乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

202話 イザベラ嬢-5【カイン視点】

 俺は奮起して頑張り続けた。
 だが、どこかで無理をしていたらしい。
 気が付けば、秋祭りの事故で闇の瘴気とやらに侵されてしまっていた。

「……イザベラ……嬢……」

 俺は混濁する意識の中で必死に抗う。
 このままでは最愛の人を傷付けてしまいそうだ。
 しかし、体が思うように動かない。
 俺の剣は、彼女を傷付けるために鍛えたんじゃないのに……。
 俺はイザベラ嬢の目の前まで進んでしまう。
 もはや一刻の猶予もない。

「――ガアッ!! アアアアァッ!!!」

 俺は最後の力を振り絞って、自分の剣で自分の腕を突き刺した。
 絶対にイザベラ嬢を傷付けられないように、何度も何度も……。
 そして仕上げに、自分の胸へと突き刺す。
 俺が死ねば、少なくとも俺の手で彼女を傷付けることはない。

「幸せになってくれ……イザベラ嬢……」

 俺は最後にそう言い残して、その場に倒れ伏した。
 そして、意識がどんどん遠のいていくのがわかる。

(これでよかったのかもしれないな……。イザベラ嬢のために死ねるのならば本望だ……)

 薄れゆく意識の中、そんなことを考える。
 しかし――

「――ごめんなさい。エドワード殿下、フレッド、カイン、オスカー。そして……アリシアさん……」

 イザベラ嬢のそんな言葉が聞こえた。
 そうだ……俺が自害して終わりのはずがないではないか。
 他にも脅威はある。
 俺にできることは……。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く