殿下、フレッド、カイン、オスカー。そして……アリシアさん……」

 アリシアが放った闇の魔力弾。
 それは非常に強力なものだった。
 さしものイザベラですら、一人ではそれを押し返すことができない。
 彼女は諦めの言葉と共に、静かに目を閉じた。
 だが――

「――させないッ!!」

 アリシアの魔法が着弾する瞬間、フレッドが飛び出してきた。
 いや、彼だけではない。

「イザベラ嬢、今こそ恩を返すぜ!」

「ここで貴女を失うわけにはいきません!」

「俺の伴侶となる者が、こんなところで果てるなど許さないぞ!」

 カイン、オスカー、エドワード王子の三人もイザベラを庇うように前に立つ。
 そして、四人はそれぞれ全力の闘気や魔力を放ち、アリシアの魔法弾を受け止めたのだ。

「皆……どうして!? 傷は深かったはずなのに!?」

「愛の力さ」

 強力な魔法弾を防ぎつつ、エドワード王子が爽やかな笑みを浮かべながら言う。
 その身からは黄金のオーラが溢れ出していた。

「愛する姉上のためなら、どんな困難も乗り越えられます」

「まっ、そういうこった」

「はい。愛の力ですよ」

 続いてフレッド、カイン、オスカーが言う。
 彼らの身体からも同様に、眩く輝くオーラが立ち昇っていた。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く