乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

211話 イザベラ-5【エドワード視点】

 もはや、俺が彼女と結ばれる可能性はないのではないか――。
 そんな不安を抱えてしまったためか、俺の心は闇の瘴気に蝕まれてしまった。
 夢うつつの中で過ごす、彼女との学園生活は素晴らしいものだった。
 しかし、それも長くは続かない。
 アリシアの暗躍により、俺はイザベラに剣を向けてしまう。

「殿下、お答えくださいませ……。殿下は……、私を愛してくださっていたはずです……。なのに、なぜこのようなことを……?」

「真実の愛に目覚めただけだ。アリシア嬢こそ、俺の運命の人なんだ」

 違う。
 こんなことを言いたいわけではない。
 しかし、俺の意思に反して口が勝手に動いていた。
 このままでは、他ならぬ自分の手で愛する者を殺めてしまう……。
 それだけは嫌だった。
 俺は自分の手の制御を必死に取り戻し、自らの胸を剣で貫く。

「イザベラ、この場から離れてくれ……」

 もう自分の命は諦めた。
 後は、彼女の無事を祈るのみ。
 俺はそう考え、静かに目を閉じたが――

「――ごめんなさい。エドワード殿下、フレッド、カイン、オスカー。そして……アリシアさん……」

 イザベラの言葉が聞こえた気がした。
 死にかけの俺でも、最後に何かできることがあるかもしれない。
 俺は必死に、最後の気力を振り絞るのだった――。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く