乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

210話 イザベラ-4【エドワード視点】

 そして、第一学年から第二学年へと移行する春休み。
 俺は私兵と共にゴブリン退治に取り組むことにした。
 しかし――

「エドワード殿下! お逃げください!!」

「ぐっ! だが、お前達を置いて一人で逃げるわけには……」

「殿下のお命の方が大切です。……ぐあああぁっ!!」

 十分な準備をしていたつもりだったが、想定外の事態に見舞われてしまう。
 なんと、ゴブリンキングが出現したのだ。
 徐々に劣勢に立たされていく中、私兵の犠牲が増えていく。
 そんな時だった。

「ゴブゥッ!?」

 突然、ゴブリンキングが血を吹き出して倒れた。
 何が起こったのか理解できないまま、俺は呆然と立ち尽くしてしまう。

「あら? やはりエドワード殿下でしたか。ご機嫌麗しゅう」

 現れたのはイザベラだった。
 彼女は王立学園に入学するべく、この地を通りがかっていたらしい。
 もののついでとばかりにゴブリンキングを倒すとは、相変わらず全てが規格外の女だ。

 イザベラは入学試験を主席で合格していた。
 その後も彼女は様々な功績を残し、あっという間にその名を全学年に知らしめた。
 俺は彼女のハートを射止めるべく、自己の研鑽に励みつつも、積極的にアプローチを仕掛けていった。
 しかし、ライバルは多い。
 その上、彼女自身が色恋沙汰に疎いこともあって、なかなか上手くいかない日々が続いていた。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く