乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

203話 イザベラ殿-1【オスカー視点】

 私の名前はオスカー・シルフォード。
 氷魔法で名を馳せたシルフォード伯爵家の跡取り息子です。
 血筋のおかげで、私にも氷魔法の才能があります。
 魔法で敵を倒すのが私の役目であり、誇りでもありました。
 ただ、氷魔法の有用性は不変のものではありません。
 隣国との戦争が落ち着き、国内にはびこる魔物の脅威も小さくなったことで、氷魔法の需要は減ってきています。
 そのため、貴族界における発言権が低下し、領地の運営も上手くいかなくなり、父上は頭を悩ませていました。
 そんなとき、私は一人の少女に目をつけました。
 彼女を夜会に呼び出し――

「おや? これは美しいお嬢さんですね。妖精が迷い込んだのでしょうか?」

 そう話し掛けます。
 自分で言うのも何ですが、私は顔の造形に自信があります。
 こうして話しかければ、大抵の令嬢は顔を真っ赤に染め上げるのです。

「貴殿はイザベラ・アディントン殿とお見受け致します。よろしければ、私と一緒にダンスでもいかがでしょう」

「…………」

 しかし、少女は無表情のままでした。
 何とかダンスの了承を得ることをできた私は、彼女と踊って親睦を深めます。
 さらには――

「丁寧に手入れされた庭ですね。とても美しいです」

 夜会を少しばかり抜け出し、シルフォード伯爵邸の庭園を二人で散歩しました。
 氷魔法で造られた幻想的な光景を見せれば、令嬢達は皆、感嘆の声を上げてくれるものですが……やはり、この少女も例外ではなかったようです。
 彼女は目を輝かせながら、庭園を眺めています。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く